ピクシブ百科事典

提灯

ちょうちん

日本の携行照明の一種。 竹と和紙で出来た、独特の丸みを持つ燃料照明で、電気や懐中電灯が普及するまで広く用いられてきた。 現在でも祭りや屋台など、和の風情を楽しむ意味で用いられている。

提灯とは、日本の携行照明の一種である。

概要

いわゆる「ちょうちん」である。
竹籤(たけひご)の骨に和紙の皮を貼ったもので、中にロウソクを入れて火を灯し、軒先や竿につりさげて使う。
多少の風に吹かれても消えないため、大きいものは現在でいう夜の店のネオン灯、小さいものは夜道を歩く際に片手サイズの照明として利用していた。

現代ではそういった利用は少なく(電気の普及により廃れた)、祭りやイベントなどの行事の演出にしか使われていない。


余談だが妖怪(おばけ)に「ちょうちんお化け」と呼ばれるものがある。
提灯に目が付いており、中心が割れて口のようになっているものや、提灯に人骨が浮かび上がっているものを指す。どちらにしろ付喪神(つくもがみ)幽霊の一種であると考えられ人魂などを伴い、持ち手がいないのに空中を飛び回る姿が描かれる。

それとは別に、チョウチンアンコウというも存在する。


関連タグ


夏祭り
蝋燭 灯篭 ランプ 懐中電灯
提灯お化け (お化け提灯 化け提灯)
赤提灯 ちょうちん 提燈
チョウチンアンコウ(提灯鮟鱇 チョンチー)

お嬢のお出かけ
鬼灯


ちょうちん
暇そうな幽霊お嬢ちゃん

pixivに投稿された作品 pixivで「提灯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1861538

コメント