ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

芦屋雁之助

あしやがんのすけ

京都市出身の喜劇俳優、歌手。『裸の大将放浪記』の山下清役が当たり役だった。
目次 [非表示]

概要

本名:西部清(1931年5月29日~2004年4月7日)


京都市出身の喜劇役者歌手

喜劇役者の芦屋小雁芦屋雁平は実弟。

裸の大将放浪記」(関西テレビ)の山下清役が当たり役だった。


略歴

1931年5月29日、京都府京都市に誕生。終戦後、芸人となった父に従って芸の修行を始める。

1949年、漫才師芦の家雁玉林田十郎に弟子入りし、弟と芦の家雁之助・小雁のコンビとなるが、亭号を勝手に「芦屋」に変えたので破門。

1954年、小雁と共に喜劇役者に転身。大阪・キタの「OSミュージックホール」に出演し、花登筺の台本でコントを演じる。

1958年、出演したコメディ・ドラマ「やりくりアパート」(大阪テレビ放送)がヒット。

1959年、出演した「番頭はんと丁稚どん」(毎日放送)がヒットするが、子役中山千夏の扱いを巡って花登が東宝と対立し独立。雁之助も大村崑らと共に花登について行き、「劇団・笑いの王国」を結成。

1964年、雁之助は二番手扱いに不満で、内紛により「劇団・笑いの王国」が解散。劇団「喜劇座」を旗揚げ。藤本義一が「山下清に似ている」と指摘し、藤本が書いた「裸の大将放浪記」で山下清役を演じる。

1969年、「喜劇座」が解散。東京に進出。

1980年、テレビドラマ「裸の大将放浪記」(関西テレビ)で山下清役を演じ、当たり役となる(~1997年)。山下と似た外見を維持するため1日5回の食事を摂り、糖尿病が持病となる。

1984年、シングル娘よ」(テイチク)が大ヒットし、同年末の「紅白歌合戦」に初出場。

2004年4月7日、心不全のため死去。72歳。


関連タグ

芸人 コメディアン 俳優 裸の大将

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました