ピクシブ百科事典

錬金術

れんきんじゅつ

狭義には卑金属から金を生成する試みのこと。広義には不完全な物質からより完全な物質を生み出そうとする営み。
目次[非表示]

錬金術(Alchemy)とは、卑金属(不完全な物質)を貴金属(完全な物質)に錬成する術のこと。現代ではオカルトもしくはファンタジーの一要素だが、18世紀までは正統的な学問のひとつであった。

概要

イスラム世界から西欧に伝わった、卑金属を貴金属に変える「賢者の石」を生み出そうとする試み。賢者の石は飲めば不老不死になれると伝えられる「エリクサー」と同一ともされる。ホムンクルスのように、無生物から人間を作ろうとする神秘主義的な試みもなされた。

のちに化学へと発展し、従来の錬金術は魔術(自然魔術)の一派として見られるようになった。

歴史

発祥は古く、古代メソポタミアやエジプトにまで遡る。その後、10世紀前後の中東で発展。伝説的錬金術師のジャービル・ブン・ハイヤーンは蒸留器具の発明、酸とアルカリの概念を生み出したことで知られる。様々な化学薬品や火薬合金ガラス石鹸の生産もこの頃の錬金術のたまものである。これが十字軍の遠征によって西欧に伝播し、魔術哲学の要素を大きく取り込みながら成長していった。

また金を生み出す研究の過程で磁器のマイセンが生まれるなど、実験器具の開発も進展した。今日、化学者とみなされるロバート・ボイルも錬金術師であり、アイザック・ニュートンも錬金術の研究をしていた。

正統的な学問として18世紀まで長きにわたって研究されてきたが、アントワーヌ・ラヴォアジエらが錬金術のフロギストン説を批判して近代化学を確立。1828年にフリードリヒ・ヴェーラーによる有機物の合成(尿素)がなされるに至り、化学は錬金術の神秘主義と完全に決別した。

金の合成は可能なのか?

 現在地球上にある金は、超新星爆発中性子星の超高温・超高圧環境で生成されたと考えられている。
 現代の技術では加速器を用いて水銀とベリリウムを衝突させる事で人工的な金の生成は可能であるが、大掛かりな設備と膨大な投入エネルギーが必要になる割に得られる金はごく微量であり、経済的(エネルギー的)にはとても割に合わない。1グラムの金を得るのに10万年という時間と莫大なコストがかかることが試算から明らかとなっている。その他、金に似た科学的性質を持つ超原子を作り出すという試みが実験的に行われている。

錬金術を主題にした作品

鋼の錬金術師
アトリエシリーズ
武装錬金
DEMENTO
戦姫絶唱シンフォギアGX/戦姫絶唱シンフォギアAXZ
MyFairAngel

関連タグ

核融合
賢者の石 エリクサー ポーション
ウロボロス ホムンクルス
錬金術師 (錬金術士アルケミスト)
科学 化学

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「錬金術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1463461

コメント