ピクシブ百科事典

石鹸

せっけん

動植物の油脂から作られた、固形や液体状の界面活性剤の一種                          台所や風呂で主に使用され、食器類や肌の汚れを落とす
目次[非表示]

概要

基本的な材料は、動植物の脂と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)
その歴史は古く、紀元前2000年以上前の文献にすでに石鹸の存在が記されている。
焼いた動物から滴り落ちた脂が、地面にある灰のアルカリに反応してできた物質が混じった土、
それで手や洗濯物を洗うと、汚れがよく落ちることに気がついたのが始まりだとか。
実際苛性ソーダが発明される以前は、灰と水を混ぜて寝かせ、取り出した灰汁で石鹸を仕込んでいた。

主な原料油脂

植物性
オリーブオイル
パーム(椰子)油
ココナッツオイル
椿油
ひまし油
ごま油
ひまわり油
動物性
ラード(豚脂)
ヘット(牛脂)
馬油

上記はほんの一部。
極端な話、石鹸を作るだけなら油脂であれば何でもよく、
サラダ油やショートニング、バターでも作れる。ただし、効果のほどは保証できない

現在では動植物の油脂のみならず、石炭石油からつくる合成石鹸も広く普及している。
ただし、合成石鹸は環境や安全性の問題が指摘されている

手作り石鹸

上記のような問題や手作りブームも相まって、石鹸を手作りする人(ソーパーと呼ばれる)が増えている。
何しろ油脂と苛性ソーダ(劇薬指定だが、印鑑さえあれば薬局で簡単に手に入る)さえあれば作れる上、
油脂の配合の加減で、自分好みの石鹸を自在に作り出せるため、ソーパー人口は世界中で増えつつある。
日本でも手作り石鹸の本やサイトがかなりあるので、興味のある人は検索してみるのも

ただ、環境問題はともかく、やはり効果は人それぞれ。手作りモノにありがちな、
手作り最高!市販はダメ!のような偏重した考えは持たないほうがいいだろう


関連タグ

ソープ せっけん 洗剤 牛乳石鹸

pixivに投稿された作品 pixivで「石鹸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77592

コメント