ピクシブ百科事典

クイズ!ヘキサゴン

くいずへきさごん

フジテレビ系で放送されていた番組
目次[非表示]

第1期

2002年7月から2005年10月まで放送されていたクイズバラエティ番組。
および。
深夜番組「バッテンクイズ HEXAGON」は2002年9月までは火曜日24:41~24:57、2002年10月から2003年3月までは月曜日24:41~25:09の放送だった。
2003年4月のゴールデンタイム進出からはタイトルを「バッテンチョイス!クイズ・ヘキサゴン」に改め、
水曜日19:57~20:54に放送。

司会は深夜時代は三宅正治アナ、ゴールデン時代は島田紳助

ルール

6人の出場者が他の出場者の正解、不正解を予測し、
他の出題者に×を3つ付けさせることが目的であった。

その為、クイズを正解する知識だけでなく、推理力や判断力が望まれた。

具体的には自分の番(出題者とする)になったら問題を出題することになる。
問題は難易度がある程度決められており明らかに簡易な問題から、
クイズ番組に相応しい難しい問題も含められている。
そして出題者以外の全員が解答をすることになる。
その後出題者は残る五人に対して簡単な質問をすることができる。
その質問の受け答えなどから出題者は「不正解者を見つけ出す」か「全員正解」かを判断する。
不正解者を見つけ出す場合は誰か一人を指名することになる。
その指名された出場者の答えが不正解であれば指名された人に×が1つ付く。

指名に成功した場合出題者は更に次の不正解者を指名するかパスをすることができる。

指名でミスする(指名された相手が正解だった)と出題者に×が1つ付く。
しかしながら指名を三連続で成功させると×を1つ消す事ができた。

また全員が正解だと判断した場合は「セーブ」をコールする。
この場合一人ずつ解答をオープンされていくことになる。
一人でも不正解者がいた場合は出題者に×が付くが、
全員正解(セーブ成功)の場合は自由に一人に×をつけることができる。

パスをしたり指名をミスしたりセーブ(成否問わず)したりすると次の出場者が出題者となる。

これらを繰り返し×が3つになった出場者はその時点で退場となり、
残った出場者でプレイを続ける。
最終的に最後の1人になった時点で優勝である。

このようなルールであるため、一問もクイズに正解せずに優勝した芸人も存在する。

第2期

第1期の視聴率の低迷などを理由に、ルールなどを大きく変えた
クイズ!ヘキサゴン 今夜はクイズパレード!!」としてしばらく放送が続いた。
この時から水曜日19:00~19:57の放送。
普通番組の大きな変更は番組編成期に行われるのに対し6月からの変更という異例の事態であった。
その後「クイズ!ヘキサゴンⅡ」にタイトルを改めた。

6名×3チームというチーム対決となり3種類ほどのクイズっぽい何かを行い
チームごとの点数の合計で勝敗を決めるという純粋なクイズ番組らしいルールに変更された。

これは第1期のルールが煩雑で子どもの視聴者などに理解されないことが大きな理由らしいが、
第1期のルールの方が心理戦があって面白かった」という声も決して少なくない。

最初は賞金を巡り優勝する、というのが目的であったが、
番組中期からは最下位になると罰ゲームが行われるというルールになり
罰ゲームにならないようにする、というルールに変わっていった。

また2008年頃からはヘキサゴン発祥のユニットPabo」や「羞恥心」などの誕生から
毎週歌を披露するコーナーも設けられるようになった。

この辺からクイズ番組という体裁が少しずつ揺らぎ始めていたといえるだろう。

そして2011年、島田紳助の突然の芸能界の引退に伴い、
ヘキサゴンも最初司会の代役としてつるの剛士FUJIWARAの藤本などを起用したが、
島田紳助カラーの強いヘキサゴンは紳助なしには難しいと判断され2011年9月28日を以て終了した。

この番組が世間におバカタレントブームを巻き起こしヘキサゴンファミリーを築いたということを考えると
その影響力は結構大きいものであったといえる。

ピクシブではヘキサゴンファミリーのメンバーを描いたものが多い。

関連イラスト

「彼女は努力家やからいいんです!」
だいすき!ヘキサゴン
WE LOVE♥HEXAGON



関連タグ

フジテレビ クイズ バラエティ 羞恥心 Pabo
島田紳助 過去 ヘキサゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「クイズ!ヘキサゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93

コメント