ピクシブ百科事典

鈴科百合子

すずしなゆりこ

鈴科百合子とは、とある魔術の禁書目録の登場人物・一方通行の通称のひとつ
目次[非表示]

概要

とある魔術の禁書目録に登場する一方通行の本名と噂される名前である。
初出は原作小説とある魔術の禁書目録6巻47ページ13行目の上条当麻の妄想。

容姿

夏用のセーラー服にミニスカート、三つ折り靴下を着用しており前髪の左上に花の髪飾りを付けている。
設定画で着用しているセーラー服は上条の通うとある高校の夏服(原作ver)。カラーのラインは2本。

発端

2004年12月に同じ電撃作家の成田良悟氏が作者へ「一方通行が実は女の子とかだったら、私的には最高のキャラなんですが」と伝えたことが発端とされる。
以降、2005年に発売した旧約5巻では一方通行の性別が不明であることが匂わされ、6巻で鈴科百合子という名前が登場することとなる。

公式での扱いについて

原作で名前が登場するのは6巻、設定画は8巻に掲載されている。
ちなみに原作イラスト担当のはいむら氏の画集でもしっかり収録。
作者自身が作中に出した例としては2005年発売の電撃hPa内に掲載された『とある学園の禁書目録』のみとなる。(文庫未収録)
この作品はとある魔術の禁書目録の登場人物が学園モノを演じなければならないというパロSSで、その作中において一方通行は『鈴科百合子』という名前でセーラー服を着用し『何の前触れもなく唐突に現れる、色々ヤルけどちょっぴり憎めねェキャラ』を演じている。
(上条からは『お前はさんざん傍若無人に主人公を振り回した末に最後の最後で手編みのセーターを手渡してくれるちょい不良気味の素直になれない女の子か!?』とツッコまれている。)
アニメでは転校生の下りはカットされているが、『とある魔術の禁書目録たん2』において上条に反射を破られ頬を染める一方通行が描かれている。
コミカライズではしっかりと描かれており、尚且つ本誌掲載版と単行本版(7巻)で修正が施されている。
本誌版はとある高校のセーラー服、単行本版では設定画のものを着用。(ちなみに本誌版には「ナニジロジロ見てやがンだ引っこ抜くぞ三下ァ」とセリフ有。)
また、『とある日常のいんでっくすさん』1巻カバー裏、『とある偶像の一方通行さま』1巻のおまけ漫画にも登場している。

名前について

初めて名前について言及されたのは旧約5巻の一方通行の回想より。
「名字は二文字で名前は三文字。いかにも日本人らしい名前だったし珍しくもない名前だったはずだ」
その後旧約6巻にて「一方通行の本名が実は鈴科百合子ちゃんだったり」と、ギャグで触れられたものの特に詳細が明かされることはなかった。
しかし、旧約6巻から10年以上が経過したころ、突如新約15巻にて登場した去鳴によって『意外と可愛い本名』であることが暴露される。
新約22巻リバースでは、ついに本人の口から「俺の本名だって知らねェだろ」と言及された。
なお、この発言は上条に向けて放たれており、傍点つきで妙に含みのある表現となっている。
今後の伏線回収が待たれる。

暗闇の五月計画

学園都市最強の超能力者である一方通行の演算パターンを参考に、 各能力者の自分だけの現実(パーソナルリアリティ)を最適化、能力者の性能を向上させようというプロジェクトである。
被験者として登場しているのは絹旗最愛、黒夜海鳥、釣鐘、杠林檎、と何故か少女ばかり。
この計画の名称の元ネタとして鈴蘭の学名C.majalisが挙げられる。
C.majalisは、五月の谷間の(百合)の意味であり、ラテン語聖書では"lilium convalium(lily of the valley)"という。また、五月に花を咲かせることからMay lilyやMay flowerと呼ばれた。
余談であるが、作中において天使のモチーフとしてたびたび百合が登場する。

中国版MMO

中国で配信されているMMOにて2018年4月にエイプリルフール企画として鈴科百合子がプレイアブルキャラとして実装される。
服装はとある高校の制服を着用しており、髪飾りは百合の花になっている。
声は岡本信彦の物を加工した女性声を使用。別衣装としてチアリーダー服も実装されている。
戦闘スタイルは一方通行とは違い、箒を振り回したりハートの光線を出したりとラブコメヒロインのような女子力を発揮している。


関連イラスト

百合子
センシティブな作品


センシティブな作品
\百合子/




関連タグ

一方通行 アクセラレータ
とある魔術の禁書目録
上百合 reverse_trap

関連記事

親記事

アクセラレータ あくせられーた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴科百合子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6078066

コメント