ピクシブ百科事典

木原脳幹

きはらのうかん

『とある魔術の禁書目録』に登場するダンディーな御犬様。
目次[非表示]

科学者とはすべからくロマンチストであるべきだ
合体は男のロマンだよ。感性を学びたまえ、若人

概要

初出:新約4巻、登場は新約7巻

学園都市の一部で有名な木原一族の一匹。ゴールデンレトリバーに演算回路を外付けし、脳を拡張して天才的な頭脳を得て生まれた化け物。
木原一族の「始祖」である7人の手により誕生した存在らしく、現在は自身が最古株となり、犬の身ながらも一族の「長老」の様なポジションに収まっている。推定寿命は80歳。

姿は犬なのだが渋い男性の声の持ち主で、葉巻を愛用している。
殺傷力過多の兵器を扱い「合体は男のロマン」と語ったり、自身を「外道」と称しながらも不要な破壊行為を避ける等、一本筋の通った信念を持つ。男のロマンとハードボイルドを解する色々と濃いお犬様である。

照れ照れ


木原唯一の師であり、尊敬と同時に溺愛されている。彼女曰く「いやーんダンディーッ!!その声がたまりませーん!!」。しかし「お散歩」の光景はもう飼い主とペットにしか…。

『原型制御』を使うアレイスター=クロウリーには敵わないと敬意を評し、彼の思惑を好ましく思い、素直に従っている。彼の友人でもある。ちなみに史実のアレイスター・クロウリーは猟犬を飼っていた(後述)。

異色の木原

その役職は平たく言えばパニッシャー。正確に言えばアレイスター=クロウリーの命を受けて動く「理解の出来ない領域に対する安全便」───つまり魔術をこの世から全て抹殺する役割───であり、その他の暗殺任務は雑務に過ぎない。

新約10巻でクロウリーが『魔神』と交戦した為に動けなくなったため、本来の役割が休止状態になっていた。依頼されていた72件の雑務を全て遂行し、遂に魔術の撃滅の為に動き出した。

対魔術式駆動鎧(A.A.A.)

A.A.A.を参照。

アレイスター=クロウリーの「Magick」を元に構成された兵器。現実的な尺度を適用して解説するなら、「科学兵器の皮を被った近代魔術」と言うべき何か。脳幹先生が魔神と渡り合えるのもアレイスターの魔術による部分が大きい。

作中の行動 ※以下ネタバレ

魔神『ゾンビ』の「鏡合わせの分割」を解析する為、彼女を撃破した。この時点で凄まじい功績である。その後もアローヘッド彗星を取り込んで大気圏に再突入した魔神『僧正』をA.A.A.を使って迎撃・排除した。

木原唯一の憎悪

クロウリーのプランを揺るがしかねない「上里翔流」を排除するべく、新約14巻の一件で重傷を負った彼と対峙した。
だが理想送りでA.A.A.を新天地に送り飛ばされ、逃げるなら見逃すと宣告されるも、『私は、この世界で生きて死ぬ。それがどんな結果であろうとも向き合い導き出された「木原」の答えを確かめ、始祖が始めたタスクを閉じなければならないのだから』と返答。

『行くぞ。最後の瞬間、その時まで』

そして上里に敗北。必死に彼を救おうとした木原唯一に『私を超える「木原」になりなさい』と言い残し、コールドスリープによる延命処置を施された。もうひとり残された友の魔術師アレイスター=クロウリーは慟哭を上げた。

残された木原唯一は彼に誓った。ただの木原に留まらない“唯一”の存在になる、と。

木原唯一
それがロマンってものだ。そうですよね、先生?

この件が「学園都市」を崩壊に導く彼女の憎悪に繋がっていく。

【新約終盤】支え

新約20巻終盤~新約21巻、復帰した彼はカエル顔の医者と共に機能が停止した学園都市を後にしていた。カエル医者に連れられエジプトのオアシスに居るミナ=メイザースと接触する。かの魔術師アラン=ベネットを名乗ったカエル医者の話術に終始圧倒されていた。

新約22巻、やはり彼もアレイスター=クロウリーの大きな支えとなった。



創約3巻にて創約デビュー。手錠(オペレーションハンドカフス)を執行中の学園都市の下水道にて警備員楽丘豊富が一般人の少女を暗部の人間と断定し、攻撃しようとしたところへ現れる。
木原殺しとしての楽丘に敬意を払うが、勝手な思い込みで少女を攻撃しようとした今の彼に失望、少女を逃がしたうえで交戦するが、A.A.A.事情で失っていたため、為す術もなく敗北・死亡……

……したかに思われたが、同巻終盤にて久しぶりに再会したアレイスターと共に現れ、下水道での敗北は、実際は適当に倒されて下水道に流されたふりをした模様で、これらは自身の死亡を偽装するための演技であったことが脳幹自身の口から明かされる。

そして、ロマンを求める者の宣言があった。

あらゆる魔術の撃滅を。君が世界最大規模の自堕落人間だというのは良く分かっている。だがいい加減に働けよ、アレイスター

【元ネタ?】アレイスター・クロウリーと犬

20世紀最大の魔術師アレイスター・クロウリーは愛犬家であった。この偉大な変態魔術師はスコットランドのネス湖のほとりにあるボレスキン館で猟犬を飼っていたらしい。
だがサミュエル=リデル=マグレガー=メイザースにアブラメリン魔術を仕掛けられ、何頭か殺された……とクロウリー本人は思ってる。

クロウリーの猟犬の名が聖エセルドレーダから取られた事は、日本の一部オタクの間で割と有名な話であろう。
なおクロウリー本人は「ネコ」でもある…性的な意味で。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 木原一族
木原唯一 アレイスター=クロウリー

みこみさ
鎌池のセルフパロディが光る。

関連記事

親記事

木原一族 きはらいちぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「木原脳幹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49843

コメント