ピクシブ百科事典

木原数多

きはらあまた

木原数多とは、『とある魔術の禁書目録』の登場人物。

概要

CV:藤原啓治

木原一族の一人。
学園都市科学者でもあるとともに、都市の暗部組織「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」のリーダー。過去に一方通行の能力を開発した(発現させた)人物。

人殺しが趣味の人間すらいる猟犬部隊のリーダーとして相応しい人格と言動の卑劣漢。前方のヴェント曰く『雑草を引き抜く様な感覚』で人殺しをする為にその行動には『敵意』や『悪意』といった感情がなく『殺意』しかない等常軌を逸している事が伺える。
その一方で優秀な科学者でもあり状況判断に優れ頭の回転も早く、学園都市のスパコン並の演算能力を有している一方通行の思考を先読みして攻撃を封殺したり痛烈な反撃を加えたりしている(コレは彼が『一方通行個人やその能力を知り尽くしている事も一因であるが)。またオカルトを否定しておらず、ヴェントに因って昏倒させられた部下の様子から彼女がオカルトを行使したと推察したりする等視野も広い。

打ち止めの回収の指令を受けた際に一方通行と戦闘。
殴る動作を一方通行に触れる寸前で逆に返し、ベクトルを逆転させることにより引き付けさせて攻撃を行う…というどんな褒め言葉を使っていいかも分からないぐらいのスゴ技(ファンいわく「木原神拳」)を披露し、学園都市最強の能力者である彼を追い詰めるが、途中、インデックスの登場に気を取られた隙に彼に逃げられてしまう。

その後、打ち止めを取り返しに来た一方通行と再戦。部下の全滅も気にかけず再度圧倒するが、電極の停止により能力が使えなくなった一方通行に逆に追い詰められ、最期は一方通行に発現した黒い翼により流れ星になった。音速をも越える速さで飛ばされているので少なくとも生きてはいないだろう。

その後直接の登場はないが、作中に登場する木原一族や暗部の面々から彼のことが語られることもある。

アニメ版においても僅か4話のみの登場だが、藤原啓治氏の熱演も相俟って2期屈指のネタキャラとして人気を博している。

関連タグ


もしかして・・・焼け野原ひろし

pixivに投稿された作品 pixivで「木原数多」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666078

コメント