ピクシブ百科事典

サーチライト

さーちらいと

凹面鏡の反射を利用した大型照明。 第一次世界大戦で軍事利用されて以降、レーダーの登場と技術向上までのあいだは、夜間防衛の必需品とされていた。 現在では軍事防衛のみならず、民間のイベント器財として活躍している。
目次[非表示]

サーチライトとは、大型照明の一種である。

解説

探し出す明かり』の名の通り、夜間において遠方にある物体を照らし出すために使用される。

構造

光源の背部を半球状の凹面鏡(へこんだ鏡)で覆うことで、光の方向を一方向に集中させ、直線状の光を放つことで、遠くまで効率よく照らすことが出来る。
発熱灯や水銀灯を利用するため、かなり強力な光線を放つことができ、下記の戦争時には約10km先まで照射することが出来たという。
ほとんどは大型で、回転式の架台に付属していることが多い。

歴史

詳しい発祥については定かではないが、19世紀ヨーロッパで軍事利用が始まって以降、歴史の表舞台に姿を表すようになった。
日露戦争ではロシア帝国軍が、「第二次旅順港閉塞作戦」にて使用。夜襲を仕掛けてきた日本海軍の作戦部隊を、サーチライトで照らて探し出し、これを撃退している。
第一次世界大戦では、夜間戦闘の機会を増やすべく「人工の月光として利用し、夜間戦闘の在り方に大きな影響を及ぼした。

第二次世界大戦では各国で盛んに用いられるようになり、夜間空襲に来る爆撃機を捕捉するためや、海上での艦隊戦における索敵に用いられた。特に日本海軍は探照灯という和名で使用し、夜戦重視の戦法を好んだことから重宝していた。
一方、使用すると必然的に敵から的にされるため、レーダーソナーなどの索敵技術の発達とともに、サーチライトは徐々に活躍の場を狭めていった。

現在でも防衛のために設置されているほか、基地や刑務所における哨戒にも用いられている。
また、演出の一環としても使用されたことから、イベントにおける照明機材としても重宝されている。
一方、現在では光害の原因ともされ、その使用が制限されてもいる。

関連イラスト

怪獣文藝
CAT WOMAN



関連タグ

照明 探照灯

pixivに投稿された作品 pixivで「サーチライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176028

コメント