ピクシブ百科事典

アウレオルス=イザード

あうれおるすいざーど

アウレオルス=イザードとは、ライトノベル「とある魔術の禁書目録」第2巻に登場する錬金術師である。
目次[非表示]

概要

CV:杉田智和
緑に染めた髪オールバックにした長身美青年。神裂とタメの18歳。
ローマ正教チューリッヒ学派所属の魔術師であり、世界最高(とあるシリーズ世界では錬金術自体「時代遅れで割に合わない」とされ廃れている)の錬金術師パラケルススの末裔でもあり、名は偉大なる先祖の名から取られている。

インデックスを記憶の呪縛から抜け出させるために策略を練り、経営者の暴走で取り壊しになりかけていた「三沢塾」をジャックし、そこに姫神秋沙を閉じ込めて彼女を代わりに吸血鬼の能力を手にしようと目論む…のだが、インデックスの抱えた問題に関しては上条当麻ステイル=マグヌス他一名(2巻出番無し)らによってとうの昔に解決されており、自暴自棄になったアウレオルスは上条らにやり場のない怒りを叩きつけるのだった。

ステイルを人肉プラネタリウムにしたり暗器銃で上条の右手を切り落とすなど大暴れしたが、上条の迫真の演技にビビッてしまったことや「絶対に勝てない」と心の底で考えてしまったことから黄金錬成が効力を発揮しなくなり敗北した(後にこの時の竜王の顎の影響も指摘されている)。その後は記憶と黄金錬成を使う力を失い、「止めを刺すのも寝覚めが悪い」という理由でステイルによって顔形を別人のように変えられて逃がされ、表向きは死亡したことになった。

口癖は「○然。」(○に漢字を入れた熟語)、「否」。
魔法名はHonos628(我が名誉は世界のために)。

なお、漫画版には一切登場しない


地味に人気なキャラで、ヘタレ錬金術師(ヘタ錬)という愛称?が付いている

能力

「黄金錬成(アルス=マグナ)」
錬金術の最終到達点とされ、世界規模で効果を及ぼす究極の大魔術の一つ。
発動に数百年以上の詠唱を必要とし、錬金術の廃れも相俟って伝説・理論上での存在として扱われるのみであったが、アウレオルスは三沢塾の生徒らを使役して詠唱を分担させ、更に術の効果範囲を三沢塾にのみ限定するという変則手段で、ごく短期間の内に無理やり発動させた。

術者の意思通りに世界を勝手に書き換える能力であり、はっきり言ってしまえば全能の力である。
例えば「死ね」と思えば本当に相手は死ぬし、「時間よ戻れ」と考えればその通りになる。

一方通行前方のヴェントに並ぶ反則極まりない能力なのだがオンオフの切り替えが全く存在しないため、「負ける」「絶対に勝てない」などと考えてしまえば本当にその通りになってしまうハイリスク・ハイリターンの両刃の剣
この弱点を補うため、アウレオルスは鍼治療を使った独自の戦法を編み出した。

弱点はあれど上述したようにかなり強力な能力であり、かつアウレオルス自身の登場が2巻とかなり早いことから「(旧約)禁書はインフレは終盤までない」なんてネタもある(少なくとも神の右席登場以前に彼クラスの能力の持ち主はポンポン出てきていない…旧約としたように新約では魔神の本格登場もありインフレ具合がアップするのだが)。

関連イラスト

断じて否



関連項目

とある魔術の禁書目録 不遇 ヘタレ 不運  チート
オティヌス - 能力面では似ている。
坂田銀時 - 中の人が同じ。「銀魂」内において、オールバック+白スーツというヘタレオルスに酷似した姿を披露したことがある。
グレミィ・トゥミュー - 同じ轍を踏んでしまったチートな敵キャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「アウレオルス=イザード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10017

コメント