ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール編集

生没ユリウス暦1642年12月25日-1727年3月20日、グレゴリオ暦 1643年1月4日生-1727年3月31日
フルネームサー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton)

イングランド自然哲学者、数学者、天文学者。現代では物理学者科学者ともされるが、当時の科学は哲学と分化しておらず、"scientist"(科学者)という語は1833年になって初めて登場。


名前に「Sir」が付くのは1705年、時の英国女王からナイトに叙されているため。


業績編集

万有引力の法則」「微分積分」「プリズムによる分光スペクトル」はニュートンの三大発見とされている。ケプラーによる惑星公転を力学的に証明したのも彼であり、地動説の大成に尽力した。1687年に発表した著書『自然哲学の数学的諸原理』(プリンキピア)は古典力学の基礎を築いたとされている。


経歴編集

26歳の時にケンブリッジ大学でルーカス教授職に就任、29歳の時には王立協会の会員に選出されて加入。53歳で王立造幣局の監事に就任、56歳で昇格する形で長官を務めたこともある。

経緯としては財務大臣になった教え子チャールズ・モンタギューが推薦したことで就任。モンタギューとしては当時閑職と見られていた造幣局の監事に推薦することで、プリンキピアを仕上げた恩師に休息をと思っていたらしい。

58歳の時に庶民院の議員になり、60歳の時には王立協会の会長にも就任した。


造幣局時代編集

ニュートンが造幣局監事に就任した頃のイギリスでは通貨偽造が横行していたのだが、国王の肖像が入っている通貨の偽造を非常に憎むニュートンは、調査を行って国内で流通する通貨の1割が偽造通貨であることを報告。

当時の王立造幣局の監事・長官には通貨に関する警察権があることを利用して通貨偽造シンジケートの撲滅を目標に徹底した摘発を行った。一時は証拠不十分で無罪を勝ち取った通貨偽造シンジケートの大親分から訴訟を起こされ、侮辱の言葉を浴びせられるに至ったこともあったが、その怒りの勢いを地道で執念深い容赦のない追求に傾けた結果、ついにこの通貨偽造シンジケートの大親分を捕えて裁判にかけ、積み上げた言い逃れのできない証拠を突きつけ、先の侮辱の言葉を浴びせられた怒りの記憶の勢いも加わって情状の余地なしとして死刑(※1)。この功績は長官に推薦される際の理由の一つになっている。

この時のみずからが指揮しての通貨偽造犯の摘発は見事なものであったと伝えられる他、当時の通貨偽造の手段が本物の貨幣の側面を少量ずつ削り取って集めたもので偽の貨幣を鋳造するといったものであったため、長官時代には持ち前の手先の器用さ(※2)を活かして貨幣の側面を削り取れないよう側面にギザギザを付ける貨幣鋳造技術の開発、紙幣の導入にあたっての偽造防止のための印刷技術の向上などの功績もある。

そのようなこともあって、イギリスの造幣業界においては、大規模な通貨偽造シンジケートを倒して偽造通貨で混乱した状況から国を救い、通貨偽造防止技術の発展に貢献した、通貨の守護者としての義務を忠実に果たした人物として扱われており、現在のイギリスで流通する最高額貨幣である2ポンド貨幣にはニュートンの言葉である「STANDING ON THE SHOULDERS OF GIANTS(※3)」が周囲に刻まれている。


晩年編集

1705年に自然哲学の業績が認められナイトを叙勲。それから約20年後の1727年にこの世を去った。自宅は公立図書館として保存。ニュートンの一生は、当時のイギリスにおける学界の頂点を極めて大学教授と王立協会長の座を手に入れ、高級官僚としても巨悪を倒して王立造幣局長官の座を手に入れ、政界で議員の椅子まで手に入れた非常に名誉ある生涯だった。


余談編集

  • リンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついた話は有名だが、これは周囲の人間の記録によるもので何がきっかけで思いついたのかは現在でも不明
  • 造幣局長官就任後当局から「年金を出すから辞めてくれ」と言われても辞めずに亡くなるまでその地位にあった。

注釈編集

※1:当時のイギリスでは、国王の肖像が入っている通貨を偽造することは大逆罪に該当する重罪で法定刑が死刑だった。

※2:ニュートンは、不足する実験器具があった場合、それを自作してしまうくらい器用な人だった。

※3:西洋のたとえで直訳は巨人の肩の上に乗る矮人。転じて「偉大な先人たちの発見・発明を基礎に我々は発展してきた」という意味がある。



関連タグ編集

イングランド

科学 物理学 数学 天文学

哲学 錬金術

科学者 物理学者 数学者 天文学者

哲学者 錬金術師

万有引力 作用反作用


ガリレオ・ガリレイ:その命日が、暦の都合でニュートンの誕生日と同じとされている。


ニュートン魂

ラヴヘブン:アイザック・ニュートンをモデルにしたキャラクターが登場する。

関連記事

親記事

物理学者 ぶつりがくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528302

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました