ピクシブ百科事典

夢工場ドキドキパニック

ゆめこうじょうどきどきぱにっく

フジテレビのイベントに配布されたディスクシステム専用ソフト。
目次[非表示]

説明

1987年7月10日発売
フジテレビが総力をかけて開催したイベント「夢工場」で販売されたディスクシステム専用ソフトで、スーパーマリオUSAの原点となった作品でもある
開発は任天堂で、プロデューサーの宮本茂を初めとして、初代マリオブラザーズを手がけたスタッフが制作を担当している。(宮本氏のお気に入りの作品であり、本作をROM移植で再販したいという経緯で作られたのが「スーパーマリオUSA」である)
ヘイホーキャサリンなどといったマリオキャラはこのゲームから生まれた。
値段は2600円。

ストーリー

それは誰も知らない遠いところのお話。

ムウという幸せいっぱいの人たちが住むとても不思議な国、夢宇界。
ムウたちはドリームマシーンを発明して、いい夢をいっぱい作ることにした。
ところがある日、いたずらものの怪物マムーがやってきてドリームマシーンをいじってしまった。
夢の代わりに変なモンスターたちがでてきて大騒ぎ。それを見てマムーは大喜び。
彼を懲らしめなくてはと、みんなはマムーの嫌いな野菜を持ってドリームマシーンに押しかけた。
マムーはたくさんの野菜に押しつぶされて降参したのでした。
めでたしめでしたし。
・・・という話を読んでいた双子のピキとポキ。
しかし、二人が本の取り合いを始め、最後のマムーが降参したページを破ってしまった。
と、その瞬間、閃光とともに大きな手が現れ、二人を絵本の中に連れ去ってしまった。
悲鳴を聞いて駆けつけたイマジンくんたちが見たものは、ピキとポキとさらっていくマムーの姿。
イマジンくんたちは絵本の中に乗り込み、マムーのいる夢工場を目指すのであった。

タグ

任天堂 フジテレビ レトロゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「夢工場ドキドキパニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42361

コメント