ピクシブ百科事典

平成教育委員会

へいせいきょういくいいんかい

平成教育委員会とは、フジテレビで放送されていたビートたけし司会のクイズ番組。

フジテレビで放送されていたビートたけし司会のクイズ番組。出題される問題は実際に使用された国・公・私立中学校入試問題から一般企業入社試験、公務員試験、番組オリジナルの問題まで多岐に亘っていた。後に放送されることになる特別番組や兄弟番組『教育学院』よりも、「国語・算数(数学ではない)・理科・社会」といった、「国・公・私立中学校入試問題」「小学校の実力テスト」レベルの、義務教育で当然教わっているような問題が重点的に出題されていた。かつてはレギュラー番組だったが、今でも不定期でスペシャルでやっている。兄弟番組として、ユースケ・サンタマリアが司会の『平成教育予備校』『熱血!平成教育学院』などがある。

北野がフライデー襲撃事件で半ば謹慎状態となっていた時期、娘の教科書を拾い読みし、教育番組を見て教育としての学業に無味乾燥なものを感じ取る。北野はここで「基礎から勉強し直そう」と思い立ち、小・中学生が解くようなドリルを使って勉強。そこで、北野は大人・芸人としての知識や常識と、義務教育で習得し、その後もどこかで有用であるはずの「一般常識の基礎」とのギャップに気づいた。事務所やテレビ局に各科目の問題集を持ち込んでスタッフらに設問や解を解かせ、北野が採点すると腹を抱えて笑う解答が続出。これを番組原案として出したところ、面白がられて番組が誕生したという経緯がある。

なお、元々は『たけし・逸見の平成教育委員会』という番組名であり、その名前通り逸見政孝が生徒会長として出演していた。この番組における逸見のポジションは『副司会者兼回答者』という、他のクイズ番組において全く例の無いものであり、本番組のみの大きな特徴となっていた。逸見入院による一時降板中は生徒会役員代理が登場していたが、没後も後任となる新たな生徒会長はついに登場せず、また1年以上に渡って番組名からも逸見の字は外さないままとなっていた。なお、本番組出演の際に逸見が着ていた制服は、本人死去の際に副葬品として棺に納められたとされている。

関連タグ

フジテレビ 勉強小僧 クイズ番組

関連記事

親記事

フジテレビ ふじてれび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平成教育委員会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4994

コメント