ピクシブ百科事典

ドリー(とある科学の超電磁砲)

ぷろとたいぷ

0号(プロトタイプ,ドリー)とは、とあるシリーズのスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の登場人物である。
目次[非表示]

もしかして:00000号(フルチューニング)

初出:ドリー(超電磁砲59話)、クローンドリー(禁書3巻)

ドリー

食蜂操祈が幼少期に「才人工房(クローンドリー)」の研究施設にて出会っていた「0号(プロトタイプ)」と呼称される人物。
CV:小原好美

その正体は「量産型能力者計画」前の0号。一人称は「ミサカ」ではなく「わたし」。外見年齢は中学生くらいで、性格も御坂美琴に近い明るいものであった。

いわばクローン間のデータ共有で使われるミサカネットワークのテストベッドであり、眠っている別個体(妹)とも情報共有が行われている。さらにクローンの活動限界を伸ばすこと(延命)を目的としたインプラント処置が施されており、実験によって受けたものと思われる幾つもの傷がある。

なお、0号と00000号(フルチューニング)は別人だと担当編集者が明確に言及している。計画前の0号(ドリー達)と量産型能力者計画の0号(フルチューニング)という違いらしい。

友人である「みーちゃん」を失って塞ぎ込んでいたのだが、食蜂が「心理掌握」を使ってみーちゃんに偽装した結果、明るさを取り戻す。
しかし病状が悪化し、研究者達の手で回収され、その時に初めて食蜂の存在を知る事になった。その後、食蜂は0号が死亡したと伝えられており、彼女が美琴に関わろうとするのも、0号との関わりが大きいと思われる(以降続く「みこみさ」のいざこざの原因の半分はドリー関係によるものと言ってもよい)。

その「みーちゃん」とは警策看取のことであり、0号を失ったことが大覇星祭編における彼女の凶行の源となった。
既に死亡しているが、上述したように記憶と経験を継いでいる妹と言える個体がおり、学園都市内のある研究施設に囚われている。また、食峰が警策に成り代っていた事実にも気づいており、ドリーにとっては警策と食峰の双方共に大切な存在となっている。

大覇星祭で起きたとある事件解決後、食蜂と警策に救出され、以後は警策と主に行動している様子(姉や妹達と違い髪の毛はロングヘアーのままとなっている)。
獄門開錠編では脱獄トライアルに参加している。

関連イラスト

❁
❁



関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
妹達 フルチューニング 学園都市(とある魔術の禁書目録)

関連記事

親記事

妹達 しすたーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドリー(とある科学の超電磁砲)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171786

コメント