ピクシブ百科事典

ペルセポネ

ぺるせぽね

ギリシア神話における春の女神、花の女神にして冥界の女王でありハーデスの嫁。
目次[非表示]

概要

ペルセポネとはギリシャ神話女神の名である。日本語のカナ表記ではギリシャ語φのカナ表現の仕方や長音を省略するかどうかによってペルセフォネペルセポネー等とも書く。

大神ゼウスと豊穣の神デメテルとの娘である。元々の名はコレー(乙女を意味する)という。母神を助けてを咲かせる、あるいは花に彩を与えるといった権能を持つとされる。後に冥王ハーデスの妻となったため、冥府の女王として死者の減刑や赦免などの権能をも果たすようになった。ペルセポネというのはこの時ハデスから与えられた名である。コレーはハデスがくれたこのペルセポネという名を気に入っており大切にして名乗る時にもこちらを使っている。リア充め爆ぜろ。

神としての地位はハデスに次ぐ冥界第二位の実力者。またオリュンポス十二神に数えることもある。ギリシアの異端教団オルフェウス教では、ディオニュソスと共に主神として崇拝された。ローマにも伝わったが、ローマ神話には本来対応する神が存在しなかった。そこで、ペルセポネをローマ風にプロセルピナと呼んで、神話ともどもローマの神の一柱としても取り入れられた。

神話

冥界下り

冥界下りはペルセポネの神話として最も有名なハデスにさらわれる神話である。シチリアにて母デメテルやニンフたちと幸せに暮らしていたペルセポネであったが、ある時ハデスに見初められた。暗く悲しみに満ちた冥土に倦んでいたハデスは、地上でも一際明るく生気に溢れた花の女神に恋し、自らの領国へ連れ去る。デメテルは悲嘆にくれてペルセポネを探して彷徨い、やがてハデスが恐ろしい冥土に連れ去ったという真相に気づいてゼウスの元に抗議に向う。しかしゼウスは三界の王の一人たるハデスに不足はなく、自らが認めた婚姻であると宣言する。一説では略奪そのものもゼウスが協力、あるいは計画したともいう。デメテルは激怒して家に篭り、女神の恩寵を失った大地は荒れ果てて民は飢え苦しんだ。

この惨状をどうにかしようと思ったゼウスはヘルメスを冥土に送ってペルセポネ返還の交渉に踏み切る。一方のハデスとペルセポネはあまり上手くいっておらず、ハデスの丁重な扱いにもペルセポネは応じなかった。しかし月日を重ねるにつれハデスの純粋で優しい態度に少しずつ心を開いていく。そしてついに、ペルセポネがハデスに少しだけ心を許しかけたその日、ヘルメスが来てしまった。
ハデスは地上の惨状を聞き渋々ペルセポネを帰そうとする。ところがどっこい、ペルセポネはハデスの執事の一人(亡霊)に勧められたザクロを四粒口にしてしまっていたのだ。
(あるいはヘルメスが勧めた、とも。)

冥土の食物を口にしたならば、冥土に住まねばならない、これは神々の掟であった。神々は(主にハデスとデメテル)はペルセポネをどうすべきかについ激しく争ったがついにヘスティアが12粒のうち4粒を口にしたことから一年のうち1/3を冥土で過ごすべしという裁定を下した。ペルセポネが地上を離れている間デメテルは悲しんで大地は冷え荒れる、これがの始まりであるという。そして毎年ペルセポネの帰還が大地に芽吹きをもたらし、彼女はの女神とも呼ばれるようになった。この一件のあと、ペルセポネはハデスに惹かれ、良好な夫婦生活を送ったとされる。子供もできている。

しかしこの裁定、デメテルとハデスにとってはデメリットもあるが、結果的にペルセポネに対してはなんのデメリットもないのである。春夏秋を母デメテルと過ごし冬を冥界にて愛しいハデスと過ごすという、ペルセポネに対してはメリットしかない制定なのである。

意外な事実

元々は、彼女が冥界の女王でハデスに拉致られた寓話はプルートを男性神に性転換した際に作られたものであり、名前の意味は破壊するものである

そのほかの神話

冥界の女王としては、オルフェウスエウリディーチェの神話、シシュポスの冥界帰りの神話のように死者への寛大な処遇やもしくは復活をハーデスに嘆願して適える役目が多い。ハーデスがメントというニンフと浮気をした、あるいは誘惑されたという事件では、怒ってこのニンフを雑草(ミントと呼ばれるハーブのこと)に変えてしまったという。この事件はハデスを溺愛しているペルセポネが嫉妬したことが原因であるとされる。
(また、嫉妬ではなく同情心からミントに変えて逃した、とも。)

古代ギリシャ国家アテネにおけるデメテル神の祭典エレウシス秘儀においても、娘神として重要な役割を担っていた。秘儀参加者は、死後罪から許されて楽園エリュシオンに導かれるようペルセポネに祈ったのである。ハーデスが峻厳で公正な処罰を司っていたのに対して、ペルセポネは特例による救済を担当していたのだ。

なお、春の夜空に輝く乙女座は、翼のある春の乙女、すなわちペルセポネを表しているとも言う。

あと、「嫁にするなら我が娘で最も高貴なペルセポネを何故選ばない」などという神託を下したゼウスのせいで嫁探し中のペイリトオスに略奪されそうになったことがあるが、ハデスが機転を利かせて事なきを得ている。
ゼウス懲りてねぇな!と言いたくなる話だが、この前日談としてペイリトオスとテセウスヘレネーを略奪されているので単純にペイリトオスとテセウスを始末したくて冥府送りにした可能性も否めない。ハデスはペイリトオス達が来ること知ってたし。

関連イラスト

ギリシア神話の春!
良い夫婦の日


ペルセポネーちゃん



関連タグ

ギリシャ神話 女神
ペルセポネー コレー ペルセフォネ プロセルピナ
ハデペル プルート

ペルセポネをモチーフとしたキャラクター


女神転生シリーズにおけるペルセポネー

ペルセポネ


初出は『ソウルハッカーズ』で、種族は死神
神話での二面性を反映してか、左右真っ二つに引き裂かれた女性というデザインをしている。

メガテンシリーズは相対的にギリシャ神話系の神々の出番が少なく、ペルセポネーの出演作もソウルハッカーズの他には『ストレンジジャーニー』くらいしかなかった。
ただし『ペルソナ2』のPSP移植版では、追加されたシアターモードでボスを張っている。

パズドラにおけるペルセポネ

ぺるぺる
ペルセポネ



パズル&ドラゴンズ」に登場する神タイプのお姉ちゃん。新西洋神モンスターとして提供され、冥府の女王の特性を考慮したのか闇属性で、花の神らしく髪に花を飾っている。進化すると「冥府神・ペルセポネ」、究極進化すると「断罪の冥府神・ペルセポネ」となって副属性火と悪魔タイプを追加。

パズドラま!ではヘラ幼少編で登場。神話通りハデスの奥さんだが、神話以上にハデスの元に滞在する時間は短く年中旅をしているようだ。ヘラを溺愛している。

ロードオブヴァーミリオンにおいて

ペルセポネ



第三作「ロードオブヴァーミリオンIII」にて登場。
グラマラスな身体を包帯で巻いた美女で、冥界の女王としてのイメージを取って「不死」の種族で夫ハデスと共に参戦した。
・・・だが、外見通りと言うべきか、裏のプロフィールには「性格:考えるより先にパンチ」と書かれる程の武闘派。
夫の事も「任せちゃおけねぇ」「ヘタレた骨ジジィ」「ブッ飛ばして、あたしが冥界をシメる!」などと物騒である。
パーソナルデータにも「打倒:ハデス」と書かれているほどである。
これはハデスが本来気弱な性格でありながらも命を狙われる冥王の地位に君臨している事から、「彼にあった平和な隠居生活へ叩き落とす為」。
屈折してるが愛のある行動である。
また、決められた門限はちゃんと守って帰ってくるあたり、なんだかんだうまくいっているようである。

ゴッドオブウォー』シリーズにおいて

CV:甲斐田裕子
主人公クレイトスがオリュンポスの神々の使徒として仕えていた頃を描いた外伝『落日の悲愴曲』にて、物語の黒幕として登場。
本作では、自身を無理矢理妻としたハデスとそれを強いたオリュンポスの神々を恨み、タルタロスに囚われの身となっていたアトラスと結託してヘリオスを誘拐、彼の太陽の光を用いて冥界から世界を支えている柱を破壊させて、世界全体を巻き込んだ無理心中を目論んだ。

オリュンポスの神々の命令でヘリオスを探しに冥界へと訪れたクレイトスに対して、エリュシオンに住まう彼の娘カリオペとの再会を餌に彼の力を奪い、自分たちの邪魔をさせないようにしようとした。だが真実を知ったクレイトスは、カリオペの存在を守るために力を取り戻して立ちはだかったことで、普段のドレス姿から黒い羽と甲冑を身に着けて戦うことになる。死闘の末に、アトラスは壊した柱の代わりに世界を支えることになり、自身もクレイトスによって倒された。

この一件で、ハデスはクレイトスを深く恨み、クレイトスも神々への憎悪を募らせるようになる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ペルセポネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1439800

コメント