ピクシブ百科事典

桂文枝

かつらぶんし

『桂文枝』とは、上方落語の名跡の1つ。

初代 桂文枝(1819年 - 1874年4月2日
本名:桂文枝。明治維新戸籍ができたときに本名にした。

2代目 桂文枝(1844年 - 1916年5月16日
本名: 渡辺儀助。初代の門下。後の桂文左衛門

3代目 桂文枝(1864年 - 1910年12月24日
本名: 橋本亀吉。9歳で近所に住んでいた初代の門下、初代が没後2代目文枝の預かり弟子に。

4代目 桂文枝(1891年1月29日 - 1958年3月16日
本名: 瀬崎米三郎。歌舞伎役者子役だったが病弱で廃業、15歳で3代目の門下に。

5代目 桂文枝(1930年4月12日 - 2005年3月12日
本名: 長谷川多持。4代目文枝の門下。
平成狸合戦ぽんぽこ』に太三朗禿狸役で出演。

6代 桂文枝1943年7月16日 - )(メイン画
本名: 河村靜也。5代目文枝の総領弟子で69歳の誕生日を機に襲名。⇒桂三枝を参照。
師匠とともに上方落語の復興に尽くし、自身も薫陶を受けた6代目笑福亭松鶴への敬意から、「6代目」ではなく「6代」と称している。

pixivに投稿された作品 pixivで「桂文枝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5405

コメント