ピクシブ百科事典

姫神秋沙

ひめがみあいさ

「とある魔術の禁書目録」の登場人物。
目次[非表示]

『我スルーされる、ゆえに我在り』 【アニメDVD予約特典より】
CV:能登麻美子

『概要』

自称「魔法使い」。
かつて住んでいた村を自身の血によって壊滅させ、隣人や家族を皆殺しにしてしまった過去を持つ。

また、禁書目録で最も不遇な扱いを受けているであろう人物である。
(例:お色気イベントの後に腹を裂かれる、巻を追うごとに出番が減る、魔術師に間違われて殺されかける等)
原作者にも彼女に関する伏線は回収済みと言われており、今後ストーリーに深くかかわることは恐らくないであろう・・・、とされている。一応、彼女は原石であり、かなり希少な存在なのだが、もう一人の原石が色々と強烈なので、原石関連で出番があったとしても出番を彼に食われる可能性がかなり高い。

『吸血殺し(ディープブラッド)』

原石の一つとされ、「甘い香りで誘い、その血を吸った吸血鬼を問答無用で灰に返す」能力。
学園都市の開発術ではなく、自身の生まれついた環境から発現したものである。

真に恐るべきは死ぬとわかっていても吸わずにはいられない誘惑性を持つこと。無差別広範囲に作用するので、何もしなくても吸血鬼をおびき寄せて殺してしまう。
誘惑範囲は少なくとも村ひとつ分で、吸血鬼を呼び寄せてしまったことから考えると、さらに広い可能性もある。

吸われる事が前提である以上、姫神自身の吸血鬼化や失血死を防ぐ作用もあると思われる。
なお、『血』に直接関わる能力ゆえか自身・他者問わず「血の流れ」に詳しく、応急処置が上手くなるという副産物がある。
二巻終了後は歩く教会の効果を一部抽出したケルト十字架によって封印されている。

能力の性質上、吸血鬼にしか効果がないため、吸血鬼が(現時点で)登場していない本編ではあまり目立った活躍が出来ない。

『謎の特別追悼企画』(姫神追悼祭)

本編の扱いに加えて漫画版「とある魔術の禁書目録」で三沢塾編をすっ飛ばされた事を不憫に思われ、原作16巻と漫画版「とある魔術の禁書目録」の単行本二巻と、電撃大王で連載されている「とある科学の超電磁砲」二巻の単行本で行われた、姫神追悼の為の企画。これら3冊のあとがきでそれぞれの作者による姫神が描かれている。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある高校
上条当麻 インデックス 月詠小萌
土御門舞夏 吹寄制理 アウレオルス=イザード
上姫 能登麻美子

pixivに投稿された作品 pixivで「姫神秋沙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 736425

コメント