ピクシブ百科事典

柳家小さん

やなぎやこさん

柳家小さんは落語家である。ここでは5代目について述べる。

概要

本名:小林 盛夫
1915年1月2日生まれ、2002年5月16日没。

1933年、4代目柳家小さんに入門し、柳家栗之助と名乗る。
1939年、二つ目に昇進し、7代目柳家小きんに改名。
1947年、真打に昇進し、9代目柳家小三治を襲名。8代目桂文楽一門に移籍。
1950年、5代目柳家小さんを襲名。
1972年、6代目三遊亭圓生から落語協会会長を引き継ぎ、1996年まで務める。
1995年、落語家初の人間国宝に認定される。
2002年、死去。

24年もの長期政権中、小さん一門を最大派閥に引き上げたり、落語協会を社団法人化させる実績がある一方、1978年に圓生らが落語協会を脱退したり、弟子の7代目立川談志を破門するなど分裂も招いた。

死後、長男の3代目柳家三語楼が6代目小さんを襲名。最後の弟子は孫の柳家花緑(6代目の姉の子)。

pixivに投稿された作品 pixivで「柳家小さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223

コメント