ピクシブ百科事典

三遊亭小圓遊

さんゆうていこえんゆう

三遊亭小圓遊は、落語家である。ここでは4代目について述べる(メイン画像下段右)。

概要

本名:関根 尚雄
1937年8月3日生まれ、1980年10月5日没。

1955年、4代目三遊亭圓遊に入門し、三遊亭金遊を名乗る。
1964年からラジオ番組のレギュラーとして人気となり、1966年に「笑点」が放送開始されると、前身番組の「金曜夜席」のレギュラー陣(7代目立川談志、5代目三遊亭圓楽桂歌丸、初代柳亭小痴楽林家こん平)に混じって参加する(「金曜夜席」のレギュラーだった柳家きん平が直前に自殺したため、その後任として)。
1969年に談志と対立し他のレギュラー陣とともに一旦は降板するが、談志が降板すると歌丸とともに復帰。
その歌丸とは「ハゲ」となじると「オバケ」と返されるなど、常に罵倒合戦を展開させたが、実際は仲が良かった。
しかし、笑点のキャラにプレッシャーを感じた結果酒に溺れ、1980年に公演先の山形県で倒れ、43歳の若さで息を引き取る。偶然この日は笑点ハワイ公演の放送日であり、「三遊亭小圓遊さんは本日亡くなりました」のテロップは多くの人を仰天させた。後々公演に同行していた木久扇がこの時のことを語っている。
なお小圓遊の名は初代や3代目も公演先で客死していることから、縁起が悪いとして以後封印されている。

関連記事

親記事

落語家 らくごか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三遊亭小圓遊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2493

コメント