2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

が灯した火が狐火なら、狸火はが灯したである。
それだけなら解説はここで終わってしまうが、この火には面白い伝承がある。

諸国里人談』には摂津国川辺郡東多田村(兵庫県川西市)の鰻畷(うなぎなわて)に出た狸火の話が載っており、火であるのに人の形をしており、を引いて火を携えているという。
事情を知らない者が煙草を一服するのにその火を借りて、世間話をしたというのだからもはや怪火ってレベルではない。害はなく、多くは雨夜に出たという。
狸は人を馬鹿にするために化けると言うが、まさにそれを体現した火と言える。

この他にも各地に狸火は伝わっており、狸の本場である徳島県高知県では狸が葬式の提灯行列のように多数の火を灯すものをいい、徳島県祖谷(いや)地方では焼き畑の火を真似ることもあったという。

創作での狸火

妖怪画では宙に浮かぶ人魂のような火の上部から両手が生えた姿をしている。こぐま社発行の絵巻絵本『鬼太郎 妖怪島へ』では宴会で両手をバンザイして踊っている。

関連タグ

妖怪 化け狸
怪火 

関連記事

親記事

化け狸 ばけだぬき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました