ピクシブ百科事典

アドニス

あどにす

ギリシャ神話における人名。ギリシャ神話を代表する美少年の一人。欧米では「美少年」の代名詞として用いられる。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. ギリシャ神話の一柱。
  2. キンポウゲフクジュソウ属の。和名はセイヨウフクジュソウ。花言葉:愛の深さ。
  3. ベルセルク』の登場人物。→アドニス(ベルセルク)
  4. 仮面ライダーゴースト』の登場人物。→アドニス(仮面ライダーゴースト)
  5. コードネームはセーラーV』の登場人物。→怪盗A
  6. あんさんぶるスターズ!』の登場人物。→乙狩アドニス
  7. Knight_Night」の登場人物。
  8. ドラゴンクエスト アベル伝説』の登場人物。名前は2に由来。


概要

美と愛の女神アフロディーテに愛された、ギリシャ神話を代表する美少年の一人。
母ミュラーの女神に匹敵する美しさを受け継いでいる。
欧米では美少年」の代名詞として用いられ、映画に登場する美少年役などを「アドニス役」と呼んだりもする。

物語

出生

アドニスはシリアの王(キュプロスの富豪とも)キニュラースとその王女のミュラーとの息子。アフロディーテを崇拝しなかった罰として、ミュラーは実の父親に対する抑えがたい恋心を抱くようになり、一計を案じて契った。事情を知って激怒した父の追手から逃れるため、ミュラーは神の慈悲で没薬の木に変じてしまった。だがミュラーは実父との間にできた子供をみごもっており、やがて月が満ちると樹皮が裂けて生まれ落ちたのがアドニスである。

アフロディーテとの恋

美しい青年に育ったアドニスに、女神アフロディーテが恋をした。誤ってエロスの矢で己を傷つけ、その直後にアドニスを見てしまったためと伝わる。彼が生まれた原因がアフロディーテによる神罰なのだから因果なものである。

アドニスは山野を駆け回って狩りすることを好み、それにいつかアフロディーテも同行するようになった。女神はアドニスが危険な狩りで命を落とすことを恐れ、狼や猪のような猛獣は避けるように戒めていた。だが狩りに夢中のアドニスはそんな忠告に耳を貸さない。アフロディーテが所要で離れている隙にアドニスは巨大なイノシシに襲われ、これを槍で屠るもののイノシシの牙を浴びて致命傷を負ってしまう。

駆けつけた女神は虫の息のアドニスを抱き、神酒ネクタルをかける。自分がアドニスと彼を失った悲しみを決して忘れないように、人々も二人の愛を忘れないよう、流れた血から花を生み出す、そう女神は宣言した。これがアネモネの花であるという。
それゆえアネモネは、優しい風に花を咲かせ、再び風を受けると散る、はかなく美しい花なのだそうだ。

アフロディーテとペルセポネの取り合い

異説では、アフロディーテは生まれたアドニスをペルセポネに一時預けた。
しかし美しく育つこの少年に情が移り、ペルセポネはアフロディーテに返すのを惜しんだという。
そこでゼウスの仲裁で二人の女神が数か月づつ交互にこの青年を手元に置くこととした。
さらに異説では、アフロディーテがアドニスをずっと手放さなかったため、
ペルセポネがアフロディーテの愛人アレスに二人のことを告げ、
嫉妬したアレスが猪に変じてアドニスを殺したのだともいう。

関連タグ

変身物語

関連記事

親記事

変身物語 へんしんものがたり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アドニス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349172

コメント