2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細

アラクネ

あらくね

アラクネ(Arachne)とは、ギリシャ語で「蜘蛛」「蜘蛛の巣」を意味する単語、またはギリシャ神話に登場する女性である。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. ギリシャ語で「蜘蛛」「蜘蛛の巣」を意味する単語。
  2. ギリシャ神話に登場する女性。本項で記述。
  3. ソウルイーター』に登場するキャラクター⇒ アラクネ・ゴーゴン
  4. ブレイブルー』シリーズに登場するキャラクター。 → アラクネ(ブレイブルー)
  5. サガフロンティア』に登場するキャラクター。 → アラクーネ
  6. 神羅万象チョコの第七弾『七天の覇者』に登場するキャラクター。→陸震妖姫アラクネ
  7. 蜘蛛ですが、なにか?』に登場するキャラクター。
  8. MARVELのキャラクター。本名はジュリア・カーペンター、二代目スパイダーウーマンからアラクネに改名し、後に二代目マダム・ウェブを襲名。
  9. モンスター娘のいる日常』に登場するキャラクター。 →ラクネラ・アラクネラ
  10. 怪人開発部の黒井津さん』に登場するキャラクター。 →機織怪人アラクネ
  11. Yes!プリキュア5』に登場するキャラクター。 →アラクネア


もしかして→あらくれ

ギリシャ神話のアラクネ

古代ローマの詩人オウィディウスの作品『変身物語』に登場。
それによるとリュディア(現在のトルコ西部)に住む染物屋の娘で、優れた機織りの技術を持っていた。機織りの女神でもあるアテナにも勝ると慢心したため、アテナは老婆の姿を借りて身の程を弁えるように忠告したが耳を貸さなかった。アテナが正体を現しても臆せず、機織りの勝負を挑んだという。

アテナは神々の威光と、神々に挑んだ人間が神罰を受ける様子を織り上げてアラクネの不遜を諭そうとした。それに対して、アラクネはゼウスをはじめとする神々が人間の女たちを誘惑するスキャンダラスな光景を織り上げた(露悪的で決して良い趣味ではないが内容は全て事実である)。その出来はアテナといえども文句をつけることのできないものだったが、神々の非を暴いた内容は許しがたく、激怒して織物を引き裂き、アラクネを杖で打ち据えた。

アラクネは屈辱のあまり首を括って自殺したが、アテナによって蜘蛛に変えられ生き続けることになる。それ自体がさらなる神罰だったとも、彼女に同情しての仕置きだったともいう。いずれにせよ蜘蛛と化した彼女はその後も糸を紡いでは機織りを続けたという。

機織り対決そのものの勝敗は明確ではない。
ただアテナが人間相手に技量で圧倒できなかったうえ、八つ当たりの暴力で作品ごとズタボロにするという言語道断の暴挙に出ている以上、公正な審判を下すならアテナの反則負けが宣告されざるを得ないだろう。

現代の創作物では、ダンテの『神曲』で女性と蜘蛛が融合した怪物(モンスター)として登場することから、本来の神話から離れただの「怪物の1種族」として描かれることが多い。その場合は上半身が女性、下半身が蜘蛛という姿が一般的である。

pixivの森 かじってみた
蜘蛛女さん


なお、『女神転生』シリーズでは伝統的に「アルケニー」と表記されており、「蜘蛛女」としてのアラクネを描いた作品には、同名のキャラクターとの重複を避ける目的でこちらの表記が付記・併記されることもある。
英語っぽい表記では「アラクニー」になる。

関連タグ

ギリシャ神話 蜘蛛 蜘蛛の巣
蜘蛛女 虫娘蟲娘
モンスター娘魔物娘
絡新婦女郎蜘蛛アルケニー
毒蜘蛛座のアラクネ ラクネラ・アラクネラ
アラクネア
TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す~ヘンダーソン氏の福音を~…アラクネ娘がヒロイン

関連記事

親記事

変身物語 へんしんものがたり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18187809

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました