ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. SRPG『ファイアーエムブレム トラキア776』のキャラクター→ホメロス(トラキア776)
  2. TCG『デュエル・マスターズ』のクリーチャー→大作家ホメロス
  3. ドラゴンクエストⅪ』の登場人物→ホメロス(DQ11)

概要

長音を省略しない場合は「ホメーロス」となる。「人質」という意味。

ヘシオドス作を自称する『ホメロス伝』では「盲目」の意味だといい、

元々メレシゲネスという名前だったのが眼病で視力を失った後にこう呼ばれることになった、と語る。


古代ギリシャの二大叙事詩イーリアス』と『オデュッセイア』の作者。

この他にもホメロスに帰せられる『ホメロスの諸神讃歌』が遺されている。


生涯についてはわからないことばかりでく、正直なところ『イリアス』と『オデュッセイア』がホメロスという個人の作なのかすら断言できない。

なぜ人質を意味する名を持つのかも不明で、どこかの国で人質になったんだろう等と後付設定が付加されているのが文献に見られるだけである。

盲目であった、とされるが「盲目の詩人」というのは古代ギリシャでは詩人の紋切り型のイメージであり、実際に目が見えなかったのかはわからない。

出生地も不明で、古代ですら既に複数の候補地が名乗りを上げ本家争いをしていた。


仮に『イリアス』の作者をホメロスと見なすことにしても、『オデュッセイア』の作者は別人ではないか、と考える人もいる。

ただ、この二大叙事詩以外の「ホメロス作」の作品(『諸神讃歌』『蛙鼠合戦』『マルギーテース』)が実際にはホメロスの詩でないことについては現代において異論を挟む人はいない。

関連タグ

ホーマー(ホメロスに由来する人名)

アレクサンドロス大王(『イーリアス』の大ファン)

関連記事

親記事

詩人 しじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9462342

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました