ピクシブ百科事典

怪物事変

けものじへん

怪物事変とは、藍本松による漫画作品。『ジャンプSQ』にて連載中。
目次[非表示]

ストーリー

とある田舎で家畜の連続変死事件が発生する。
調査のため東京から呼ばれた「隠神」と名乗る探偵は、
「泥田坊」と呼ばれ、村中から虐げられている少年と出会う。
何故か隠神に気に入られて調査を手伝うこととなった泥田坊は、
その過程で"怪物(けもの)"の存在や、自身の正体を知ることとなる。

そして、隠神の機転により、『日下夏羽』として東京にて隠神の
怪物相手の探偵家業を手伝うこととなるのであった。

登場人物

日下 夏羽
主人公。13歳。両親はおらず叔母の家で育ったが、その正体を知らされていた叔母を初め、村中から迫害を受けていた。農作業でいつも泥まみれなことから『泥田坊』とあだ名され、まともな教育は受けていない。隠神に拾われてからは探偵事務所で働くこととなる。
育った環境のせいで自身の感情が希薄で、恐怖や嫌悪と言ったものを持っていない。また、まともな教育を受けていないので、極端に常識や世間を知らない。ただし、根は善良で困っている相手を放っておけない性格。

実際は人間ではなく「屍鬼(クーラー)」と人間のハーフ。血と痛覚が無く、強靭な身体能力と再生能力を持つ。
『命結石』と呼ばれる怪異の衝動を抑える石を両親から遺されている。当初は自身が捨て子と信じて疑わなかったが、隠神と出会ってからは両親に再会することを目標としている。

隠神 鼓八千
隠神探偵事務所の所長。怪物と人間の仲立ちをしており、怪物に関する"何でも屋"を自認する。飄々としてつかみどころのない人物で、夏羽を始めとする所員達の保護者的存在でもある。
その正体は「化け狸」。自身の肉体を変化させたり、相手に幻覚を見せたりすることが出来る。

蓼丸 織
隠神探偵事務所の所員。年齢は14歳。
尖った外見と粗暴な言動に反して、仕事では慎重かつ冷静。
「蜘蛛(アラクネ)」のハーフで、粘性の高い糸を自在に操る能力を持つ。
歳や境遇の近い夏羽になにかと突っかかるが、次第に打ち解けていく。

岩木山雪里白那之五十六子 晶
隠神探偵事務所の所員。夏羽や織と同世代。
非常に可憐な容姿をしているが、れっきとした男。織とは違い、最初から夏羽のことを歓迎している。性格は明るく社交的だが繊細で、汚いもの、怖いもの、グロテスクなものが苦手。
生き別れた双子の兄を探している。
「雪男子(ユキオノコ)」と呼ばれる怪異であり、水を凍らせる事が出来る

飯生 妖子
怪物でありながら警察に権力を持つ女性。階級は警視。その容姿で周囲を虜にしている妖艶な美女。
隠神とは一応の協力関係にあるが、目的のために手段は選ばない冷酷な性格。結果として人間の味方をしてはいるが、それはあくまで怪物に必要だからである。
正体は強力な「化け狐」で、警察署の人間は彼女に誑かされている。


飯生の部下で、彼女を母親のように慕う「化狐」の少女。
真面目で努力家だが非常に不器用で感情表現がストレート。飯生の命令を受けて『命結石』を手に入れるべく夏羽等を襲撃するが敗北した。現在は公園に寝泊まりしながら強くなることを目指して修行している。
夏羽のことは、当初こそターゲットとして狙っていたが、飯生がその任務(と紺)への興味を失ったことで戦う理由がなくなる。以後は無自覚に好意のようなものを抱くことになる。

野火丸
飯生の元で働く「化狐」の少年。
礼儀正しい少年で、飄々として掴みどころがないが、時折冷酷ともとれる言動がある。
紺不在の間に新しく稲生の部下となっており、その命を忠実にこなす。

ミハイ
「吸血鬼(ヴァンパイア)]の男。極端に機械オンチな隠神に代わって、隠神探偵事務所の情報通信技術を担っている。不老で半不死であると同時に高い知性と強力な怪力の持ち主。
暇が嫌いな性分で、あらゆるものを学びつくした結果やることがなくなり、現在はオンラインゲームにはまっている。
普段は隠神探偵事務所の一室に引きこもっており、晶や織ですらその存在を知らなかった。
尊大で場を引っ掻き回すのが大好きな性格。

関連タグ

ジャンプSQ  藍本松

pixivに投稿された作品 pixivで「怪物事変」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87121

コメント