ピクシブ百科事典

都ひなの

みやこひなの

都 ひなの(みやこ ひなの)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「こらー! やめろー! 見下ろすな!」
リア充がなんだ! エタノールで爆発しやがれ!

概要

幼い見た目に反して長い経歴を持つ、ベテラン魔法少女。
学校では化学部の部長も務める、理系女子でもある。
後輩たちからは慕われている反面、見た目の子供っぽさをイジられることも多い。
本人は至極真面目にセクシー系を目指している。
(『マギアレコード』内のプロフィールページより)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校南凪自由学園
年齢学年18歳高校3年生
肩書き魔法少女
キャラクターデザインGENJIN
声優朝日奈丸佳
願い事危険な実験から助かること
固有魔法???


人物像

身長は145cmと非常に小柄で、小学生かと間違われる程に見た目が幼い。しかし、18歳・魔法少女歴が5年と、本作に登場する魔法少女の中では七海やちよ(19歳、魔法少女歴7年)に次ぐ年長者であり、大ベテランの先輩である
制服の上からダボダボの白衣羽織っている

一人称は、カタカナで「アタシ」。男っぽいぶっきらぼうな口調で話す。
いわゆる「リア充では無い」人物で、「リア充」に対する歪んだ憧れや妬みを持っている。一方で、新米の魔法少女の悩みを聞いてやったり、年相応に面倒見のよい一面もあり、木崎衣美里からは「偉大な先輩」と認識されている。また、友人の悩みや悲しみを自分のものとして感じられる程度には人情家であり、派手な場が苦手、もしくは嫌いなだけで、実は人に好かれる素質は十分にあると思われる。

各魔法少女ストーリーやイベント「マジカルハロウィンシアター」でも見られるように、ベテラン魔法少女としての経験や洞察力、面倒見の良さやぶっきらぼうな口調から垣間見える優しさ、そして男前な発言などから、ユーザーの中には彼女のファンとなっている者も増えてきている。

魔法少女として

「アタシの可愛い後輩に手を出したのはお前か? ……お前かって……聞いてんだよ!!」

かつて好奇心から危険実験に手を出して死にかけ、キュゥべえに命を救われた代わりに魔法少女になった。この経緯は巴マミに似ている。

頭から猫耳が生え、やはり白衣を着ている。
爆薬が仕込まれた試験管やフラスコを投げつける、「魔法」少女でありながら、化学者らしさの目立つ戦法をとる。

ゲーム上の特徴

ステータス

基本データ

属性フォレスト(木)
タイプサポート
イラストレーターGENJIN(★2〜4)
実装日初期実装(★2〜4)


ディスク構成

アクセル縦ブラスト横ブラストチャージ
×1×1×1×2


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★2Lv.5012,1143,4903,431
★3Lv.6015,3474,4274,348
★4Lv.8020,1895,8285,721


コネクト「共同研究の成果発表だ!」

レアリティ効果
★2与えるダメージUP[Ⅳ] & 必ず毒
★3与えるダメージUP[Ⅵ] & 必ず毒
★4与えるダメージUP[Ⅷ] & 必ず毒


マギア「アトモ・アラビアート」

レアリティ効果
★2敵全体にダメージ[Ⅰ] & 確率で毒(敵全/3T)
★3敵全体にダメージ[Ⅲ] & 確率で毒(敵全/3T)
★4敵全体にダメージ[Ⅴ] & 確率で毒(敵全/3T) & 必ずスタン(敵全/1T)

「はい、注目ぅ! ここからがハイライトだぁっ!!」

英語表記は「Atomo Arrabbiata」煙幕で相手がまごついている隙をついて(この時、ひなのだけはガスマスクを着用する)大量の爆薬を投入するド派手な技。

ドッペル

未実装。

専用メモリア「LOVE化学」

化学の魅力を知ったあの日から、彼女は日に日にのめりこんでいく。本日の実験は「カメレオン実験」化学反応によりそれぞれが違う色で染まった試験管は、一種の芸術作品にも見える。

レアリティイラストレーター最大レベル使用可能ターンタイプ
★3ともひとLv.408→7スキル

ステータスHPATKDEF効果
初期4620462必ず毒(全/1T)
最大1,15501,155必ず毒(全/1T)

経歴

メイン&アナザーストーリー


魔法少女ストーリー

都ひなの

  • 第1話「凸凹化学実験室」
    • リア充を目指すべく初恋の相手に告白しようとするひなの。いわゆる世間一般で言うリケジョではあるのだが、どうも恋愛に関しては論理的に行くことができず、さらに告白した相手は幼児体型のひなのよりもセクシー系の方が好み。結果玉砕してしまう。
    • それを引きずったままアシスタントの衣美里と化学の実験イベントの準備をするのだが、引きずりすぎてキャラが変わる始末。衣美里がいろいろ声をかける中、「合法ロリ」という言葉に反応し、ついに怒りのスイッチが入り、愚痴が止めどなくあふれ出し泣き出す。
    • そしてぼやき続けるひなの。自分の方が年齢上なのに、身長は衣美里よりも低い。その辺を最初に会った時からからかわれ続けていた。小さすぎて最初は幼稚園児か小学生と思われてしまい、高校生である事を驚かれることに。さらに気に入られた上に押しかけアシスタントになられてしまった。


  • 第2話「混ぜるな危険」
    • さて、化学薬品の工場で働いている父親の影響で化学の道を突っ走るひなの。小さいときの自分がそうだったように、小学校や公民館などで老若男女問わず化学の面白さを伝えようと、実験イベントをあちこちで開いている。そしてこの日は小学校の理科室で行う。まずは手始めに過酸化水素と台所用洗剤を混ぜたものに、ヨウ化カリウムを入れる。そうしてできた化学現象に子供たちは大受け(参照:象の歯磨き)。
    • ところがある子供がある薬品に興味を持ち始める。流石に危険なのでひなのは遠ざけようとするが、他の子供たちも含めほしがろうとする。よく見れば子供たちの首には魔女の口づけ。小学校は魔女に捕らわれていた。ひなのは衣美里と二手に分かれて魔女を探すことにする。

  • 第3話「偉大なみゃーこ先輩」
    • テレパシーで衣美里とやりとりしながら捜索していると、衣美里が魔女の結界の最深部にたどり着いたことを知る。しかしそこにいた学校の先生達が硫化鉄と塩酸を持っていることを知ると、硫化水素による有毒ガスが発生するため、直ちに衣美里に引き返すよう指示。
    • ひなのが結界にたどり着くと無数の使い魔が襲いかかる。何とかはねのけ、衣美里の元へ向かうが、その衣美里は魔女と戦うも有毒ガスが漂う中ガレキで閉じ込められた状態となった。ひなのは最深部へと急ぐ。
    • ひなのは薬品の取り扱いの危険さを身をもって知っていた。昔、有害ガスを発生させる危険な実験に手を出したために生死の境を彷徨うことになる。その時に出会ったキュゥべえに契約し一命を取り留めると共に魔法少女になったのである。
    • ようやくたどり着いたものの、ガレキだらけで通れない状況。しかしひなのの体型なら通れる隙間を見つけ何とか先に進む。この時ばかりは自らの小さい身体を感謝した。そして最深部で大切な後輩を失いたくないという気持ちが魔女への怒りとして爆発する。

みゃーし


    • ようやく魔女を倒し、衣美里を救い出せたひなの。怒りつつも衣美里の事を自慢の後輩だと褒めていた。
    • 事後、なんでソウルジェムの反応がないまま魔女が出たのかと疑問に思う2人。ただいつ何時も引き締めないと、と考える。そして衣美里は「みゃーこ先輩があーしの為に泣いてくれた」と言うとひなのは猛否定。だが衣美里はひなのを尊敬していることを口にする……のだが、最後はやっぱりひなのの小さい身体を抱きしめて可愛がるのだった。

綾野梨花

  • 第1話「恋を叶える方法」
    • 衣美里に誘われ初めて合コンに行くことになったひなの。一緒に参加する梨花のことを「清楚系女子」を聞かされていたが実際に会ってみるとギャルだったので思わず絶句。で、合コンが始まってみると男性陣の性格に難がありすぎる。ひなのも散々言われてしまうが、梨花が男性陣にぴしゃりと言い放つ。
    • 帰り道、梨花が好きな人に恋人がいたと分かってやけ気味になり合コンを提案したと知ると、衣美里は自分とひなのが魔法少女である事をばらし、「魔法少女になって夢を叶えちゃえ」と言うが、さすがに前述の経緯も有りひなのとしては魔法少女になることを反対する。


  • 第2話「永遠に叶わない願い」
    • しばらくして。梨花は魔法少女となって憂さ晴らし的に魔女との戦いを繰り広げている。そんなときにひなのと再会。梨花があまりにも無茶な戦いをしているのを嗜めるが、梨花は魔女との戦いがストレス発散で有り、そのストレスの原因は自分が契約によって、本来叶うはずのないの恋を無理矢理成就させためであり、後悔に苛まれていたことを明かす。

  • 第3話「12時過ぎの魔法使い」
    • しかしひなのはそんな梨花のことを理解し、偏見無く受け止めた。そして梨花に協力する形で本来結ばれるはずだった男女の恋の橋渡しを行うことになる。無事に2人を結び、その様子を涙を流しながら見届ける梨花をひなのは励ます。梨花とひなのの絆は深まることになり、梨花は衣美里に習う形でひなのを「みゃこ先輩」と呼ぶようになった。

五十鈴れん

  • 第2話「それはまだ知らない光」
    • れんを元気づけるためとはいえ、衣美里と梨花に体型をダシにされてしまう。この回の「でも希望を捨てずに生きてるんだよ」というセリフは妙に汎用性がある。


かずみ

  • 第2話「働くかずみ」
    • アイデアが出てこず色々煮詰まった状態のひなの。衣美里が「美味しい物を食べればいい」というのですすめられた洋食屋ウォールナッツを訪れ、「アイデアが出る料理」を所望する。
    • そこでまなかとかずみが料理を作って出したのがホットドッグとサラスパとワッフル。かずみ曰く「アイデアがポッと出るドッグ」「サラスパっと実験が進む」「成功の予感がワッ来る」というもの。ひなのは唱えながら食べると発想の転換ができるように。かずみに寄れば親友もこういうことを言いながらリフレッシュしていた。
      • ちなみに『魔法少女かずみ☆マギカ』を既に読んでいれば分かると思うが、実際に原稿に煮詰まった海香がこのような妙なことを言い出したりしている。


  • 第3話「料理するかずみ」
    • そしてかずみが思い出した海香とカオルの名前。ひなのはカオルの名前に心当たりがあったことからその場所をかずみに教えたのだった。

ミラーズ

衣美里・梨花と共に鏡の魔女の結界(果てなしのミラーズ)へやって来たひなのだったが、途中で2人とはぐれてしまい…。

マジカルハロウィンシアター〜一日だけの魔法少女劇団〜

  • ハロウィンの日に子供会で劇をやるため準備に奔走する御園かりん。ひなのは彼女から舞台の演出で使うスモークを作ってほしいと依頼されるのだが、流石に素人に薬品を使わせるのは危ないと、ひなの自ら特効演出に携わることに。
  • 当日、そのかりんがなかなか来ず、劇の開始に間に合わないというトラブルが発生。最年長であるやちよも含め劇を始めるかもう少し待たせるか判断を迷う中、子供たち相手に化学教室を開いてきたひなのは「始めた方がいいぞ」と進言。曰く、子供たちが一度席に着いたら集中力のタイマーが動き始めており、一人のタイマーが切れた時点で他の子供たちも芋づる式にじっとしていられなくなる。子供たちを楽しませるネタが他にあれば別だが、ないのならばすぐに始めた方がいい。この経験に基づく助言を受け、幸いにもかりんの出番が終盤である事を鑑みて劇の開始を決断する。
  • そして劇が始まってしばらくすると魔女の気配。裏方なので動きやすいひなのは同じく裏方の明日香かのこと共に魔女を迎撃しに行くことになる。


人間関係

木崎衣美里:化学部のアシスタントに採用している。体形と年齢のギャップから「合法ロリ」と言われてしまった。公式が病気

あーしのみゃーこ先輩っ☆



綾野梨花:衣美里を通して知り合い、悩みを聞いてやる。「みゃこ先輩」とあだ名を付けられた。

まずいですよ先輩!



七海やちよ:神浜市の魔法少女における年長者コンビとなる。前述したハロウィンイベントで特にお互いのことに言及が無かったため、顔見知りであると考えられる。

巴マミ:フォレスト属性・事故からの生還を願って契約した魔法少女つながり。

千歳ゆま:直接の関連は無いが、ネコの意匠がある、カラーがグリーンで属性も「フォレスト」で同じ、外見が幼いと言う共通点がある。向こうは本物の幼児だが。

関連イラスト

先輩可愛いよ先輩



関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
※高校生です 合法ロリ

pixivに投稿された作品 pixivで「都ひなの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39497

コメント