ピクシブ百科事典

隠神刑部

いぬがみぎょうぶ

隠神刑部とは、日本三大狸話の一つ『松山騒動八百八狸物語』に登場する著名な変化狸である。
目次[非表示]

概要

刑部狸」や「伊予の刑部」と呼ばれる事もある。

日本三大狸話の一つであり、他の二つと異なる趣を持つ『松山騒動八百八狸物語』に見られる化け狸の一族の長であり、太三郎狸金長狸と共に四国三名狸に数えられる。

「いぬがみぎょうぶ」と読むが、犬神とは無関係 (狼は敵)。「刑部」は松山城主の祖先から貰った位段。

モデルは、大宝寺の住職の斎秀だという説もある。

隠神刑部


飛鳥時代から存命であり、化け狸どころか日本の妖怪でも相当の地位にある。というか、に分類される。四国最強とも言われる強大な霊力と神通力を誇り、松山の守護と繁栄になくてはならない存在だった。

松山城や松山地域の守護神であり、民に広く愛された八百八狸の総帥。八百八狸は全員が彼と彼の奥方の子孫である

だが、「享保の大飢饉」に起因する松山藩の御家騒動に巻き込まれ、上代家老の奥平久兵衛率いる謀反側に利用されてしまった。狸の天敵の狼に育てられたとされる後藤小源太、宇佐八幡大菩薩 (別バージョンでは山本五郎左衛門)から賜った神杖や山内与兵衛霊を宿す霊刀菊一文字というチートアイテムを持った妖怪キラーである稲生武太夫、等との因縁も始まり、八百八狸は本来の拠点である久万山の岩屋に封じられてしまった。

そして、八百八狸を悪事に利用した奥平久兵衛は倒され、御家騒動が終息した。

隠神刑部をモチーフとしたキャラクター

日本征服だポン!!


  • 刑部狸 (『ゲゲゲの鬼太郎』):団三郎共々、悪役であるバージョンとそうでないバージョンがある。八百八狸はシリーズでも最強クラスの敵勢力であるが、全員が雄である。団三郎が部下であるバージョンとそうでないバージョンがある。

ぎょうぶさま


  • 隠神刑部 (『平成狸合戦ぽんぽこ』):多摩丘陵の開発で行き場をなくしつつあった同地の狸達の協力要請を受け、太三郎狸や六代目金長狸と共に四国から救援に集った三長老の一人 。他の長老二人と共に、四国では人間達から神格として崇められている。松山の御家騒動のことを深く悔いており、同族達のために力を奮うも、力を使い果たし志半ばに倒れ、正義に殉じた。だが、無事に魂は神仏に迎えられた。
    • なお、佐渡島の団三郎狸は残念ながら戦後に人間に殺されてしまったと語られ、太三郎狸も力及ばず人間の横暴を許すままならぬ世に絶望し、玉袋を変化させた宝船で同様に世を嘆く狸達とともに死出の旅へと去ってしまったため、後代である六代目金長以外、つまり劇中で名前の挙がった有名な化け狸の本家自身は全員世を去ったことになる。

隠神刑部 玉章


外部リンク

関連タグ

化け狸
日本三大狸話…『松山騒動八百八狸』・『証城寺の狸囃子』・『分福茶釜』 (全て寺に縁がある)
日本三名狸…太三郎狸団三郎狸芝右衛門狸

pixivに投稿された作品 pixivで「隠神刑部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10036

コメント