ピクシブ百科事典

クイズ!年の差なんて

くいずとしのさなんて

クイズ!年の差なんてとは、1988年10月から1994年9月まで放送されたフジテレビ製作のクイズ番組。
目次[非表示]

概要

アダルトチーム・ヤングチームに分かれ、両者の時代での常識や流行を出題し合うクイズ番組。
当初は水曜夜7時半から放送の30分番組だったが、高視聴率を受けて1990年10月に木曜夜8時への移動と同時に1時間番組へ昇格した。なお、メイン画像は1時間番組昇格後に登場したマスコットキャラクターのトッシー。

主な出演者

MC
桂三枝(現・桂文枝) -この番組の立案者でもあった。
山田邦子
主な解答者
アダルトチーム
高島忠夫
うつみ宮土理 -後述する歌詞穴埋め問題を得意としていた。
藤村俊二
岡田真澄
ヤングチーム
森口博子
ゆうゆ -フリップによく描いていたナスの絵が特徴的だった。
中山秀征
松本典子
その他 
ピンクの電話 -出題VTRで頻繁に登場。

特徴的演出

NGワード

毎回NGワードが指定されており(問題によっては2つ以上)、それと同じ答えを書いてしまうと相手チームに20点渡ってしまう。

歌詞穴埋め問題

スタンスは歌になるだけであまり変わらないが、回答者を相手チームが指名できる(ヤングチームは高島忠夫を指名する際、高島が司会をしていた『クイズ・ドレミファドン!』での名セリフにちなんで「せーの、イエーイ」と言うのがお約束だった)。一発で正解ならば40点もらえるが、NGワードを引くと同じだけ渡る。

謎のダンス

ヤングチームが1時間番組昇格後に行う様になった、回答の曲に合わせて踊る謎のダンス。真似した事がある人は現在確実にアダルトチームだろう。

関連タグ

クイズ番組  フジテレビ NGワード ジェネレーションギャップ 
ジェネレーション天国 -後にフジテレビで放送されていた同趣旨番組(ただしこちらはクイズ番組ではない)。
不思議な踊り
ファミリーテニス -正解発表時の効果音に、コスモスオープンのトーナメント表が表示された時流れるBGMの一部分が使用されていた。
セガ -UFOキャッチャー用にトッシーのぬいぐるみを製作していた。
とんねるずの生でダラダラ行かせて!! -『クイズ年の差なんちて!違うか!』と言う題のパロディ企画を行っていた。

関連記事

親記事

フジテレビ ふじてれび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クイズ!年の差なんて」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38

コメント