ピクシブ百科事典

『黒い翼』

くろいつばさ

『黒い翼』とは、「とある魔術の禁書目録」の登場人物、一方通行(アクセラレータ)の新たな能力。

神にも等しい力の片鱗を振るう者。

初見は原作13巻(アニメは2期22話)の木原数多戦。
その後発生したのは、vs垣根帝督(15巻)、vsエイワス(19巻)、vs上条当麻(2回目、20巻)の計4回。

大抵が相手に対して強い殺意を抱いた時に発生しており、
能力不使用の状態で手榴弾の爆風を凌いだり自立できたりしている。

全貌は明らかにされていないが、

  • 敵を音速以上の速さで吹き飛ばし流れ星にする。
  • 軽く手を動かすだけで全力を出した超能力者を叩き潰す。
  • 翼自体が幻想殺しで打ち消しきれないほどのエネルギー体。
など凄まじい力を持つ。

一方通行の能力、「ベクトル操作」との関係は不明。
インデックス曰く「天使の力に酷似している」らしい。

作中では「神にも等しい力の片鱗を振るう者」と表記されている。

さらに、22巻では心境の変化から黒い翼が純白の翼になった。一方さんマジ天使
外見から本質まで変わっており、黒い翼同様に謎に包まれている。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 アクセラレータ 一方さんマジ天使

電撃文庫FIGHTING CLIMAX
(サポートキャラとして参戦している一方通行が操作キャラの前方に登場し、地面を蹴りつけて黒い衝撃波を出し、当たった相手を上下にバウンドさせる攻撃と、打ち止めが登場し打ち止めに攻撃が当たったら突然出現し手を振って黒い翼を相手に当て吹っ飛ばす2種の攻撃を使用する)

pixivに投稿された作品 pixivで「『黒い翼』」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109069

コメント