ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エリクサー

えりくさー

錬金術における究極の薬。エリクシャーまたはエリキシル、エリクシールとも。
目次 [非表示]

概要

錬金術における究極エリクシャーまたはエリキシルエリクシールとも。飲めば不老不死となれると伝わる。草ではない。

賢者の石から生成される、あるいは賢者の石そのものであると考えられてもいる。中国錬丹術における仙丹も同様のものであると推測される。


創作におけるエリクサー

ファイナルファンタジーのエリクサー、テイルズオブシリーズのエリクシール等、多くのゲーム(主にロールプレイングゲーム)においては最高クラスの回復アイテムとしてその名を引用される。上位バージョンにラストエリクサーなど。


多くの場合は非売品か、購入こそ可能だが極めて高額物品の扱いになっている。ただし、作品によっては意外と序盤から手に入る場合もあるが、HPMPがレベルに関係なく全快する効力を持つ設定が多く、使い惜しみしてラスボス戦の頃には貯まりまくってるが、味方が強くなりすぎて結局使わなくなる場合が多い。これはラストエリクサー症候群とも呼ばれる。


しかし、ヴァルキリープロファイルにおいては最下級の回復アイテム(もといHP回復アイテム系統の総称)として登場サガ3時空の覇者では回復量に反して、市販品な上にバランスブレイカー扱いされるレベル。


……なんだこの差は。


また、上記のようにゲームで未だに多用される影響からか、近年の創作では本来の『万能の霊薬』のイメージが薄れ、その代わりに『ハイリスク・ハイリターンの劇薬』扱いも散見されつつある。

例えば『殺されて井戸に捨てられた聖女がチート怨霊になりました』では「薬効と依存性と中毒性のいずれも強い」、『亜空の聖女 ~妹に濡れ衣を着せられた最強魔術師は、正体を隠してやり直す~』では「使用者の魔力を倍増させるが、使用者の命を蝕むと、最早『エリクサー』と冠するのもおこがましい紛い物となっている


実在のエリクサー

日本薬局方の製剤総則にて「甘味及び芳香のあるエタノールを含む澄明な液状の内用剤」をエリキシル剤として定義している他、一部のリキュールの中にはエリクサーの名を冠するものが存在する。

また、ファイナルファンタジーXIIIとのタイアップ商品としてサントリーから清涼飲料水「ファイナルファンタジーXIII エリクサー」が発売されている。


関連タグ

ポーション エーテル Elixir エナジードリンク

マジックポットコヨコヨ:FFシリーズに登場する、エリクサーをねだるモンスターの先輩と後輩。

シャトー・ロマーニムジュラの仮面に登場する、エリクサーの(事実上の)上位互換回復アイテム

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159768

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました