2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

それでも地球は回っている

概要

イタリア出身の科学者。ユリウス暦1564年2月15日生まれ、グレゴリオ暦1642年1月8日没。享年77歳。
振り子運動、落体の法則を発見し、凹レンズ凸レンズを組み合わせた高性能望遠鏡を開発してクレーターを発見した。
月の黒い部分を「」と呼ぶのは、ガリレオが早とちりして「わーっ、月にも海があるのか!」と勘違いした故事に由来するものである。

また、前述の望遠鏡で木星の四大衛星を発見した。これにより、ガニメデカリストイオエウロパの4つをガリレオ衛星と呼称する(ただし、発見当時はガリレオのスポンサーだったメディチ家にゴマをするため「メディチ星」として発表した)。
 
しかし、太陽黒点の動きや金星の満ち欠けなどを発見したガリレオは、コペルニクス地動説を支持しているとしてローマ教会に捕縛され、「天動説を認めろ、な」(後ろで構えながら)と言われてしまう。

ココでかの有名な台詞を…

「いやいやそんなことないじゃないッスかアハハ。地球太陽の周り回ってるわけないですって、ね?」

…言わなかったのである。言えば、殺されることは分かっていたからだ。
現に彼と同じく地動説を擁護して裁判にかけられた哲学者修道士でもあるジョルダーノ・ブルーノは、自説を絶対に曲げなかったため処刑されている。

(ちなみに死刑宣告を受けたた際のブルーノは
「判決を受けたわたしより、判決を下したあなた方のほうが震えている」
と語ったという。)

結局裁判により、ガリレオは地動説を一切主張しないと制約を押された上、軟禁されることとなった。
彼が「それでも地球は回っている」と言った、明白な証拠はない。晩年に遺した言葉だとする説はある。

この裁判が見直されたのは、その350年後であった。

その後、彼の名はイタリア海軍の潜水艦や、日本音楽グループに用いられるようになった。

ガリレオ詭弁

 疑似科学陰謀論等を唱えている人間が周りから批判されると、自分をガリレオと同じであると思い込む、あるいは支持者からそのように評価される傾向にある。
 「自分の説はこんなにも否定されているのは、不都合に思う人間が多いからだ」という詭弁をガリレオ詭弁という。

 しかしガリレオの場合筋の通った論理を作り明確な証拠を発見、提示をして地動説を主張した。そのため、根拠が薄弱な疑似科学と陰謀論を地動説を一概に同じにすることはできない。
 そもそもガリレオの時代は天動説に異を唱えると死刑になるような時代であり、言論、思想の自由がある程度保障されている現代の日本とは全然違うものである。(実際日本では根拠不明な説が出版物、テレビ、ネットなど色々な媒体で流布されている。)

関連リンク

ガリレオ・ガリレイ - Wikipedia

関連タグ

学者 天文学 物理学 哲学
天文学者 物理学者 哲学者

アイザック・ニュートン:ガリレオの命日誕生日

関連記事

親記事

科学者 かがくしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガリレオ・ガリレイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガリレオ・ガリレイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4171

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました