ピクシブ百科事典

柳家小三治

やなぎやこさんじ

柳家小三治は、落語家である。ここでは10代目について述べる。

概要

本名:郡山 剛蔵
1939年12月17日生まれ。

幼少時は父が小学校の校長だったこともあって、テストでは100点満点しか許されないほどの厳格な家庭に育ち、それに逆らうように落語に興味を持ち、1959年に大学入試に失敗したのを機に、5代目柳家小さんに入門し、柳家小たけを名乗る。
1963年、二つ目昇進し、柳家さん治に改名。
1969年、当時の落語協会会長の6代目三遊亭圓生から認められて先輩17人を差し置いて真打に昇進し、10代目柳家小三治襲名。圓生は会長在任中は小三治、9代目入船亭扇橋、6代目三遊亭圓窓の3人しか真打昇進を認めなかった。
2002年、師匠小さんが死去。6代目小さん襲名を噂されるが否定する(結局小さんの実子である3代目柳家三語楼が2006年に襲名)。
2010年、兄弟子の5代目鈴々舎馬風から落語協会会長を引き継ぎ、2014年まで務める。

pixivに投稿された作品 pixivで「柳家小三治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 314

コメント