ピクシブ百科事典

八雲みかげ

やくもみかげ

「八雲みかげ」とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「ねえねえ、外から来た魔法少女!?ミィが助けてあげる!」
「ミィもおんなじだよ! みんなに″姉ちゃ″がヒーローなんだって知ってもらう。そうすれば、きっと姉ちゃの悩みはなくなるはずだもん」

概要

姉が抱える神浜市への恨みを消そうとしている魔法少女。
マイペースで周りを振り回す節があるものの、無邪気で人からは好かれる性質。
駄菓子屋や公園ではひとりで遊んでいる姿が目撃されているが、親友と呼べる友だちもいる。
おねだり上手。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

みかげちゃん
八雲みかげ


左:通常 右:魔法少女姿

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校大東学院
年齢学年不明/小学5年生or6年生
身長不明
肩書き魔法少女
願い事神浜市を守って
固有魔法不明
ソウルジェムの形状/色/位置みたまと同じ
武器ジャマダハル
キャラクターデザインぷにゃん
声優進藤あまね


  • 学年は、里見那由他の魔法少女ストーリーでは小5、「雪解けのベファーナ」では小6となっている。
    • また、みかげの魔法少女ストーリーでは千秋理子環うい(共に小5)を見て、自分より年齢が「ちょっと下かも」と述べている。
    • 「雪解けのベファーナ」では、みたま(高2)が小1の頃にみかげは1歳と述べられている。

人物像

みかげ


神浜在住の魔法少女で、調整屋八雲みたまの妹。姉のことは「姉ちゃ」と舌足らずに呼ぶだけでなく、他人をあだ名で呼ぶ。

お団子ツインテールの天真爛漫な少女。
駄菓子が好物であり、父親を探しにやってきた里見那由他によく絡んでは駄菓子をおごってもらっている。その他、ファッションを趣味としており、雑誌テラピチを毎月買うほど。
一人称は「ミィ」で、友人の月出里や姉であるみたまからもそう呼ばれている。
余計な心配をかけさせたくないのか、姉には会いたがらず、みたまの方も調整屋で会うまで彼女が魔法少女だということを知らなかった。

姉・みたまを彷彿とさせる自由奔放だが憎めない性格。幼いぶん彼女のほうが他人を巻き込む能力が高く、みたまでも振り回されてしまう。反面、本人は大人っぽい雰囲気を纏っていたり様々な魔法少女と親しい姉ちゃが内心うらやましい様子。
大人が子どもに隠しておきたいような暗いことにまで気づいてしまう聡い子。いろんな意味で似た者姉妹。
誰に対しても分け隔てなく接し、時に友人の相談に乗ったり交渉を持ちかけたりする肝の座った一面がある。

ユニオンの魔法少女とも友達になりたいが、プロミストブラッドとの抗争に巻き込まれることを心配する姉に交流を止められていて、寂しそうにする場面も。

呼称表

里見那由他なゆたん
氷室ラビラビたん
佐和月出里すーたん


魔法少女として

ミィちゃタイム


青と黒を基調とした東洋風の衣装。
武器はジャマダハルないしカタールと呼ばれる特殊な形状の短剣。

魔法少女になった際の願い事は「神浜市を守って」(第8章で判明)。
キュウべぇを通じて姉のみたまの願い事を知ったことで、自らの願いを決めた。ワルプルギスの夜やイブによって神浜が大変なことになったのを、みたまの願いの影響だと考えたからである。すなわち、みかげは第1部終了後に魔法少女になったことになる。みかげ本人曰く、「姉ちゃが起こした波を押し返した」とのこと(魔法少女ストーリーより)。
魔法少女の願いは必ず叶う。彼女の願いが具体的にどう叶ったのか、あるいはこれから叶うのか、現時点では明確になっていない。
アナザーストーリー第8章でのみたまは、「イブやワルプルギスの夜相手に奇跡を起こして神浜を守ったのだから、みかげの願いは叶い終わっており、自分の願いだけが続いている」という見解を述べている。しかし上記の通り、みかげはイブとワルプルギスの一件の後に魔法少女になったはずなので、辻褄が合わない。ライター側のミスなのか、設定が変わったのかは不明。

ゲーム上の性能

アクセルゴリラかつコネクトでMP配布ができ、専用メモリアがアクセルドローな為、マギアが重要になるキモチ戦や百禍等高難易度ミッション向けになっている。

基本データ

属性ダーク
タイプサポート
イラストレーターぷにゃん
実装日2020年11月16日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×3×0×1×1


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8022,6586,8366,242
★5Lv.10028,4168,4887,724


コネクト「ミィが手伝ったげよっか?」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ]& MP回復 & 必ず魅了
★5攻撃力UP[Ⅸ]& MP回復 & 必ず魅了


マギア「今だけ悪い子!」

レアリティ効果
★4敵単体にダメージ[Ⅴ]& 攻撃力UP & ダメージUP(全/3T)
★5敵単体にダメージ[Ⅶ]& 攻撃力UP & ダメージUP(全/3T)


ドッペル癇癪のドッペル

レアリティ効果
★5敵単体にダメージ[Ⅸ]& 攻撃力UP & ダメージUP(全/5T)& 必ずやけど(敵単/3T)


専用メモリア「1000円未満の魔法」

ぜいたくなオシャレなんてできないけど
夢見ることならゆるされる
だから今日はカワイイをいっぱいながめて、オシャレにひたる
ちょっぴりオトナな自分が、ステキな姿で歩き出すから

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能八雲みかげ
イラストレーター秘鷲悠弥


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14960456
Lv.40


「アクセルドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常Acceleドロー5
限界突破Acceleドロー


活躍

メインストーリー第2部『集結の百禍編

第2章『微笑みと火花
那由他の父親探しを手伝っており、現地の事を知らない彼女に現状を僅かながら伝えた。だが最中で水波レナからプロミストブラッドの仲間と勘違いされたり、そのプロミストブラッドのメンバーである智珠らんかから攻撃される羽目に。だが二葉さな土岐すなおの加勢でどうにか助かり、調整屋に担ぎ込まれた。
みたまの叶えた願いをキュゥべえから聴かされた事をきっかけに、魔法少女になった事が明かされた。

第5章『揺れて恋歌に霞む理想
子ども扱いされることに嫌気がさし、月出里と一緒に果てなしのミラーズを調査してみたまやリヴィアに認めてもらおうとする。途中でみふゆ・アリナと合流し、ターミナルを発見する手柄を上げるものの、魔女の強さに懲りたあげくみたまとリヴィアに二人そろって怒られ、背伸びした行動は自粛することになる。

第8章『夢のなごりに芽吹く花
東西の対立が原因で子供から石を投げつけられる。その子はあした屋の主人に叱られた事で後に謝罪したものの、これがきっかけで姉のみたまは…

第10章『疾走ドラスティックラバー
調整屋でももこと出会い、東西の人々が手を取り合って姉を元に戻す「仲良し大作戦」を決行する。
結果としてみたまと十七夜は未来に希望を見出せたが、戦いの後何処へと去ってしまった。

イベントストーリー


みたまの特訓
いつまでもみたまに子ども扱いされる事に不満を持つみかげは大人っぽくなる為、四苦八苦する。化粧をしても大人っぽく見られないどころか自警団を自称する男に目を付けられてしまうが、そこに現れたみたまはその場をやんわりと対応する”大人の余裕”をみかげに見せる。
みかげも大人とは外見の問題ではなく、気持ちや心の問題だと理解する。

Angels on the Road〜トナカイサンタ繁盛記〜
イベントページにあるようにこの世界の八雲みかげは「リトルバケーション」というゲーム世界の住人で本人ではない。(現実と同様の思考と魔法少女としての能力は持っている)
「あるいはお菓子でいっぱいの町」という町にて登場。千秋理子と新しく友達になった佐和月出里と一緒にゲームセンターで遊んでいた。
たくさんのキャンディを欲しがっていたが、勝てば何でも増やすことができるメダルゲームを使って一時は大量のキャンディを手に入れたが運悪く負けたことでキャンディを失ってしまった。しかし、こうなることを先読みしていた鶴乃のおかげで少しのキャンディは無事だった。
また、この町にあった賭けた物を増やせるメダルゲームが終盤に役に立つことになる。

雪解けのベファーナ
クリスマスイブの日、那由他の家でパーティーをすると言うので、自身の家族とのパーティーよりそっちを優先する。
那由他の家に贈られたプレゼントの贈り主を探す過程で贈り主がみかげの家族であると突き止めるも、自分は金銭面を理由に望んで産まれた存在ではないと知ってしまう。
一度はショックの余り探索を中断してしまうも、先生との相談を経て母の献身的とも言える行動を知って立ち直り、自分とみたまの為に両親と縁を切ってまで自分を産んだ事を知った。
全てを知った後は結局自宅のパーティーに戻り、祖父母と初対面した事で家族みんなが幸せになったと感じた。

魔法少女ストーリー

八雲みかげ
時系列は第二部3章辺り。

  • 第1話「お友達を作ろう」
みかげは不機嫌だった。原因は独り寂しく調整をしてる姉に差し入れを持って行きたかったのに、当の本人が仲間の魔法少女達とお茶をしているのを見て姉が友達のいない自分を裏切ったと思い込んだためである。
それならば自分を友達を作れとラビに言われるも、姉に起こった事が原因で一般生徒からは避けられている為、魔法少女の友達を作りに中等部のひみかを尋ねる。
彼女からエミリーのお悩み相談所を紹介され、そこに集う魔法少女達とファッション関連の話題で意気投合。
しかし自分と遊んでくれたのは単に年下だったからではと思い悩み、今度は自分と年の近い魔法少女の事をひみかに教えてもらった。ひとまず家に帰ると姉が待っており、プロミストブラッドにういが誘拐された事を聞かされ、みかげも巻き込まれる事を懸念して自分が魔法少女だと明かす事とユニオンのメンバーと関わる事を禁じられる。

「せっかく仲良くなれたのに、うまくいかないなー」

  • 第2話「″お姉ちゃん″を求めて」
翌日、調整屋に行くみたまに対し自分は魔法少女との関わりを禁じられているのに姉は魔法少女達と楽しくやっている事に嫉妬し、自分を理解してくれる新しい姉を探しに行くと家を飛び出してしまう。
相談所に着いたみかげは梨花、れんと出会い意気投合。ショッピングにて梨花の親切心に触れ、彼女に自分の姉になって欲しいとお願いするも断られてしまい、姉と向き合うよう進言される。
次に偶然かのこを目撃し、遊びに行こうと家までついて行く。そこでかのこに遠まわしに自分を売り込もうとするも、みたまがやって来て連れ戻されてしまう。その際かのこからテレパシーで「本人の為を思って叱ってくれる家族が一番いい」と言われる。
家で待っていたのはみたまからの説教。しかしそれでもお互い平行線。直後、お腹が空いて姉が作ったおかずを見て謝罪と共にかのこの家で作ったペンダントを渡す。

「辛いの一緒なのにね、ごめんね姉ちゃ…」

  • 第3話「大きな波の中で」
みたまがペンダントを大切にしてくれているのを喜ぶみかげだが、姉が市長選に立候補する人に差し入れの準備をしているのを見て、自分も同行を願う。
しかし迷惑がかかってはいけないと断られ、代わりに弁当屋へのお使いを頼まれる。
理子の店で彼女とういと出会い、二人は店を手伝うも慣れない作業に戸惑ってしまう。
そんな自分に何故優しくしてくれるのと聞くと、理子からは「一生懸命頑張ってる人を助けたいと思うのは普通」、ういからは「魔法少女は様々な苦しみを知っているから優しくなれる」と言われ、二人と友達になって月出里にも紹介したいと思うのだった。
次の日も弁当屋で仲良くなった理子とういの元に会いに行こうとするも、自分どころかういと理子も外出を控えろと言われた事を電話で知り、またしても自身の友達作りが阻まれてしまった。
姉の願いを知って自身も魔法少女になった時から大きな波に飲まれ、頑張っても頑張っても前に進めない。
ユニオンの人達から遠ざけられてる件も、自身の力ではどうにもできない。
那由他とラビに相談すると、ユニオンの魔法少女達は動揺しているので姉の気持ちも汲んで
欲しいと言われ、しぶしぶ受け入れる事に。
それでも、いつか逆らえない大きな波を自分で変えたいと願う。姉が起こした波をキュゥべえとの契約で押し返したから。

「いつか、すーたんも入れてみんなで遊びたいな」

佐和月出里
ひょんなことから月出里と出会い友達になる。ある時、姉から月出里が新聞記事に乗っていた事を知り、調べた結果、彼女が凄惨な事件の生き残りであった事を知る。

その他

  • 姉であるみたまと共に、その名は「霊魂」を意味する。


  • 戦闘時の立姿からメスガキとして扱われることもある。

八雲みかげ


そういう側面も無くはないが基本姉思いの優しい子なのでお仕置きなどは控えてあげてほしい。

関連イラスト

八雲みかげ
«マギレコ» みかげちゃん


ミィちゃん
みかげちゃん



関連動画



関連タグ

マギアレコード 
八雲みたま:姉
佐和月出里:親友。
里見那由他:お菓子をねだる(というよりたかる)相手だが、まれに力になることも。みたまと同じくらいいい姉ちゃらしい。
氷室ラビ:みかげを生暖かい目で見守っている。時々みかげをだしにして那由他からデザートをせしめることも。
飾利潤:駄菓子好きの魔法少女繋がり。
那由他・みかげクリスマスVer.:派生版。

関連記事

親記事

大東学院 だいとうがくいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「八雲みかげ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「八雲みかげ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 948640

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました