ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

本名河村靜也
生年月日1943年7月16日
出身地大阪府

来歴

関西大学在学中に、三代目桂米朝の落語をラジオで聴いたのをきっかけに、興味を持ち当時出来たばかりの落語研究会に入部。

ロマンチックをもじった「浪漫亭ちっく」という高座名でアマチュア落語家として活動を始め、ラジオ番組に出演するなど、関西では早くも有名になっていた。

1966年に桂小文枝(当時、後の五代目文枝)に弟子入りし、三枝と名付けられる。名は三番目の弟子であったことからだが、兄弟子二人は早くに廃業し、現在は総領弟子となっている。

弟子入り翌年にはMBSラジオの人気番組「MBSヤングタウン」に出演し、その後1969年からはMBSテレビの「ヤングおー!おー!」で一躍ブレイクを果たすと、数多くのテレビ・ラジオ番組に出演し、人気は全国区になった。特に1971年の番組開始から2022年に「歳をとり、結婚する世代の話がやりづらくなった」として藤井隆に託して降板するまで51年間出演を続けた『新婚さんいらっしゃい』は有名で、番組内で使われる「いらっしゃーい」は名台詞。


本業の落語では主に創作落語(新作落語)を中心に発表している。2000年代からは落語家としての活動に軸足を移し、2002年からは上方落語協会会長を務め、上方では50数年ぶりとなる落語専門の定席寄席「天満天神繁盛亭」敷設にも助力した。2012年上方落語で大名跡である文枝を襲名し、六代目桂文枝として現在活躍中。


余談

テレビのバラエティ番組ですっかりお馴染みとなった箱の中身を手探りで当てる、箱の中はなんだろな?ゲームや、叩いて・かぶって・じゃんけんぽんは三枝が考案したもの。


明石家さんまを今に至るお笑いスターにまで成長させるきっかけを与えた人物でもあり、さんまは分枝襲名披露にて落語家として舞台に上がるなど、非常に深い恩義を感じている。

さんま曰く、叱られるときに何故か「いらっしゃーい」のポーズで呼びつけられたという(分枝はそれは脚色と言いながらもした覚えがあるなど曖昧な形で夢を持たせている)。



生後11ヶ月で父が出征した後に病死した為、父親を全く知らずに育っており気が付くともう70年の時が過ぎていた。NHKのファミリーヒストリーで彼の家系から謎だった父親の事が判明していく。実は父の遺骨は長年所在不明だったのだが、番組の調査で大阪府天王寺区真田山の陸軍墓地の納骨堂に安置されていた事が判明。所在不明だったのはそこに安置された遺骨が長年調査されていなかった事によるものであった。番組の数年前に安置されていた遺骨群の再調査がされた際にようやく判明したとのこと。そして後日納骨堂を訪れた文枝は父との70年ぶりの対面を果たし涙した。



関連タグ

新婚さんいらっしゃい

世界のナベアツ(弟子入りし、桂三度として活躍中)

関連記事

親記事

落語家 らくごか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました