ピクシブ百科事典

高畑勲

たかはたいさお

日本のアニメーション演出家、映画監督。スタジオジブリの共同創立者の一人。日本独自のアニメーション演出の方向性を決定づけた人物の一人でもある。
目次[非表示]

概要

1935年三重県生まれの映画監督プロデューサー翻訳家スタジオジブリ所属。アニメーション演出家だがアニメーター歴はなく基本的には描かない。『柳川掘割物語』のような文化映画(ドキュメンタリー映画)も作っている。

仕事仲間からの愛称は「パクさん」。パンをパクパク食べていた様からこう呼ばれるようになったらしい。

東京大学仏文科在学中にフランスの大人向けアニメ映画『やぶにらみの暴君』に感銘を受け、大学卒業後、東映の子会社・東映動画に入社。『わんぱく王子の大蛇退治』で演出助手になり、テレビアニメ『狼少年ケン』で演出家デビュー。
また、高畑の数年後に東映動画にアニメーターとして入社した宮崎駿にとっては演出の師匠であり、労働組合における仲間として思想面でも絶大な影響を与えた。

昭和四十~五十年代に宮崎・小田部羊一大塚康生森康二ら東映動画出身の名だたるアニメーター達とタッグを組んで数々の名作を作った。
アニメの製作工程におけるレイアウトシステム(原画作業前に絵コンテに基づいて画面のデザインを詰める工程)の導入等、現在まで続くアニメ制作の基礎を築き上げ、さらにこの時代に高畑が中心となって開発・導入した演出技法も非常に多く、彼らが後の日本アニメに与えた影響は絶大なものがある。

アニメーション監督の中でも、特にリアリズム考証を重視することで評価が高い。
原作付きの作品では原作を、オリジナル作品ではメインモチーフに関わる事物をとにかく研究し尽くし、明確な位置づけと徹底的な論理化によって物語と演出を練り上げるため、準備期間に相当な時間をかけていたことでも知られる。「アルプスの少女ハイジ」ではスイスにて一年のロケハンを行ったことは有名。「おもひでぽろぽろ」では実際に1966年に放映された音源のカセットテープを入手して使用、『じゃりン子チエ』『火垂るの墓』では関西弁の表現のためにキャストを関西出身者で固め、『平成狸合戦ぽんぽこ』ではタヌキの研究者らと共に実際にフィールドワークによる調査活動を行っている。

1985年スタジオジブリを宮崎・鈴木敏夫らと共に設立。作風の違いが顕在化していた宮崎とは同じスタジオに所属してはいるが別々に作品を制作している。

本人はを描かないが、アニメーターの個性を巧みに引き出すことに長け、美術設定作画において数々の実験的な試みを行っている。

長年セル画アニメの絵に不満があり、『ホーホケキョとなりの山田くん』以降は、CG技術を活用することで、水彩画風のアニメを制作している。
2015年には「かぐや姫の物語」で宮崎駿に次いで日本で二番目のアカデミー賞にノミネートされたアニメーション監督となった。
同年に「アニメのアカデミー賞」と言われるアメリカ合衆国のアニー賞において、アニメの振興に貢献した人物に与えられるウィンザー・マッケイ賞を授与した他、フランス芸術文化勲章オフィシエを授与された。

2017年夏頃から体調を崩し入退院を繰り返していたが、2018年4月5日、肺がんのため東京都内の病院で死去。満82歳没。

ジブリでの高畑

宮崎駿の影に隠れてあまり目立たないが、高畑は宮崎駿常識人にしか見えないほど規格外れの奇人である。ジブリでは傍若無人な行動で周囲に波紋を投げ掛けつつも、その底の知れない知性と圧倒的な才能で畏敬を抱かれる存在でもある。至らぬスタッフをお説教する際には演出意図や要求する画についてガッチリ論理的に説いて攻めてくるため、宮崎ですら下手に口出しすることができなかったという。

『かぐや姫の物語』が世に出たのは「どうしても死ぬまでに高畑の作品が見たい」という日本テレビの氏家齊一郎会長の意向によるもの。鈴木敏夫は高畑の死後、高畑に新作を作らせなかったのは、興行成績がふるわないせいではなく(精神的に壊されたスタッフが多すぎて)「ジブリが無茶苦茶にされてしまう」ことが真の理由だったと明かしている。

制作現場では、高畑からの無理難題に苦しむスタッフを宮崎が慰めたり、「パクさんには秘密だぞ」と助け舟を出すことも多かった(あの頑固で偏屈で有名な宮崎が、である)。高畑から最も信頼されていた近藤喜文さえ「高畑さんのことを考えると、いまだに体が震える」と漏らすほどうつに近い状態に追い込まれていたという。但し、こうした自身の面について自覚が皆無だったわけでなく近藤が早世した際、古参アニメーターに「コンちゃんを殺したのはパクさんよね」と詰られた際にも黙って頷いていたと言う(参照)。
一方で高畑は「パクさんはナマケモノの子孫です」と宮崎から評される極めつけの遅筆であり、プロデューサー泣かせ。『かぐや姫』の担当プロデューサーも何人も交代し、2006年に担当となった西村義明も「高畑さんと一緒に過ごした8年間が、僕を大きく変えた」としながらも「(高畑さんとは)二度と仕事をしたくない」と話している。

人となり

大変な勉強家で、専門の映像芸術はもとより、歴史思想美術建築などは、それぞれ専門家並みの解説ができるほどの知識があり、実際に音楽評論や美術評論の著作もある。
音楽は特にクラシック音楽に造詣が深く作曲も手がけており、ピアノ演奏も得意だという。仏文科出身だけあってフランス語にも堪能であり、翻訳家としての仕事もしている。

インターネット上の動画を見るのが好きで、最近の芸能人や若手のミュージシャンなどもよく知っており、自作の出演声優は全て自らキャスティングしている。久石譲を見いだしたのは高畑であり、『風立ちぬ』のヒロインの声優瀧本美織は高畑が気に入っていたことから宮崎に紹介したものである。

幼少の頃岡山空襲に遭遇し、家を焼け出されたうえに両親ともはぐれ、火の海の中をさまよい、死屍累々の中を辛うじて生き残った経験があり、宮崎駿からは「空襲で死にかけたから、あのような人間不信のひねくれ者になった」と言われているとか...。

代表的な作品

ジブリ以前

太陽の王子ホルスの大冒険
パンダコパンダ
アルプスの少女ハイジ
赤毛のアン
じゃりン子チエ
セロ弾きのゴーシュ

ジブリ以降

火垂るの墓
おもひでぽろぽろ
平成狸合戦ぽんぽこ
ホーホケキョとなりの山田くん
かぐや姫の物語

関連タグ

アニメーション監督 アニメーション演出家
スタジオジブリ
鈴木敏夫 宮崎駿 近藤喜文
変人 天才

pixivに投稿された作品 pixivで「高畑勲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136813

コメント