ピクシブ百科事典

絹旗最愛

きぬはたさいあい

絹旗最愛とは、ライトノベル「とある魔術の禁書目録」の登場人物である。

CV. 赤崎千夏

概要


アイテム』所属の能力者。レベル4『窒素装甲』を所持する。
見かけ12歳位(自己申告では中学生)の大人しそうな少女で、
ふわふわしたニットのワンピースを着用。
ワンピースの丈が短くかなりギリギリだが、角度を計算しているので見えそうで見えないとか。
言葉にやたらと「超 - 」と付けるのが口癖。これは連体詞の為、一文に何回もつけられる。一部のファンからはウザいと言われている。


能力はレベル4の「窒素装甲(オフェンスアーマー)」。窒素を自在に操ることができる能力で、窒素越しに自動車を持ち上げたり、弾丸を受けとめたりできる。ただし、射程距離は短く、物を動かす際はある程度まで手を近付けて同時の動かす必要があるため、傍目には怪力であるように見える。また、一方通行のような常に能力が展開された自動防御機能があり、例えば狙撃などの不意打ちであっても彼女には効かない。
その能力より「アイテム」での活動ではもっぱら前線に立つため、かなり戦闘慣れしている。

しかし、能力が無ければただのか弱い女の子とのこと(本人談)。

そのため窒素を何らかの方法でなくされた時など、非常時に備えて液体窒素を入れた容器を携帯している。

変わってないねェ、絹旗ちゃンよォ


主に「置き去り」の子供たちを利用して、暗部の研究チームによって行われた「暗闇の五月計画」実験において能力を向上させる目的で一方通行が持つ演算方法の一部をに植え付けられた。これは人格、思考などにも当然影響を及ぼす非人道的なものだが、絹旗はそれをを乗り越えてみせた。
前述した強固な防護性などは、この実験がもたらした成果であり、彼女には一方通行の『反射』を基礎とした演算パターンが植え付けられている(ただしあくまで防御するのみで『反射』するわけではない)

この演算パターン植え付けの影響は人格にも表れており、絹旗は一度キレると口調が一方通行と同じ状態となる。(「小さいア行」がカタカナ化「ん」もカタカナに)

プライベートではB級以下の映画マニア(また、鑑賞した映画の使用済みチケットを集めるのが趣味)で、たとえR指定があっても身分を詐称して客のいない劇場に足を運ぶ。映画鑑賞の仕方にはかなりのこだわりを持っているが、飽きやすい。
ハリウッド大作とかの物には興味が無いらしい。
制作段階からC級の匂いがプンプンするC級映画では無く、超本気でハリウッド映画に挑んだが、結果的にC級映画となってしまった天然の物が好みらしい。

原作19巻ではバニーガール好きの変態相手に大量のパンチラと言うかパンモロを披露していた。

「新訳」に入ってからももっぱら浜面仕上と行動することが多く、危うくバニースーツ姿を披露する羽目になりかけたりもした。
肉食に改造された大量のGを前に物怖じ一つせず、潰しまくった上冷静に対処できるくらいメンタルがつよい。ぅゎきぬはたっょぃ
新約12巻で登場した際、登場時間の99%では怒っており(主に麦野のせい)、口調もマジギレに一度なった。場と時をわきまえず原子崩しを撃ちまくる麦野のせい。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲

アイテム 麦野沈利 滝壺理后 フレンダ
垣根帝督 浜面仕上

窒素姉妹

パンチラ パンモロ
 
モアイ

pixivに投稿された作品 pixivで「絹旗最愛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2490726

コメント