ピクシブ百科事典

竜王の顎

どらごんすとらいく

『とある魔術の禁書目録』の主人公・上条当麻の「もう一つの能力」。
目次[非表示]

初出:2巻、もしくは22巻

概要

上条当麻の右腕が破壊された際、その切断面から出現する竜の頭の姿をした何か。

上条の右腕に宿る幻想殺しとの関係は不明だが、幻想殺しはどうやら理想送りと同じように上条自身の魂の輝きによって引き寄せられただけの付属品のような物らしく、ある意味此方こそが上条の真の力と呼べるのかもしれない。

上条の中に潜む何かは個々に姿形が異なり、ある時は「竜」、ある時は「透明な何か」、ある時は「赤黒い三角形の連結体」であった(これらが同一存在かは不明)。

アレイスター=クロウリー右方のフィアンマとの問答で「ホルスの時代(アイオーン)」を着地点に見据えた計画に組み込まれている事を示唆した。
ホルスのアイオーンは1904年にエイワスがもたらした魔道書「法の書」を土台に、クロウリーが始めた「テレマ教」という実在する新興宗教(近代魔術)の概念である。

クロウリーはこの計画を実行する為に、形を変えたテレマ僧院である「学園都市を設立し、かつてイタリアのシチリア島にて散ったテレマの欠片を「科学」という形に偽装して蘇らせた。
彼はあえて都市の治安を悪化させ、非人道的な計画を利用して暗に上条を騒動の渦中に飛び込ませるなど、何らかの「成長」を促している節がある。
この点に関してフィアンマの計画と類似している事をクロウリー本人も認めている。

魔神オティヌスやエイワス、クロウリーの発言からも、現状では不完全な状態である事が伺える。

作中での描写

とある魔術の禁書目録

 初めてこの「竜王の顎」が現出したのは原作2巻において、錬金術師アウレオルス=イザードが上条の右腕を能力で切断した時である。
 その大きさは上条本体に並ぶほど巨大で、まるで恐竜のような大口を開けていた。色はガラスのように透明であり、材質は不明。

 アウレオルスの能力は現実を改変する能力であり、「負ける」という意思があったのでこのように現実が改変され、アウレオルスの恐怖と焦燥がこのような形で溢れ出たのではないか、という説もあるが、上条はアウレオルスの想像とは無関係なのでは?と疑問を呈した。
 
 暫くその存在は忘れ去られていたが、旧22巻で右方のフィアンマに右腕が切り取られた際に「謎の力」が上条の肩口から姿を現す。
 フィアンマが放った力は確かに惑星を塵にし、十字教のあらゆる神話を再現し得る程の莫大な力だった。しかし謎の力はその力をも容易く切り払い、上条の意思で顕れたさらに別の力によって消滅、その余波で右腕までが完全再生した。

 22巻で現れた力は「竜」の姿をとっていなかったが、竜王の顎はアウレオルスが上条の奥底に潜む何かを連想したのではないか?と2巻の伏線がすぐ話題に上がり、次第にアウレオルスが再評価されるようになった。

 もっとも、アレイスターの発言や記憶喪失前の上条が幻想殺しの謎を知っていた可能性がある件も含めて、一介の平凡な高校生という上条のアイデンティティーも崩壊したわけだが…。

新約とある魔術の禁書目録(1~20巻)

 その後、新約4巻バゲージシティ編のオティヌス戦で右腕を失った際に同様の力が現れたが、オティヌスには雑魚扱いされ一瞬で握りつぶされていた。
 また上条は新約9巻でオティヌスと共に何千億回もループを繰り返し、何度も彼女に殺されているのだが、その世界の一つが描写された際、右腕に「正体不明の力」が集まり実際に出現しかけた事がある(未遂に終わっている)。
 新約15巻のオティヌスの発言によると、謎の力の正体は大体予想できているらしいが、木原加群が生きていれば予想に確信を与えられたのだという。

 なお、新約14巻における上里翔流との対決で『幻想殺し』が吹き飛ばされた際もそれらしいものが出現しており、その際は上里の理想送りを無効化した挙句に彼に瀕死の重傷を負わせている。
 あくまで幻想殺しは異能を打ち消すだけの力だが、竜王の顎は物理的攻撃力も有するようだ。これについて上条自身は「以前とは違うモノではないか」という予測をしているが依然、正体は不明である。

 新約18巻でエイワスはこの力を指してか「成長」「純度」と言っていたが、エイワスに言わせるとまだ完全ではないようで、たったの2行で握りつぶされている。

 新約20巻ではアレイスター=クロウリー(美少女)が、上条に対して「よりによってキミの内側と繋げようとするとは」と中の存在に関して言及(オルソラ=アクィナスを参照)。詳しく説明する気はないのか言葉を濁し、上条から「詳しく説明する気がないなら、俺はひとまず保留にするぞインテリ野郎」と毒を吐かれていた。

新約とある魔術の禁書目録(22巻~) ※ネタバレ注意

 そして新約22巻にて、謎の力が再び顕現。
 冒頭でコロンゾンに上条がグチャグチャの肉塊にされ、右腕と判断できるそれをクロウリーが治療の為に切り離した。本来ならすぐにでも封じ込める必要があったが、上条の構造の特殊性を認識しているクロウリー以外はその事に気付かなかった為、噴き出てしまう。

 もっとも、その形状は竜の姿ですらない。赤黒い泡、それも球体ではなく三角形の集合体だった。個々のサイズも異なり、大きい物で上条の身長すら超える物が連結・蛇行して一本のラインを形作ろうとしていた。
 姿形はオティヌス美琴が見たものとも違うらしく、呆気にとられた美琴を他所に、クロウリーが食蜂に上条の認識を騙すよう命令・実行し、ひとまずその場は事なきを得た。
 切断された右腕は、コロンゾンの襲撃の際に“隠していた”食蜂が上条に返還。もはや縫合の必要すらなく一瞬で繋がった。

 しかし最終局面でコロンゾンに右腕を切断され、再び出現。制御しきれずクイーンブリタニア号を破壊してしまう。
 力とその影響を恐れて半狂乱で逃避する上条。それを察知した本物のアンナ=シュプレンゲル嬢は、親しい顔を見つけた時の様に、目元を細めて「おはよう幻想殺し……そして神浄の討魔。貴様たちには世界は何色に見える?」と言い放つ。

 〈フロイライン〉シュプレンゲル曰く、マダム・ホロス滝壺理后を利用したのは、上条を内側から破壊させる為に仕組んだ事だと思っていたらしい。
 ホロス夫人の実際の目的は一世紀前から続く魔術結社〈黄金夜明〉の芽を完全に摘み取る為だったが、この愚鈍な詐欺師(ババァ)が上条にも目を向けていれば、世界の一つくらいは取れていたのだという。何にしろ、シュプレンゲル嬢が一世紀以上も追い求め続けた程の存在であることは確かなようだ。

とある科学の超電磁砲

 外伝作品『とある科学の超電磁砲』の大覇星祭編の終盤(つまり、原作小説やアニメでカットされた部分)、木原幻生の暗躍で怪物化した御坂美琴との戦いにおいて、再びその姿を見せる。
 その際は一頭では処理しきれなかったのか、他に7種類のドラゴンの首が出現し、文字通り御坂美琴の呼び出した、削板曰く「別の世界から来た何か(ダークマターorテレズマ?)」を喰らい尽くした。

 まるで異能の力そのものを貪り食うようにして美琴を元に戻すような描写が有る事から、「幻想殺し」の本質はこの「竜王の顎」が成長する為に異能の力を文字通り喰らう事による現象だと推測されるが、詳細は不明である。

 また、異能の消去以外にも特殊な力があるらしく、天使の様な意匠をした竜の一体に、羽を突き刺した相手を魅了するという能力がある事が現在判明している。恐らくそれ以外の竜にもそれぞれの竜に対応した能力があると思われるが、詳細不明。アウレオルスの記憶が消えた原因も竜の力である可能性も出てきた。

正体の考察

ハディート/ハディト

 ファンの間では、正体はセレマ(テレマ)の神格「ハディート」(ハディト)説を提唱している者も割と多い。アレイスターの発言で右腕、幻想殺し、神浄は「ホルスの時代」の力である事が示唆され、可能性は高まった。

 ハディトは幻想殺しとも類似点が多い。〈AL(法の書)〉においてこの神格は「退魔師」(1巻にて同一表現)であり、「人間の心の内、そしてあらゆる星の中心核にて燃え上がる炎」(世界の中心点?)であり、さらに〈HADの書〉では「幻想を壊す者」(幻想殺し?)とも表現されている。

 ハディトは蛇信仰の流れにおいて〈火の蛇(クンダリー二)〉と同一視される。クンダリーニは火の蛇、竜にも喩えられるエネルギー体で、通常は人間の体内で眠っている。テレマなどの近代魔術では体内のチャクラを呼び起こし、クンダリーニを覚醒させる事が必須事項である。

 4大属性の歪みがセレマの少五芒星儀式と同一基準だったり、クロウリーが過去に「法の書」を執筆してセレマを提唱した事も確定している。

竜との関係

 竜には自然信仰の見地から「自然の化身」としての意味合いがあり、つまり一種の神なのである。伝説にも竜討伐後にその土地が衰退したというものもあり、幻想殺しは「地球、もしくは世界の復元能力」と推測する事もできる。
 追:実際に世界を作り変えられる程の力を持った魔神によると「世界の基準点」「バックアップ」としての役割を持つらしく、竜との関連性は兎も角、この説は正解に近いのかもしれない。

関連項目

とある魔術の禁書目録 上条当麻 幻想殺し
アレイスター=クロウリー エイワス コロンゾン
アンナ=シュプレンゲル 魔神(とある魔術の禁書目録)

関連記事

親記事

幻想殺し いまじんぶれいかー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竜王の顎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10819

コメント