ピクシブ百科事典

スナックバス江

すなっくばすえ

『週刊ヤングジャンプ』で連載中のフォビドゥン澁川によるギャグマンガ。
目次[非表示]

概要

週刊ヤングジャンプ』で連載中のフォビドゥン澁川によるショートギャグマンガ。
北海道札幌市某所に居を構えるスナック「バス江」を舞台に、チーママの明美と年齢・本名不詳のママ、クセが凄い常連客らのやりとりを描く。
暴力ネタ、ブラックジョーク、他作品のパロディなどが多い一方で、久米田康治作品を思わせる日常のあるあるネタなど、幅広い笑いが楽しめる作品。

元々はめぞん一刻をパロディしたアパートものになる予定だったが、そこで脇役として出す予定だった明美を編集者が気に入ったために、スナックものになったらしい(ちなみに、作者は本作を書くまで行ったことが無かった)。

サブタイトルは全て洋楽から取られている。

あらすじ

札幌最大の歓楽街すすきの…から離れて北24字。その片隅には文字通りの「バス江」なるスナックがあった。今宵もアホな客、奇行を繰り返す店員たちが、日常に宿るふとした疑問にメスを入れていく。そして読者のあなたも、いつしかこの店の虜になっていくのだ…。

登場人物

スナック「バス江」

明美

明美さん


本作の主人公。「バス江」じゃない方。三日月の様にとんがった前髪。
スタイル抜群の美人だが、かなりの俗物でずぼら、おまけに短気。的確なツッコミを下すことが多いが、ボケも前振りなしに行う。
壊滅的なだめんずうぉ~か~であり、前の前の彼氏が作った借金を未だに返せていない。

バス江
ママ。氣志團のボーカルではない。かなりの高齢であり、自虐ネタも多い。
明美と夫婦漫才が如き息の合った掛け合いを行うが、瓶で頭をかち割られたり表示がバグったりとロクな目に遭わない。
また単行本書き下ろしのおまけページでは他の漫画家とコラボして過去が捏造されており、カイガラムシM.O.手術を受けていたなどといった逸話を語っている。

天野小雨
5話で面接を受けていた新人店員。明美に負けず劣らずの美人だが、エキセントリックな行動を繰り広げる上記2名に悪戦苦闘している。かなりのゲーマー。

山田
第1話で風間先輩に無理矢理ついてこさせられた若いサラリーマン。外見通り真面目な性格。

風間
山田の先輩。暑苦しいチャラ男。冒頭でバス江が血だまりになっていたのを見て我先に逃走して以来一発キャラかと思われていたが、その後再登場を果たした。こう見えて新婚

タツ兄
演歌歌手のような外見のおじさん。オジサンあるあるを振る。意外と乙女チックな所もある。

森田
見るからにモテなさそうな外見デブ。北海道から出たこと無いくせになんj語で話す。かなりのスケベで、同席していた男性からも引かれるほどデリカシーが無い。

東美樹
ギラギラの色黒男。明美を狙っているが毎回生兵法で挑んで空回りする。

関連項目

ギャグ漫画 
パープル式部 てらほくん

関連記事

親記事

週刊ヤングジャンプ しゅうかんやんぐじゃんぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スナックバス江」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 427

コメント