ピクシブ百科事典

本土空襲

ほんどくうしゅう

太平洋戦争中の連合国軍(主にアメリカ軍)による日本本土への空爆
目次[非表示]

太平洋戦争時の日本本土への爆撃。ほとんどはアメリカ軍機によるものであるが、一部イギリス軍艦載機や、大戦末期には樺太でソ連軍機による空爆も行われた。

最初の日本本土空襲は、1942年7月のドーリットル空襲である。最初は軍事施設や工場への爆撃であったが、1945年(昭和20年)には都市の民間人を巻き込んだ無差別爆撃が実施された。カーチス・ルメイ少将の指揮で3月から4月にかけて東京・名古屋・大阪が一斉に焼け野原になり、続いて地方都市も次々と焼き払われた。

日本の主要な都市で大規模な空爆被害を免れたのは京都市札幌市のみである。
これは前者が「原爆投下の候補地として定めていた。(破壊時の効果測定として空爆による破壊を極力避ける方針が出されていた。これは京都市が投下候補地から除外されてからも継続されている。)」こと、後者は「当時航空基地として利用していたサイパン島からでは目標まで遠すぎる。(北海道空爆も空母機動部隊による爆撃、及び戦艦中心の艦砲射撃によるもの)」ことからこのような結果となった。(ただし両都市とも中小規模の空爆被害を受けている。)

主な日本本土空襲(死者1000人以上)

1945年

3月-東京大空襲(下町空襲)・名古屋大空襲・大阪大空襲・ 神戸大空襲
4月-城北大空襲・城南京浜大空襲・山手大空襲
5月- 横浜大空襲
6月- 浜松空襲、第一次日立空襲、岡山大空襲、佐世保大空襲
7月- 熊本大空襲、高松空襲、徳島空襲、北海道空襲、福井空襲、呉軍港空襲、津大空襲
8月-水戸・八王子・長岡・富山一斉空襲、前橋・高崎空襲、広島原爆、豊川空襲、長崎原爆、八幡大空襲

関連項目

B-29 爆弾 焼夷弾 爆撃機 橘(駆逐艦) サーチライト

日本本土空襲を描いた作品

うしろの正面だあれ
この世界の片隅に
夏のあらし!
火垂るの墓

関連記事

親記事

太平洋戦争 たいへいようせんそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「本土空襲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1256

コメント