ピクシブ百科事典

平成狸合戦ぽんぽこ

へいせいたぬきがっせんぽんぽこ

「平成たぬき合戦ぽんぽこ」とは、スタジオジブリによるアニメ映画作品である。
目次[非表示]

タヌキだってがんばってるんだよォ
 

概要

1994年7月に東宝の配給で公開された。原作・監督・脚本は高畑勲

一応、杉浦茂の「八百八狸」が原作と言えるかもしれない。

(たぬき)の正吉を中心とした群像劇で、開発が進むニュータウンを舞台に、その一帯の狸が長く忘れられていた「化学(ばけがく)」を駆使し、四国佐渡から狸の長老を招いて人間に対し抵抗を試みる様子を描く作品。
スタジオ内の初のCG使用、そして初の実写使用作品でもある。また、タイトルも「の」の字の法則に則ってない。

アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得した。

解説

語り口こそコミカルながら、メッセージ性が強くハードなテーマを持つためか、テレビ放映が少ない不遇の作品。しかし、咄家による軽妙なプレスコは秀逸で、キャラクターがいきいきと描かれている。アニメの利点をフルに活かした、文字通り変幻自在の妖怪パレードは圧巻。
高度経済成長の時代に生きる狸たちが、空回りしつつも生き延びるため必死に頑張る有様は、面白うてやがて悲しき。物語はコミカルな序盤から次第にシリアスな展開を見せ、クライマックスの妖怪パレードを経て、怨嗟と悲しみを謳いつつもわずかながら救いを感じさせるラストへと向かう。

人間を殺せたことを能天気に喜ぶ狸達の無邪気な残酷さ、決死の覚悟で敢行した狸達の策すら経済活動に利用しようとする人間の悪辣さ、狸・人間を問わず徹底して淡々と描かれる死の描写、生きていくためには弱い仲間を見捨てて自分達の居場所を奪った「敵」に寄生せざるを得ないという残酷な選択を突きつけられる結末など、高畑監督の持つ冷徹なまでのリアリズムが随所に伺える。

人と自然のかかわりを考えさせられることはもちろん、変化狸たちの一部がやがて暴走を始め、機動隊に容赦なく叩き伏せられる様や、描いた理想を実現できずやがて社会に飲み込まれていく現実は、70年代の学生運動の末路を彷彿とさせる等、高邁な理想を掲げて立ち上がった筈の集団がその性質ゆえに必然的に破滅し、体制に押し潰されていく過程を克明に描き出した組織論の映画とも読み解ける。
見る人の年齢や立場によってさまざまな感慨を抱かせる名作であり、是非もっと放映されてほしい作品である。外国人でも、本作がジブリ作品で最も好きだという人もいる。

滑稽でありながらどこか物悲しい狸たちの生き様、そして実に呆気なく描かれる死に様は、彼らの全てを否定しながら「人間と獣の共存」などという綺麗事を並べる我々人間の傲慢と独善を容赦なく暴き立て、時代に流されることに慣れ切った感性に何か重たいものを投げかけてくる。

ちなみに、ジブリ作品で初めて「四季」を描いた作品でもある。また、狸達による化かしのシーンには、歌川国芳 (合体じゃんけん) やマウリッツ・エッシャー (騙し階段) 等へのオマージュが込められている。

予告やオープニングでコミカルな描写が多く、後半との温度差が激しいためジブリでも群を抜いて予告詐欺である(いい意味で)。

上々颱風(シャンシャンタイフーン)の「いつでも誰かが」がエンディングの主題歌に使われた。

制作のきっかけは、『紅の豚』制作中の宮崎駿監督の「俺が豚をやったんだから、高畑さんには狸をやってもらおう!」という一言。(「シブリの教科書」より)
また、狸たちのモデルは高畑監督やと昔の同僚達で(論理的な正吉は高畑勲監督がモデル、熱血漢な権太は宮崎駿監督がモデルで、多摩の狸たちは東映動画時代の高畑・宮崎監督とその同僚達。文春ジブリ文庫「ジブリの教科書8」)、初めて試写を見た宮崎監督はずっと泣いていたという。

2019年4月5日にテレビ放送されたが、その数日前の4月1日平成から変わる新元号令和が発表されており、タイトルに「平成」を冠したこの作品に過ぎ去る時代と重ねて再び注目を浴びた。

あらすじ

かつて東京都多摩丘陵は緑あふれる豊かな土地だった。
しかし近代化の波にのまれ、豊富な自然は新興住宅地「多摩ニュータウン」の建設によって大部分を開拓されてしまい、そこに住んでいたタヌキたちも残った僅かな緑を巡って争うようになっていった。
そんなさなか、火の玉のおろく婆の警告によりいよいよ棲みかが危うくなっていることを知り、タヌキたちは族長会議の末に「化学(ばけがく)」の復興による変化術の習得により、人間たちを脅かして多摩丘陵から追い払う計画を建てる。
だが呑気でお調子者なタヌキたちに、人間駆逐への道のりは険しく…。

主な登場人物

狸達の状態は、本来の動物の姿の「本狸」、メイン形態の「信楽ぶり」、後述の気の抜けた状態の「杉浦狸」に分類される。

  • あくまでも狸(と狐)視点の描写であり、変化をしない限り人間達には「本狸」にしか見えていない。

正吉(CV:野々村真
本名影森の正吉。主人公。落ち着いた性格で変化も得意。若狸たちの実質的なリーダー的存在。
おキヨ(CV:石田ゆり子)
本名縁切り寺のキヨ。正吉の妻となる。
鶴亀和尚(CV:5代目柳家小さん
ぼたもち山万福寺に住み着く狸。年齢は105歳で、多摩のタヌキの長。
火の玉のおろく
鶴亀和尚と並ぶ多摩のタヌキの長格。人間文化と化学に精通しており、若手を牽引する。
権太(CV:泉谷しげる
本名鷹ヶ森の権太。鷹ヶ森一帯のタヌキの頭。血の気が多く、人間を激しく憎んでいる。
青左衛門(cv:三木のり平)
鈴ヶ森の長老。権太とは敵対関係だったが和解。
ぽん吉(cv:林家こぶ平(現9代目林家正蔵))
正吉の幼馴染。変化できず、自身も狸らしい生活をしたいと思っている。
文太(cv:村田雄浩)
本名水呑み沢の文太。二つ岩団三郎狸をたずねて佐渡へ旅立つ。
玉三郎(cv:神谷明)
本名鬼ヶ森の玉三郎。六代目金長に助力を求めるため、四国に旅立つ。やたらイケメン美声な狸。後に金長の娘と結婚し、七代目を継ぐ。
佐助(cv:林原めぐみ)
眼鏡をかけたインテリ狸。しかし、少々怖がりなところがある。
六代目金長狸(CV:3代目桂米朝
徳島県小松島市にある金長大明神の主。玉三郎から多摩の狸たちの窮状を聞き、屋島の禿、松山の刑部とともに駆けつける。地元で長年崇拝を受け続けてきた自身から、変化の力を見せつけることで人間の狸に対する畏敬を取り戻せるとし、妖怪パレードを打ち上げる。
太三朗禿狸(CV:5代目桂文枝
屋島に住む狸。年齢は999歳で、屋島の戦いを見物していたといい、那須与一が扇を射抜く名場面を再現して見せる。
隠神刑部(CV:芦屋雁之助)
愛媛県松山市の狸で、八百八狸を統率している。江戸時代には松山藩の御家騒動に関与した。強力な神通力の持ち主で、妖怪パレードでは命がけの大変化を繰り広げる。
竜太郎(cv:福澤朗)
多摩堀之内の変化。狸と同じく住処を失い、人間として生活している。同じ変化狐を従業員としてクラブを経営しており、金長を店に招待して、多摩の狸が生き残るためには人間暮らしをするしかないと説き、人間と手を組むよう持ち掛ける。その裏ではちゃっかり一枚噛むことを目論んでいた。
語り(CV:3代目古今亭志ん朝)
終盤で、正吉が回想して語っていることが判明する。

余談

  • 狐七化け、狸八化け、貂の九化け、やれ恐ろしや」の諺にある通り、の方が化け比べでは格上だとされるが、本作ではクローズアップされなかった。
  • 妖怪大作戦は、隠神刑部の松山のお家騒動の際に八百八狸によって行われた騒動に倣っている(参照)。
  • 妖怪パレードのシーンではトトロキキポルコ・ロッソなどのジブリキャラがカメオ出演している。
  • 今では有名声優の森川智之関智一神谷明江川央夫高山みなみなどもちょい役で紛れ込んでいる。プロの声優を起用しているのも、後期のジブリ作品にはあまり見られない。
  • 権太役の泉谷は何の因果か後年「タヌキ」が主役の映画で再度人間に敵意を抱くキャラを演じることになった。
  • 実は登場した金長狸を祀り、作中でも舞台として描かれた金長神社周辺一帯の整備と公園製造に伴い取り壊されてしまう危機にあるこれを回避するために地元民や本作のファンが神社の存続を求めており、署名運動も行われている。
  • 補陀落渡海」こと「死出の旅」のシーンであるが、同乗していた七福神の正体は不明であるが、特攻していった狸達同様、変化狸の全てが「生」を選んだ訳ではないとも考えられる。強硬派の狸達の顛末も、見ようによっては「生」を捨てたとも捉えられる(参照)。
  • つるべ落としとなった狸達を轢いたトラックの名前は「極楽丸」である(参照)。
  • 隠神刑部が落命した際に降臨なされた如来の一団のモデルは、高畑監督が後の作品でも引用した構図と同じである(参照)。
  • 最初は「四国を舞台とした八百八狸vs妖狐」を描く予定だったが、「人間を源氏として捉えた源平合戦」になったという(参照)。また、当時は「平家物語」の映画化も進めていた(参照)。屋島禿狸の伝承とも合致しており、那須与一の場面などにもその名残が見られる。こんな意見もある。
  • 妖怪大戦争の一部のBGMは、自然破壊や主役(の一部)がイヌ科だったりとテーマが似ている「もののけ姫」のデイダラボッチの暴走するシーンにも似ている。
  • 狸達が人間に化けて木に抱き付いて人間に抗議する場面は、世界遺産白神山地が日本最初の世界遺産に登録されるきっかけとなった、自然保護団体の団員が国道建設に反対して木に抱き付いた場面へのオマージュとも取れる。
  • 本作には「銀河鉄道の夜」や「双子の星」、「星めぐりの歌」、「風の又三郎」など宮沢賢治の作品の要素も随所に見られる。
  • 物語の主な舞台となった多摩ニュータウンは2010年以降、少子高齢化の煽りを受けて高齢者世帯が集中し、土地や建物を持て余してその一部が廃墟化しつつある。また、山を削って造成した土地ゆえに坂が多いため、足腰の弱った独居老人などがいわゆる買い物難民と化しているケースも少なくなく、現在対策が急がれている。こうした昨今の事情も踏まえて鑑賞すると、本作の無常感がより際立つのではなかろうか。
  • なんの因果か、平成をタイトルに持つ本作に登場した「狸年」の一つがぽんぽこ31年である。
  • 耳をすませば」と舞台を共にしている(参照)。「となりのトトロ」も多摩を舞台の一つとしている。

関連タグ

アニメ映画
ジブリ
高畑勲
/タヌキ/化け狸
水木しげる…言わずと知れた妖怪漫画の御大。制作に協力し、本人役が登場している
ゲゲゲの鬼太郎…高畑監督は2期鬼太郎で狸妖怪あしまがりの回を担当している(参照)。シリーズにおけるあしまがりと刑部狸のデザインも、元は同じである。高山みなみも後に5期鬼太郎を演じた。隠神刑部団三郎狸は両シリーズに登場/言及されている。また、火の玉のおろく婆の他、釣瓶落とし海坊主等にも水木氏のデザインが光る。また、4期鬼太郎は「ジブリっぽく」という水木氏からの要望で作風が決まった。
杉浦茂…杉浦氏の八百八狸のデザインが、本作の気の抜けた状態の狸達のデザインに流用された。
徳間康快…ジブリ作品の他、平成ガメラシリーズなどを含む言わずと知れたヒットメーカー。本作にも携わっている。

関連記事

親記事

高畑勲 たかはたいさお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平成狸合戦ぽんぽこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 461337

コメント