ピクシブ百科事典

石川啄木

いしかわたくぼく

東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる
目次[非表示]

文豪とアルケミストに登場する同名人物は、石川啄木(文豪とアルケミスト)へ。

概要

岩手県出身の歌人詩人。本名は「一(はじめ)」。
1886年2月20日~1912年4月13日

中学生時代から短歌に傾倒し、投稿を始める。
『明星』で与謝野晶子らと同人になる。
一度は上京して出版社就職を目指すも、結核にかかったりでうまくいかず故郷に戻り、19歳で結婚。同時期に自費出版で初の詩集を出す。その後は代用教員などの職を得ながら地元から北海道にすんだり、再び上京したりする。
東京在住時には新聞社に勤めながら大逆事件への関心を深めたりするが、再び肺を悪くし1912年に結核で死去した。
三行分かち書きスタイルの短歌が有名。
歌集に『一握の砂』『悲しき玩具』がある。
交流のあった文人に、北原白秋若山牧水らがいる。

クズエピソードの宝庫

往年の文豪には何かと人間的にクズな逸話が多いものであるが、啄木は特に飛び抜けたうちに入る。
中原中也と並び、文豪二大クズと言われる太宰治を入れると3人)。高校生向けの国語教材に悪事を書かれるのはこの3人くらいである。
学生時代にカンニングはする、北原白秋に女遊びを教える、金田一京助に返す気もないのに莫大な借金する、世話になった与謝野鉄幹や京助の文句を「ローマ字日記」で書く、など例を挙げるときりが無い。

「働いても全然生活が楽にならない」という詩が有名だが、そもそも石川が貧乏だったのは単に金遣いが荒かったからであり、自業自得と言えるかもしれない。

それなのに何故かある種の人にとっては面倒を見てあげたくなる雰囲気があったらしく、またきょうだい唯一の男児であり幼い頃より病弱であったためか母には溺愛されていたようだ。
友人の金田一京助は家財や夫人の持ち物を売り払ってまで彼に援助していた。
京助の息子である春彦は啄木が来るたびに家のものがなくなって行くので、啄木のことを「石川五右衛門の子孫ではないか」と思っていたらしい。

あまり知られていないが、『一度でも我に頭を下げさせし/人みな死ねと/いのりてしこと』(俺様に頭を下げさせた奴はみんな死んじまえ)という句こそが、彼の気性を如実に物語っていると言える(かも知れない)。

ただ、彼の人間性が、彼の作品の質を落とすものではない。クズであると言われても仕方がないかも知れないが、あまり石川をはじめとした文豪たちをクズ扱いしすぎると不快に思う人も多いので注意されたし。
歌人として詠んだ歌は評価が高いものが多い。


関連タグ

詩人 作家
盛岡市

pixivに投稿された作品 pixivで「石川啄木」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16070

コメント