ピクシブ百科事典

桂小枝

かつらこえだ

しかしまぁ~何ですなぁ~

概要

兵庫県出身。
関西ローカルの番組「探偵!ナイトスクープ」に出演するふざけたおっさんというイメージが強いが本職は落語家。正月の笑点の東西大喜利では欠かせない。
しかし、出囃子はミッキーマウスマーチまたは『小枝ブルース』(キダ・タロー作曲)。

高校時代、落語研究会に所属していたことから3代目桂小文枝(後の5代目桂文枝)に入門し、落語界の道に進む。
当時の高座名は「桂枝織(しおり)」。女性みたいな名前だが、女流落語家がほぼ存在しなかった昔はよくあることだった。
後に、自身の入門前に廃業した兄弟子と同じ「小枝」の名に改名した。なお小文枝時代の師匠に「師匠、そろそろ文の字を僕にください!(要は師匠に文枝の名を襲名してもらい、次期「文枝」が確約される小文枝の名跡に取り上げてほしいということ)」と直訴したところ「よっしゃ、ほんならお前は今日から桂文小枝や!」とあしらわれたというエピソードも存在する。

新人時代は、顔に真っ白なドーランを塗り、ちょんまげのかつらをつけて落語をし、座布団、畳などを人差し指一本で廻すという特技を披露していた。(通称「白塗り落語」
また、吉本興業にも所属しており、同期には明石家さんま島田紳助オール巨人など大御所揃い。紳助とは「青木君」「長谷川君」と本名で呼び合う仲である。

「ナイトスクープ」では探偵として活躍し、一風変わったスポット・テーマパークを紹介する「パラダイス」や、視聴者からのどうでもいい様な話題をまとめた「桂小枝の小ネタ集」などを担当している。
特に1993年12月、当年最後の回の締めくくりとなった「謎の爆発卵!?」いわゆる爆発卵の調査はローカルの深夜番組でありながらも30.5%もの視聴率を叩きだすという快挙を成し遂げている。

兄弟弟子に6代目桂文枝(桂三枝)、きん枝、文珍などがいる。ポジション故かデビューから30年以上弟子を持たなかったが、近年ついに弟子をとった。本人は「師匠」呼びより「兄さん」と呼ばれる方が良いらしいが、これで名実ともに「小枝師匠」である。

関連タグ

探偵!ナイトスクープ 笑点 シオアル

pixivに投稿された作品 pixivで「桂小枝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63059

コメント