ピクシブ百科事典

クイズ番組

くいずばんぐみ

クイズ番組は放送における番組ジャンルの一種である。
目次[非表示]

この番組クイズを主においた放送番組(現在においてはテレビ番組がメイン)であり、その形式はいくつか存在しているものの、司会者と回答者を主体としたものが通常である。

形式

 この形式の番組はラジオおよびテレビで行われるが、放送メディアにより方式は異なる。
 ラジオにおいては、視聴者と出題者の一対一の対決で、電話を用いて出題され、正解すると定められた景品が出され、不正解の場合別の視聴者に変わる形式で行われることが多い。 ただし番組としてよりも番組の1コーナーとしてこれを行うことが多い。
 テレビにおいてはこの番組司会者(ベテランアナウンサーを当てることが多い)を置き、複数名の回答者(近年においてはタレントを使うことが多い)にクイズを出題し、基本的には正解率による得点、順位を競う形で進行し優勝者には豪華賞品……と言うものが定番であった。
 この形式の場合「何かのテーマ性を持たせる」ことや「出場者を限定する」などにより番組の独自性を出すことになる。
 また、番組の形式も複数存在し、「回答者のクイズへの挑戦」をメインに据えたもの、「教養番組兼用で視聴者の知識を増やすためのもの」「トーク番組を兼用したもの」「クイズに名を借りたほかの番組」などに分けられる。
 出演者に関しても「一般視聴者から募集するもの」と「タレントが回答者となるもの」に分けられる。

日本における放送

 日本においては終戦間もない昭和21年、NHKラジオで放送された話の泉(実際にはこの番組はクイズバラエティに分類される)といわれ、民放ではCBCストップ・ザ・ミュージック(音楽を使った30分の聴取者参加の公開クイズ番組、もとはアメリカの番組らしい)が最初とされる。しかし、テレビの普及とともにラジオでは番組としてすたれ、番組の一コーナーとして残る状態となっている。
 また、テレビにおいてはNHK私の仕事はなんでしょうという番組を昭和28年(テレビ放送が始まった年)に放送、さらにレギュラー放送としては家族クイズ・ジェスチャーという番組を放送したことがはじめである。なお民放に関しては不明な点が多いため、省略する。
 この番組の人気に最初に火がついたのは、1970年代後期から1980年代初期のことであるとされる。この時のブームはいわゆる視聴者参加型の番組であったとされる。しかしながらそのブームも1985年から1986年にかけての有力番組(たとえばアップダウンクイズ三枝の国盗りゲーム)終了とともにブームがひと段落した。
 また、そのブームが終了後、1990年代には今度は掛け合いなどが面白いタレント出場型の番組が人気となった。また、視聴者参加型番組においてはクイズ王を目指すような番組が出てきたものの、この番組は「クイズのプロのもの」となってしまったため、一般視聴者から嫌われ、この種の番組は減少の一歩をたどった。
 また、タレント出場型番組も複数作られた結果マンネリとなり、さらにそれを打破するためゲーム的要素を取り入れ逆にクイズを見たい人に嫌われるといったこと、さらには司会者の死亡や引退により番組を続けられなくなったということもあり、打ち切りとなった。
 ブームの末期にはマンネリ化した問題内容、「やらせ」の発覚なども話題となったが、番組製作コスト(他のバラエティ番組よりも問題作成や景品などで予算がかかる)の割りに視聴率が取れない、海外旅行の一般化やインターネットの普及により「誰も知らない問題」や「珍しい風習」等を探すのが困難になったことも番組が消えていった要因であろう。
 新しい試みとしてはデジタル放送における双方向型通信を使った番組も登場した。
 また、2000年代後半にはまたブームの兆しが見え始めたとされる。

主な番組

NHK系列

  • むしむしQ
  • クイズ面白ゼミナール
  • 連想ゲーム

日本テレビ系列

TBS系列

フジテレビ系列

テレビ朝日系列

テレビ東京系列

ローカル番組、その他

関連項目

クイズ
類似番組:ザ・クイズショウ ためしてガッテン
司会:大橋巨泉 草野仁 児玉清 島田紳助 関口宏 徳光和夫 福澤朗 福留功男
回答者そのほか:板東英二 ビートたけし 東国原英夫 渡辺正行 羞恥心 宮崎美子 宇治原史規

pixivに投稿された作品 pixivで「クイズ番組」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161010

コメント