2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この番組クイズを主においた放送番組(現在においてはテレビ番組がメイン)であり、その形式はいくつか存在しているものの、司会者と解答者を主体としたものが通常である。

形式

 この形式の番組はラジオおよびテレビで行われるが、放送メディアにより方式は異なる。
 ラジオにおいては、視聴者と出題者の一対一の対決で、電話を用いて出題され、正解すると定められた景品が出され、不正解の場合別の視聴者に変わる形式で行われることが多い。 ただし番組としてよりも番組の1コーナーとしてこれを行うことが多い。
 テレビにおいてはこの番組司会者(ベテランアナウンサーを当てることが多い)を置き、複数名の解答者(近年においてはタレントを使うことが多い)にクイズを出題し、基本的には正解率による得点、順位を競う形で進行し優勝者には豪華賞品……と言うものが定番であった。
 この形式の場合「何かのテーマ性を持たせる」ことや「出場者を限定する」などにより番組の独自性を出すことになる。
 また、番組の形式も複数存在し、「解答者のクイズへの挑戦」をメインに据えたもの、「教養番組兼用で視聴者の知識を増やすためのもの」「トーク番組を兼用したもの」「クイズに名を借りたほかの番組」などに分けられる。
 出演者に関しても「一般視聴者から募集するもの」と「タレントが解答者となるもの」に分けられる。

日本における放送

20世紀

 日本においては終戦間もない昭和21年、NHKラジオで放送された話の泉(実際にはこの番組はクイズバラエティに分類される)といわれ、民放ではCBCストップ・ザ・ミュージック(音楽を使った30分の聴取者参加の公開クイズ番組、もとはアメリカの番組らしい)が最初とされる。しかし、テレビの普及とともにラジオでは番組としてすたれ、番組の一コーナーとして残る状態となっている。

 テレビにおいてはNHKが『私の仕事はなんでしょう』という番組を1953年(テレビ放送が始まった年)に放送、さらにレギュラー放送としては『家族クイズ・ジェスチャー』という番組を放送したことがはじめである。

民放では、日本テレビ『ワンダフルクイズ』(1956年)、フジテレビ『ズバリ!当てましょう』(1961年)毎日放送『アップダウンクイズ』(1963年)、NET『クイズタイムショック』(1969年)などが続き、クイズブームが発生。この頃は大半が視聴者参加型だったこともあり高額商品の過熱ぶりが社会問題になるほどであった。
TBS『ぴったしカン・カン』(1975)以降はVTRクイズという流派も台頭、フジ『なるほど!ザ・ワールド』(1981年)などが続いた。逆に体を張ったクイズも人気となり、日テレ『アメリカ横断ウルトラクイズ』(1977年)はアメリカ中を使ってクイズを繰り広げた。

1985年から1986年にかけてぴったしカンカン、アップダウンクイズ、タイムショックといった有力番組が次々と終了するも、ブーム終了後、1990年代にはマニアッククイズ王ブームが起こった。フジ『カルトQ』は当時としては珍しくテレビゲームや漫画などのオタクネタを扱ったことで知られる。
しかし高レベル化により視聴者がついていけなくなってしまいすぐにブームは終焉を迎え、視聴者参加型番組はクイズ研究会等の「クイズのプロのもの」となってしまい一般視聴者から嫌われてしまう。この種の視聴者参加型番組は減少の一途をたどり、21世紀に入るとレギュラー番組としては、フジ『クイズ$ミリオネア』、朝日放送『アタック25』を残す程度にまで減少した。

21世紀

21世紀には掛け合いなどを楽しむタレント出場型の番組が主流となった。2000年代中盤から後半に差し掛かると、『クイズ!ヘキサゴン』『ネプリーグ』『Qさま』などのヒットから、再びクイズ番組が量産されるようになる。ただし、その構成は90年代までのそれとは全く異なるものである。

 まず、番組出演者からして学歴至上主義を強調したものが非常に多いこと。
 かつてのクイズ番組でも高学歴解答者は普通にいたが、別にわざわざ自分の学歴を公表するような真似はせず、解答者が高学歴であろうが中卒であろうが平等に扱われていた。一方、こちらは何かとテロップなどで高学歴解答者を美化したり、または高学歴同士のぶつかり合い展開に持っていく傾向が強い。『ヘキサゴン』はこの真逆であるが。
 クイズ内容もエンタメ色はほとんどなく、実際に義務教育や大学などで取り上げられている問題や時事などの教養系に偏っている。そういう意味ではクイズ形式にした報道系バラエティ番組とも言える。
 何故このような学歴を強調するような番組作りが増えたのかについては、2000年代の広末涼子早稲田大学推薦や、それまで高卒が当たり前だったジャニーズタレントがNEWSを境に次々と難関大学に推薦入学した背景も大きいかもしれない。

 そしてもう一つが、かつてのように番組構成が全てクイズジャンルで埋まっているわけではなく実質トークバラエティとの融合になっていること。
 早い話がクイズの合間に内輪話や暴露話、クイズを間違えた解答者を茶化す素人弄りがいきなり始まり番組の流れが中断するという事態が頻繁に起こる。さらに「正解はCMのあと」手法とコンボで使ってくるため純粋なクイズ番組としてのテンポはかなり悪く、90年代と比較すると放送時間内に放送される出題数も圧倒的に少ない傾向にある。
 『ヘキサゴン』にしても途中からヘキサゴンファミリーによる歌番組要素も強くなったり、『雑学王』に至ってはただの商品宣伝番組ではないかという批判もあった。

新しい試みとしてはデータ放送やインターネットによる双方向型通信を使った番組も登場した。もともと電話を使ったテレゴングや、BSデジタルで試みられていたものである。またBSデジタルではタレントクイズ全盛の地上波からの避難先として視聴者参加型クイズが放送されることもあった。

2000年代後半は「テレビ番組が全部タレントクイズになってしまう」とまで言われたクイズブーム。しかし、タレント出場型番組も粗製乱造された結果マンネリとなることは避けられなかった。それを打破するためゲーム的要素を取り入れても、逆にクイズやトークを見たい人に嫌われるといったこと、さらには司会者の死亡や引退により番組を続けられなくなったということもあり、次々と打ち切りとなった。島田紳助引退によるヘキサゴン終了は、一時代の終わりを示していた。また高学歴路線の筆頭であった高校生クイズも「知力の甲子園」路線がウケず取り下げることとなった。

ブームの末期にはマンネリ化した問題内容、「やらせ」の発覚なども話題となったが、番組制作コスト(他のバラエティ番組よりも問題作成や景品などで予算がかかる)の割りに視聴率が取れない、海外旅行の一般化やインターネットの普及により「問題の元となる物事や現象」等を探すのが困難になったことも番組が消えていった要因であろう。

ブーム終了後もタレントクイズ番組は一定の地位を保っている。タレントクイズ番組は、教養番組としての特性ゆえに強まる規制やネット炎上脅威を回避しやすいこと、VTRシーンで時間をうめやすいこと、芸人のトークに任せてスタッフ側が考えることが少なくて済むこと、コントやロケのように動かなくて良いことなどから、便利な番組なのである。
しかし「クイズ番組からクイズ取ったらさらに安上がりじゃないか?」という発想から、クイズ番組からクイズをとっぱらった形の雛壇番組が急増。また、視聴者参加型クイズの灯を守り続けていた『アタック25』も2021年秋に終了した。しかし翌年春に放送局をBSJapanextに変えてわずか半年で復活。

クイズ番組にはTVerなどで配信されにくいという欠点がある。クイズのVTR中に様々な映像や写真などが使われるため、権利関係をクリアするのに手間がかかるという問題点がある。

主な番組

※☆印は2021年現在レギュラーで放送中(放送時期が固定されている特番にも☆を付けている)。△は直近5年以内に特番で放送したもの。もともとクイズ番組だったが後にそうでなくなったものは注記。

NHK(総合・Eテレ)

日本テレビ系列

TBS系列

フジテレビ系列

テレビ朝日系列

テレビ東京系列

BS

ローカル番組

関連項目

クイズ

関連記事

親記事

テレビ番組 てれびばんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クイズ番組」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クイズ番組」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379525

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました