2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

瀬奈みこと

せなみこと

瀬奈みこと(せなみこと)とは、ソーシャルゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「全部、台なしにしようよ。それがあたしたちにできる唯一 の反撃だと思うからさ」

概要

期間限定イベント『散花愁章』に名前が登場する魔法少女神浜市大東区の神浜大東団地に住んでいたが、現在は家族ごと消息を絶ち、行方不明になっているという。

自らに暗示をかけ、現実から目を背けてきた魔法少女。
表向きはにこやかで人懐っこいが、誰かを不幸にする判断を躊躇なく下すような冷酷さも持ち合わせている。
外出時に幸福を味わい、帰宅すると不幸を味わう日々を送り続ける。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地不明
学校大東学院
年齢学年不明/不明
肩書き魔法少女
願い事父親が家からいなくなるように
固有魔法暗示
ソウルジェムの形状/色/位置//
武器手鏡
キャラクターデザインぷにゃん
声優本渡楓


人物像

和泉十七夜によると、「悪事を働くような魔法少女ではなかった」という。しかし、十七夜がみことに出会ったのは一度しかなく(この時点でみことは新人の魔法少女だった)、さらに後述の固有魔法によって記憶の一部を封印されているため、信憑性に欠ける。

相野みとの固有魔法によって明かされた十七夜の記憶によると、みことが十七夜と出会った時には更紗帆奈も一緒におり、みことは自分の固有魔法の使い道を帆奈と一緒に研究している旨を十七夜に語っていた。

魔法少女として

固有魔法は「暗示」。使い方にやや条件があるものの、平たく言えば「言った通りに相手を動かす」ことができるらしく、実際に十七夜はみことが魔女や使い魔を操るところを目撃している。

以下『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』メインストーリー第2部第8章以降のネタバレが含まれます。














散花愁章の最後でれいらは帆奈の「魔女に勝ったが魔女に負けた」との証言から魔女と相討ちになったと推測していたが、更紗帆奈の魔法少女ストーリーにより彼女の過去の真相が明らかになった。

帆奈とは魔女退治の際に出会い、それ以降コンビを組むを組むようになった。純粋な性格で、魔女退治の仕事も使い魔だろうと手を抜かず全力で戦っていた。しかしその性格が災いし、帆奈と団地へ魔女退治に行った際にソウルジェムが濁りきってしまい魔女化してしまった。

後に、みたまは果て無しのミラーズを調査する過程で、みことが遺したノートをまやかし町で読むこととなった。それによると、みことは家庭で苦しむ母親を支える為に魔法少女になったが母は蒸発してしまい、現実の家族を偽物だと思い込み理想の家族を頭の中で描くようになり、一人の魔法少女以外誰も信用していなかったとのこと。
みたまは、鏡の魔女こそがみことが魔女化した姿であり、母に恨みがあってまやかし町に現れたのでは無いかと推測した。
なお、みことのノートにあった日付に彼女が魔女化したなら、みたまが魔法少女になった日と一致するらしい。

Sena Mikoto



メインストーリー第2部第8章にて、みたまが推測した通り、彼女こそが鏡の魔女の元となった魔法少女であることが判明した。
同時にこれまで汎用グラフィックだったLive2Dが専用のものに変わり、詳細な容姿が明らかになった。また、名前の表記もフルネームではなく下の名前のみに変更された。
その容姿は深月フェリシアのような髪型で、髪の色は薄い水色。瞳は青紫。魔法少女衣装はモノトーンのゴスロリ調。あわせて大東学院在籍時の制服姿も明らかとなっている。

彼女が魔法少女になったきっかけは、概ねみたまが調査した通りだった。家庭を省みない父と母が言い争う痛々しい家庭で暮らしており、後に父が出ていき、母となら仲良く生活できると思って魔法少女になったのに今度は母も家庭を省みなくなってしまった。
そんな中、帆奈との交流を経て固有魔法の暗示を知り、毎日家から出る度に理想の家庭という自己暗示をかけるようになる。家に帰る都度、理想が崩れて心が沈むけど自分の精神が消耗するよりはマシだった。現実の家庭が崩壊したせいか、かつてのような優しさは失われていったようである。

みことが魔女化する瞬間、みたまの「神浜を滅ぼす存在になりたい」という願いがみことに作用し、他の魔法少女の意識に寄生する能力を得た。帆奈を手始めに次々と宿主を変えながら最終的にエンブリオ・イブの力を取り込んだアリナの力の影響を受けてより強力な力を得るとともに、彼女に寄生して記憶を奪ったうえミラーズの奥底まで導いて神浜市を滅ぼす計画を明かし、利害の一致で協力関係に。
更に数多の魔法少女の悲劇的な結末を見てきた事もあり、最終的に人は絶望で終わると考えるようになってしまった。

「魔女になる時にこうして人格を分離させちゃった」と語っており、魔女とは別に魔法少女の人格が自律して行動できる状態になっている。魔女本体と融合することで「本当の私ができあがって最高の滅びを見せてあげられる」のだという。
そしてメイン二部12章で自身の人格を魔女と融合させ、神浜中に滅びを巻き起こす。

ゲーム上の性能

2022年9月20日から開催のイベント『サヨナラ・ストレージ』開催に合わせてプレイアブル実装。
既に魔女化しているからか(魔女しての参戦はコラボイベントで登場したイザボーに次いで2人目)、プレイアブルキャラクターとしては5人目(派生キャラ外伝作品キャラを加えれば8人目)の無属性キャラ。この属性かつサポートタイプのアクセルゴリラはみたま以来2人目。
鏡の魔女の元となった事が関係してか、キャラ特性としても強力なカウンター攻撃が主体となっており、特に潜在アビリティのクロスカウンター・オーラが使えるとクエスト開始時に5ターンの強化カウンターが発動、コネクトやマギアも強化カウンターとバリアが付与される。

基本データ

属性無属性
タイプサポート
イラストレーターぷにゃん(★4、5)
実装日2022年9月20日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×3×0×1×1


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8030,5966,8947,552
★5Lv.10037,7698,5079,321


コネクト「共同実験をはじめてみよっか?」

レアリティ効果
★4必ず挑発 & 必ず強化カウンター & バリア(8000)を付与
★5必ず挑発 & 必ず強化カウンター & バリア(10000)を付与


マギア「無望結界」

レアリティ効果
★4敵全体にダメージ[I] & 必ず強化カウンター & バリア(5000)を付与(味全/3T) & デバフ効果を1回反射(自/3T) & 被ダメージ時MPUP(自/1T)
★5敵全体にダメージ[I] & 必ず強化カウンター & バリア(5000)を付与(味全/3T) & デバフ効果を1回反射(自/3T) & 被ダメージ時MPUP(自/1T)


ドッペル隠遁のドッペル

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[I] & デバフ効果を1回反射 & 必ず強化カウンター & バリア(8000)を付与(味全/3T) & 被ダメージ時MPUP(味全/1T)


専用メモリア「」

基本データ

レアリティ★3
タイプ
装備可能
イラストレーター


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.40


「」

特殊能力効果発動ターン
通常
限界突破


活躍

メインストーリー

第2部『集結の百禍編
第8章『夢のなごりに芽吹く花
果てなしのミラーズの最奥部に引き入れたアリナの前に初めて姿を現し、上記の自分の過去について語る。それからアリナに記憶を返して一緒に世界を滅ぼそうと持ち掛け、アリナは彼女のもたらす結末を見届けることにした。

第11章『喜びと悲しみの終幕流転
アリナと彼女を連れ戻しにミラーズに来たかりんの2人に過去の争いの歴史を見せ、人類は滅びに向かっているという持論を展開する。
それでも納得しないかりんが、東西の学生会議が立ち上がり融和の機運が生まれたことを伝えると、ひめなの仕掛けを使い、魔法少女を悪夢で倒れさせて絶望をまき散らそうとする。しかしいろはたちが自動浄化システムを取り戻して希望の道を示したことで、さらなる滅びをもたらすためにアリナを連れてミラーズの最深部へ向かった。

なお、みことが見せた幻の中で神浜市の東西対立の歴史が明らかになった。

第12章『結ぶ永久の彩り
鏡の魔女と融合して完全体になり、世界を滅ぼそうとする。
手始めにかごめがキュゥべえを排除し、いろはとういが自動浄化システムの被膜を神浜に広げようとした瞬間に結界で神浜を覆い、コピーのいろはを使って小さいキュゥべえを殺害する。
その後過去を改変して人類が生まれない世界に変えようとし、過去への入り口となる鏡を破壊するためのエネルギーを集めたういも殺害した。
鏡の魔女に立ち向かう魔法少女たちは次々に倒され、最後にいろはとかごめだけが残るが、いろはの巻き戻しの力ですべてが回復され、魔法少女たちは再び鏡の魔女と戦う。
回復後も魔法少女の結末は絶望であり、魔法少女を消すことが最善だとの持論を変えようとしなかったが、希望を信じるいろはの説得に応じて最後に自動浄化システムの完成のために力を貸した。

魔法少女ストーリー

瀬奈みこと

  • 第1話「出会ってしまったふたり」
    • みことは表向きは普通の学生として過ごしていたがそれは虚飾の姿。実際はと言うと父親は家庭を省みず、家の金を使い込み、母親に暴力を振るう、陰惨な状況だった。
    • そんなある日の夕方、みことが家に帰ると玄関前に父に殴られたのが分かる母の姿。だが、母は「最近お小遣いあげてなかったから」とくしゃくしゃの1000円札をみことに渡す。みことは用を思い出したと出かけ、母を苦しみから解放するために父を殺すための道具を買おうと考える。
    • しかし1000円では流石にナイフは買えない。ならばと100円ショップで包丁を買おうとするも、思わず手が震える。それは昔祭りの縁日で幼き日のみことがほしがった景品のために必死にくじを引きまくった父の姿を思いだしたからである。決心が揺らいでしまい店を後にしてしまう。
    • 夜の駅前、母のことを思って代わりに家事をしようとした幼き日のことも思い出すみこと。自分には捨てたい物だけでなく守りたい物もある、でも父親を殺そうとする決心を鈍らせるだけ。「あの人も思い出も全部無くなればいいのに」そうつぶやいたときに「その願いが叶うって言ったらどうするかな?」と呼びかける声。見れば営業に来たキュゥべえだった。
    • みことは最初は困惑した物の、二つ返事で「父親がここからいなくなること」と願って魔法少女になった。家に帰ると母は「お父さんが他の女と暮らすと出て行った」と泣き崩れていた。だが、みこととしては願いが叶ったことになる。これによって母も自分も生活が楽になり、普通の生活を遅れ、将来的には就職して母に恩返しするとこの時点では理想の将来を思い描いていた。
    • しかし、父がいなくなったことで枷がなくなった母は頻繁に遊び歩き、やはり家の金を使い込むようになる。結局変わらない日常を過ごすのだが、そんな時同じ団地に住むおばさんと立ち話。そこでみことはあることを思いつく。それは既に娘が成長して家を出ているのをいいことに、そのおばさん夫婦を自らの暗示能力でみことを娘と思い込ませて転がり込むことだった。成功して夕飯を食べさせてもらうも、夫婦の会話はみことには分からない、明らかに本来の娘に関する内容だった。
    • 魔法によって仮初めの家族を作っても自分を満たすことができなくなったみこと、結果として、魔法少女として戦うことにのめり込んでいく。そんな時に出会ったのが帆奈だった。
    「そこから私たちの物語がはじまっていった」
  • 第2話「偽りの中で」
    • 帆奈はいつも警戒心を持っていたものの、みこととしては嫌いになることができず、仲良くなろうと必死に距離を縮めようとする。共通の好みを探そうとしても帆奈は犬好き、みことは猫好き。どんぐりとくるみのチョコ菓子でも帆奈はどんぐり派、みことはくるみ派。他にも聞いてもことごとく趣味嗜好の相性があわない。しかし空回りしっぱなしのみことを見て帆奈は面白いと笑う。そんな彼女と距離が縮まっているとみことは感じていた。
    • 帆奈はみことが気づかないことを次々と解き明かす。暗示の魔法もみこと自身にもかけることができるのも突き止めていた。これによってみことは自らに暗示をかけて夢見た理想を思い描くようになった。しかし誰もいない自宅に戻れば現実を突きつけられ、暗示は解けてしまう。しかし暗示をかければ幸せを何度でも体感できるので十分だった。
    • そんなある日、自分に暗示をかけたまま帆奈と話しているときにいないはずの両親のことを言ってしまったため、帆奈が挨拶に行こうかと言い出す。友達が来てくれることに嬉しく思う反面、重大なミスを犯してしまったことに気づいたみことは、自分にとって重要な友達である帆奈に嘘を見破られたくない、如何にごまかそうかと思案、そして先述のあの夫婦を再び使うことにした。
    • 当日、夫婦も暗示がかかったままだったのでそのままみことは帆奈を招き入れる。そしてみことは帆奈のために料理を作ろうとし帆奈も手伝い始める。友達と料理を作り、テーブルではおじさんおばさんが微笑みながらそれを眺めていた。
    • 嘘まみれとは言え暗示によって作りだし思い描いていた幸せが現実となり、それに浸りつつ「これからはこれを本物にしよう」と考えていると、帆奈は「なんで瀬奈はそんなに辛そうなの?」と問うてきた。帆奈はみことがいつも家や学校のことを話し、いつも幸せと言うのを聞いて自慢話かと思っていたが、今日こうしているのを見て内面に何か抱えている、無理しているのではと見抜いていたのである。みことは幸せではあるものの満たされない、自分がどこにもいないという感情を吐露する。帆奈もみことの感情を理解し「それでもよかったらあたしに話せばいいよ」と告げた。
    • 帰り際、帆奈は一冊のノートを差し出す。それは魔女のことなどを共有するための交換日記用だった。みことは早速あれこれ書いて翌日帆奈に渡すとともに、お礼にとおそろいのペンをプレゼントする。帆奈は趣味に合わないと言いつつ渋々持っていった。しかしこれまで自らを嘘で塗り固めてきたみこととしては日記に書くべきことが見つからなかった。ならばと、自分を見つけてもらう方向で書くことにしていた。
    「でも私は、偽りの世界しか映していなかった」

  • 第3話「夜になる前に」
    • 日記のやりとりは続くが、帆奈は魔女関係の話題を出す一方、みことはあたりさわりのない日常の話題だった。帆奈自身や家族のことを聞き出そうにも返事はつれない。
    • と、みことが「魔女って、魔法少女って、他にどのくらいいるんだろう?他の魔法少女ってどんな人?」と疑問に思う。帆奈としてはグリーフシードを巡る競争相手、他の魔法少女の動きには注意するようにと返答。
    • グリーフシードが無くなれば魔法も使えなくなる。みことは気づかされると共に不安に感じ始めた。暗示が使えなくなれば足手まといになり帆奈も見捨ててしまうだろう、そういう不安が支配していた。そして今度はみことが魔女に対して必死になる。
    • そんな折り、団地の屋上でみことは十七夜に出会う。ベテランゆえ頼りになる、仲良くなれると思い探りを入れ始めるが、読心の能力があるため回答を先回りされてしまい、十七夜とは無理だと結論づけた。それどころかみことの真実が見抜かれてしまえば自身の存在意義にも関わる。そこで十七夜に暗示をかけ自分のことを忘れてもらおうと、再び十七夜に会おうとするもそこには帆奈が。帆奈はコピーした暗示能力を使って十七夜に暗示をかけ2人の事を忘れさせた。
    • 帆奈の優しさに嬉しくなり、今度は自分が帆奈のためにグリーフシードを集める番だと考えるみこと。しかし彼女のソウルジェムは濁りを増していた。何せ起きているときは暗示の能力をずっと使っているため魔力の消費も激しい。限界が近づきつつあった。
    • いつしか日記のやりとりはみことが魔女関係、帆奈がみことを心配する内容と逆転していた。でもみことは真実を話すことができない。そう思っていたときである。帆奈はこれまで語らなかった自らの境遇を綴ったのである。赤裸々に書かれたそれはみことが体験したことよりも壮絶な物だった。しかしみことと出会ったことで2人で行動したことが帆奈にとっての光、希望となっていた。そして帆奈は「何かに苦しんだり、無理だってなったりしたら頼ってよ」と綴る。
    • これを受けて「今こそ本当のことを書くべきか?」と悩むみこと。鏡の中の自分にも説得を受け、帆奈を信じて真実を綴り、謝罪の言葉を記した。全ては偽りで作られた空っぽの自分であると。でも帆奈が本当のみことを許して一緒にいてくれたら、帆奈のようにキラキラな物が得られるかもしれない。
    • しかし結局みことはこの本音を書き連ねたページを破り捨て(おそらくみたまが読んだのはこれであろう)、偽りの内容を綴った。帆奈としてはみことの状況が心配でならない。だがみことは虚勢を張ったままである。
    • 無理を積み重ねてきたみことは遂に限界を来し、団地の屋上で帆奈に魔女になる瞬間を目撃される。うっすらと目に映る呼びかける帆奈の姿。苦しみと薄れる感情の中みことは「本当なら勇気を出して現実に立ち向かうべきだった、自分をさらけ出すべきだった」と後悔する。最後に目に映るのは鮮やかな夕日。辛くて悲しくても世界にはきれいな物がある。どうして自分はこのことをしろうともしなかったんだろう、と。後悔と共に、感謝にあふれた帆奈と過ごした日々を思っていた。
    • しばらく後のある夜。電波塔の展望台で何やら準備していた帆奈は、あのペンを持ちつつ、今はいないみことに呼びかける。帆奈はみことが最後何を言おうとしていたか分かっていた。それとともにその気持ちを忘れて欲しくないとも感じていた。そして、帆奈はみことがほしがっていた世界を現実にするため行動を起こし始める。
    「本当に欲しかったのは何だったんだろう?」

更紗帆奈
上述の通り帆奈との出会いから行動を共にする様子、そして魔女化するまでが触れられている。

期間限定イベント

サヨナラ・ストレージ
これまでの帆奈が起こした「混沌」に繋がる出来事をみことの視点から追った内容。
魔女になったものの思念体として帆奈の中に寄生したみことだったが、ある時実態のない姿で帆奈の前に姿を見せる。帆奈曰く「幽霊」となったみことは、帆奈とともに神浜市内に混沌を巻き起こすべく行動する。

なお学生生活も楽しめず、実際の家庭による敬遠を恐れ、家に友達を呼べず金欠故にまともな弁当も用意できない為、一人で昼食を取り放課後に皆と遊ぶことも不可能。やがて付き合いが悪いと思われて社交的に振舞っても空回りしていたという。

魔女化の影響により、帆奈に寄生している間にも魔法少女の悲劇の光景が流れ、徐々に憎悪抑えられなくなりすべてを滅ぼしたいと願うようになる。

ある日些細なことで帆奈と喧嘩になる。と言っても一方的にみことがわめいてるだけで、恥ずかしさ故自分の姿を消してしまう。少しして帆奈が苦しみだし慌てて姿を現すと、帆奈の手には黒く穢れたソウルジェムがあった。みことの顕現の為に、そして帆奈が独自に進めていた計画の為に暗示の魔法を多用した為に魔力の消費が多くなり、それによりグリーフシードが想像以上に消費され、枯渇していたのが原因だった。

その後帆奈は最後の力を振り絞ってみことの移植の魔法をコピーし、みことの人格を他の魔法少女に移植した後、自らソウルジェムを砕いて死亡する。帆奈を失ったみことは彼女を奪ったこの世界を憎悪し、滅ぼすことを決意する。残されたみことは様々な魔法少女の中を転々とする。そしてアリナに宿った後展望台を訪れる。ふとこの日が帆奈の計画のXデーだと思いだし、外を見やると街の明かりが「HAPPY BIRTHDAY」の文章に点灯していた。そう、生まれ変われたはずのみことへの帆奈からの祝福のメッセージだった。
神浜市への破滅願望は消えなかったものの、帆奈の遺した想いはみことの心に刻み込まれた。

この後ストーリーは第2部へと繋がっていく。

関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ

優木沙々魔法少女おりこ☆マギカの外道少女…もとい魔法少女。彼女の固有魔法も平たく言えば「言った通りに相手を動かす」ものである(ただし暗示ではなく、もっと凶悪な洗脳だが)。
美琴椿…「みこと」と名のつく魔法少女繋がり。
黒羽根(匿名希望) 安名メル:本作で魔女になってしまった魔法少女。
八雲みたま 八雲みかげ 矢宵かのこ:キャラクターデザインが同じ。特にみたまはみことの破滅願望の原因であり、無属性アクセルゴリラである事も共通。
桐野紗枝…不遇な家庭環境から自分を偽り続けてきた魔法少女。

屋上の魔女:鏡の魔女との関係が言及される以前は、団地の屋上を好んでいたことと帆奈の言動から、彼女が屋上の魔女になったのではないかとファンの間では推測されていた。

関連記事

親記事

大東学院 だいとうがくいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141088

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました