ピクシブ百科事典

鏡の魔女

かがみのまじょ

鏡の魔女とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔女)の一種である。
目次[非表示]

概要

鏡の魔女 その性質は『隠遁』
その性質ゆえ、結界は幾重にも重なる階層から成る。
ひっそりと隠れていたいだけの臆病な魔女であるため、
人や魔法少女の殺害によって魔力を集めるようなことはせず、
結界内に入ってきた魔法少女たちの魔力を僅かに吸収することで、
自分の身を守る層を形成してゆく。
侵入者が増えれば増えるほど、結界の構造もまた、複雑に発展してゆく。
(『マギアレコード』公式サイト内のミラーズの説明文より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
分類鏡の魔女
真名不明
性質隠遁
手下鏡の魔女の手下(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)
キャラクターデザイン不明


外見

未登場のため不明。

特徴

神浜市某所に存在する「鏡屋敷」の内部に住む魔女。他の魔女とは一線を画した性質を持つ(後述)。

魔女の結界(ミラーズ)

他の魔女の結界とは明らかに異質で、誰かが訪れるたびにその構造を不規則に変えていき、時には出られなくなることもあることから、神浜市の魔法少女からは「果て無しのミラーズ」と呼ばれる。

住処から出て他の魔女の結界に入り込み、そこで戦っている魔法少女に向かって自身の結界への招待状(ちなみにこの『鏡の招待状』、ゲーム上では覚醒アイテムである)を投げて来る使い魔がいる他、結界の中には「警戒」を役割とする使い魔(やはりと言うべきか、この使い魔は設定上は自分の役目を真面目に果たしていない)の他に、訪れた魔法少女の「型」を取る使い魔がおり、この空間の最大の特徴として、取られた「型」から生まれた魔法少女の鏡像(つまり同じ能力を持ったコピー)が攻撃を仕掛けて来る。

ゲーム上では他のプレイヤーがミラーズで使ったチームが敵として登場し、バトルすることでアイテムと交換できたり、ミラーズ内のストーリーが解放されて行ったり、ランキングがついたりすると言うシステムである。

鏡像の魔法少女たち

ミラーズ内で生成された訪問者たちのコピーであり、迎撃システム。

外見上は本人と瓜二つ(ただし、バトルでは容姿の左右が逆)だが、コピー元の魔法少女とはあたかも鏡で映したように真逆の性質・性格を持っており、そのため見る人が見ればわりとすぐに偽物と分かる。そのくせ本人たちは「私が本物よ」と主張し続ける。

一応自我や個性はあるようだが、マギレコの魔法少女たちはほぼ全員が善人であるため、その「鏡像」である彼女らは、今のところほとんどは悪の存在である。
まあ、彼女は特殊な例として。

いろは?

  • まだミラーズについてよく知らなかったいろはが型を取られたことで誕生した鏡像で、生まれてすぐにいろはに襲い掛かった。
  • 終始楽しげに笑うのみで台詞を発さなかったため、パーソナリティについては不明だが、オリジナルの逆と考えれば、多分ろくな性格ではない。


やちよ?

  • 常に言動に落ち着きのあるやちよの鏡写しなだけあり、凶暴で口が汚い、野蛮人と呼んで差し支えない性格をしている。
  • それだけに彼女と付き合いの長いももこには癇に障るところがあったようで、「お前みたいな奴がやちよさんを騙るな」と、完全に逆鱗に触れてしまった。


かえで?

  • おどおどとした本物のかえでの逆で、オラオラとしたとても強気な性格になっている。
  • 本物のかえでを「だからお前は駄目なんだ」とどやしつけ、「俺がかえでだこの野郎」と、一人称まで変化している始末。当然、いろはにはすぐに見破られた。


レナ?

  • かえでと並び、おそらくオリジナルから最も極端に性質が変化している例の一つ。
  • 誰に対してもビクビクした気弱な言動をしているが「みんなで遊ぼうよ、わーいわーい」等と、社交的らしい発言も見せる。
  • 何気に普段からレナに対して色々鬱憤が溜まっていたらしいかえでは気弱なレナを見たとたんに変なスイッチが入り、いじって遊び始める(と言っても、ほっぺをつつくと言った可愛らしいものだったが)が、そこに突如現れた本物のレナが自身の偽物とかえでを引き離す。
  • 実は彼女はツンケンしていても心根はまっすぐなレナの鏡像であるが故、卑怯かつ残忍な本性を隠しており、先程までの振る舞いも実はかえでを油断させて攻撃(曰く、お腹をザクザク刺してあげようと思った)するための演技だった。


衣美里?

  • 3体同時に登場。元が裏表のない素直な性格であるためか、偽物の中で唯一オリジナルから性格の変化が見られない。それどころか、本物の衣美里は偽物達とすっかり打ち解けており、逸れてしまったみゃーこ先輩や梨花っぺの捜索を手伝ってもらったため、いろはや鶴乃を驚かせた。


ひなの?


経歴

果てなしのミラーズ


呼び水となりて綻び

梓みふゆをメインとしたイベントストーリーだが、この物語でミラーズの成り立ちと鏡の魔女に関する起こりが初めて明かされた。

本編開始の1年前、やちよとみふゆによってとりまとめられていた神浜市の西側(新西区・水名区・参京区・栄区)の魔法少女と、和泉十七夜によって統括されていた東側(大東区・工匠区)の魔法少女がそれぞれテリトリーを持ち、その中間の位置に当たる都ひなのが中心となっている中央区は中立地帯として機能していた。

しかし、ある日中央区で西側の魔法少女が東側の魔法少女に襲われる、あるいはその逆の事態が発生する。丁度テリトリーの扱いなどでトップ会談を行っていたやちよ・みふゆ・十七夜にも話が耳に入り、真偽の確認を巡って会談は決裂してしまう。
そして疑心暗鬼となったそれぞれの側の魔法少女、さらにはテリトリー争いに巻き込まれる形の中央区の魔法少女は険悪となり、事態は悪化の一途を辿る。

だが、ある日のこと、やちよのチームに属する安名メルの姿に似た魔法少女によって東側の魔法少女が襲われたことによって事態が動く。メルはその時刻には学校におり、学校の先輩である十七夜が確認したところ、教職員の証言も得られたのでアリバイが成立した。
このことを踏まえて、みふゆが被害に遭った魔法少女に聞き込むことによって、犯人に気づいたのである。それは中央区に突如現れた、不思議な結界を持つ魔女によるものだった。

その魔女の結界では、魔女がコピーした魔法少女の偽物と戦うことになる。すなわち偽物の魔法少女によって襲われた、これが魔法少女襲撃事件の真相だった。
さらに鏡のように深く分かりづらい結界ではその最深部、そして魔女の本体へたどり着くのも容易ではない。やちよたちは調査を打ちきり、対策を立てることになる。

その後、鏡に誘導されるという魔女の性質を利用して市の東側にある一般人が近づかない廃墟に誘導、管理人をたてて厳重に管理されることになる。こうしてできたのが「果て無しのミラーズ」である。

ミラーズランキング

便宜上ここで扱う。

2018年1月に初開催されたランキング戦で、対戦するごとにポイントと勝敗に応じてミラーズコイン及びランキングメダル、累計戦闘数でマギアストーンが得られる。そしてポイント数からランキングが決定するというもの。

2018年5月開催での大まかなルールは以下の通り。

  • 5日間の予選期間で1日10回戦い、その獲得ポイント数に応じてS・A・B・C・Dにクラス分けが行われる。
  • クラス分けが完了した後本戦を開始、20回の戦いで得られた最終ポイント数によって段位(下から順に1から3の星の数で表示)が決定する。
  • ポイントは1回あたり勝利時1000ポイント、敗北時300ポイントを基準点とし、勝利した際にはコネクト使用数×ターン数から算出されるバトル評価ボーナス、強いパーティに勝つことによる戦力ボーナス、指定された回数(予選は3戦目と7戦目、本戦は3・7・13・17戦目)で勝利することで得られるブレイクチャンスを掛け合わせることでポイントが増加する。

関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
魔女(魔法少女まどか☆マギカ) 鏡の魔女の手下Kirico Keepers
マギカシリーズ:明確な悪人魔法少女が登場する外伝作品。そんな彼女らが‘反転’したら気持ち悪くなること間違いなし…
ギャップ萌えそういうゲームじゃねえからこれ!

pixivに投稿された作品 pixivで「鏡の魔女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 662

コメント