ピクシブ百科事典

果てなしのミラーズ

はてなしのみらーず

ソーシャルゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のゲームシステムの一つ。もしくは、劇中に登場する鏡の魔女の結界の通称。
目次[非表示]

概要

ソーシャルゲームマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場する鏡の魔女の結界の通称である。

鏡の魔女の結界は、他の魔女の結界とは明らかに異質で、誰かが訪れるたびにその構造を不規則に変えていく。時には出られなくなることもあることから、神浜市魔法少女から「果てなしのミラーズ」と呼ばれている。

住処から出て他の魔女の結界に入り込み、そこで戦っている魔法少女に向かって自身の結界への招待状(ちなみにこの『鏡の招待状』、ゲーム上では覚醒アイテムである)を投げて来る使い魔がいる他、結界の中には「警戒」を役割とする使い魔(やはりと言うべきか、この使い魔は設定上は自分の役目を真面目に果たしていない)の他に、訪れた魔法少女の「型」を取る使い魔がおり、この空間の最大の特徴として、取られた「型」から生まれた魔法少女の鏡像(つまり同じ能力を持ったコピー)が攻撃を仕掛けて来る。

期間限定イベント『Magia Clash!〜魔法少女リリカルなのはDetonation〜』において、果てなしのミラーズにおける新規バトル画面と全貌らしきイラストが明かされたが、詳細は不明。
全体像においては、いくつもの家具が置かれた部屋や階段が、エッシャーの作品やキュビズムのように奇妙な形で繋がっている。

ゲームシステムとしての「ミラーズ」

ゲームシステム上では、鏡の魔女の結界を舞台にしたゲームシステム上におけるチャレンジモードを指す。他のプレイヤーがミラーズで使ったチームが敵として登場し、バトルすることでアイテムと交換できたり、ミラーズ内のストーリーが解放されて行ったり、ランキングがついたりする、と言うシステムである。

鏡像の魔法少女たち

ミラーズ内で生成された訪問者たちのコピーであり、事実上の迎撃システム。「鏡の魔女は恐ろしい魔法少女を複製するなんてどうかしてると思っているが、気が小さいため文句を言えない。」(シャフト原画展より)とあり、設定上は魔女の意志に反して手下が勝手に作り上げたシステムである。
手下は、あくまでも「お客様」のおもてなしの一環のつもりでコピーを取っている。結界内には、手下がコピーをコレクションした「お客様コレクション部屋」が幾つもあるという。

外見上は本人と瓜二つ(ただし、バトルでは容姿の左右が逆)だが、コピー元の魔法少女とはあたかも鏡で映したように真逆の性質・性格を持っており、そのため見る人が見ればわりとすぐに偽物と分かる。そのくせ本人たちは「私が本物よ」と主張し続ける。
ただし、型の取り方によって癖が出るため、単純に正反対になる訳では無い。基本的に、型を取るのに時間を掛ければ掛けるほど完成度が上がり、見破られにくくなる。

一応自我や個性はあるようだが、マギレコの魔法少女たちはほぼ全員が善人であるため、その「鏡像」である彼女らは、今のところほとんどは悪の存在である。
まあ、彼女は特殊な例として。

なお、時系列順に並べると後発の個体ほど本物と見分けるのが難しくなっている。

いろは?

  • まだミラーズについてよく知らなかったいろはが型を取られたことで誕生した鏡像で、生まれてすぐにいろはに襲い掛かった。
  • 終始楽しげに笑うのみで台詞を発さなかったため、パーソナリティについては不明だが、オリジナルの逆と考えれば、多分ろくな性格ではない。
  • イベント神浜レアリティースター開始後、なんと『マギア☆レポート』のいろはちゃんの姿で出現。早速ミラーズに乗り込んで型を取られたのかと思いきや、不具合なので修正したと公式の告知があった。こちらのパーソナリティーも不明だが、多分ガチャ嫌いで引き強なのだろう。


かえで?

  • おどおどとした本物のかえでの逆で、オラオラとしたとても強気な性格になっている。
  • 本物のかえでを「だからお前は駄目なんだ」とどやしつけ、「俺がかえでだこの野郎」と、一人称まで変化している始末。当然、いろはにはすぐに見破られた。


やちよ?

  • 常に言動に落ち着きのあるやちよの鏡写しなだけあり、凶暴で口が汚い、野蛮人と呼んで差し支えない性格をしている。
  • それだけに彼女と付き合いの長いももこには癇に障るところがあったようで、「お前みたいな奴がやちよさんを騙るな」と、完全に逆鱗に触れてしまった。
  • やちよは以前にも複数回鏡像を作られていたが、「あなたみたいに醜悪なのは初めて見たわ…!」と嫌悪感を示していた。


レナ?

  • かえでと並び、おそらくオリジナルから最も極端に性質が変化している例の一つ。
  • 誰に対してもビクビクした気弱な言動をしているが「みんなで遊ぼうよ、わーいわーい」等と、社交的らしい発言も見せる。
  • かえでは何気に普段からレナに対して色々鬱憤が溜まっていたらしく、この気弱な鏡像のレナを見たとたんに変なスイッチが入り、いじって遊び始める(と言っても、ほっぺをつつくと言った可愛らしいものだったが)が、そこに突如現れた本物のレナが自身の偽物とかえでを引き離す。
  • 実は彼女はツンケンしていても心根はまっすぐなレナの鏡像であるが故、卑怯かつ残忍な本性を隠しており、先程までの振る舞いも実はかえでを油断させて攻撃(曰く「お腹をザクザク刺してあげようと思った」)するための演技だった。
  • 本性を暴かれると「一緒に傷つけ合おうよぉ~!」とあらぬ事を口走り、鏡像の仲間を呼ぶが、無事倒された。


衣美里?

  • 3体同時に登場。元が裏表のない素直な性格であるためか、偽物の中で唯一オリジナルから性格の変化が見られない。それどころか、本物の衣美里は偽物達とすっかり打ち解けており、逸れてしまったみゃーこ先輩や梨花っぺの捜索を手伝ってもらったため、いろはや鶴乃を驚かせた。


ひなの?

  • かなり精巧に本人に化けていた例。衣美里も最初は気付かなかったものの、容姿の幼さを言われても怒らず、笑って返していたことから正体がばれ、憧れの先輩の姿で騙されて激おこの衣美里らに成敗される。


梨花?


マギウス?

  • 最初にメインストーリーに登場した個体。マギウスの3人のコピーで、第一部第9章にてホテルフェントホープに捕らえられ、迎撃システムとして利用されている。
  • 本物との差異はかなり細かい。アリナの鏡像は台詞に英語が混ざらない。ねむの鏡像は一人称が「僕」ではなく「あたし」で、やや雑で粗暴な性格。灯花の鏡像は一人称が「わたくし」ではなく「私(わたし)」で、気持ち悪いぐらい反応が素直である
  • バトル時の能力は本物と同様だが、ちゃんと左右が反転されている。
  • 本物には含むところがあり、正体がバレた後もいろは達に味方すると持ちかけるが、いろはに「灯花ちゃんもねむちゃんもふたりは要りません!」と一蹴されて倒された。


チームみかづき荘?

  • メインストーリーに登場した個体その2。マギウスのコピーと同様、迎撃システムに利用されている。
  • いろは、やちよは、ミラーズストーリーの物より完成度が高い。いずれも、それぞれの過去のトラウマをえぐって精神攻撃を仕掛けてくる。
  • いろはは、他のみかづき荘メンバーとは別にコピーと戦闘になる。コピーは本物と違い、自分自身を回復してくる。


十七夜?

  • メインストーリーに登場した個体その3。同じく、十七夜のトラウマを掘り返そうとするが、「心を読めば良いことを」と突っ込まれると、「コピーだから能力を真似るのは些か難しい」と言い訳して十七夜は引き下がった。
  • 言動は素直で、マギウスに味方するよう誘いを掛けるが、十七夜に退けられると「自分はただ消えて、事の成り行きを見守るだけだな」と納得したそぶりを見せる。しかし、やっぱり消えてくれずに戦闘になる。


団地組?

  • 大東団地の仲良し3人組のコピー。本物たちとは違い、お互いの仲は険悪。
  • 3人それぞれに残りの2人のコピーがつき、一緒にいるように見せかけてはぐれさせる(このため、3人にそれぞれ2人で3×2=6人のコピーがいたことになる)という高等な作戦を仕掛けて来るも、3人で交わした約束を知らなかったことから見破られ、倒される。


はやて?

  • コラボで「魔法少女リリカルなのはDetonation」の世界からやってきた八神はやてのコピー。最初にキャラストーリーに登場した例にして、異世界の力を使って変身した初の例。
  • こちらはなんと一気に4人も登場し、本物と混ざってどれがどれやら分からなくなってしまう。知識等、それぞれよく話を聞いてみなければ分からないような差異がある。
  • ストーリーでもちゃんと敵キャラとして登場する。


あきら?かこ?


各話リスト

第1〜11鏡層

話数登場キャラクター実装日
第1鏡層環いろは八雲みたま七海やちよ十咎ももこ水波レナ秋野かえで阿見莉愛初期実装
第2鏡層「果てを求める旅へ」
第3鏡層
第4鏡層
第5鏡層
第6鏡層
第7鏡層
第8鏡層
第9鏡層
第10鏡層「ささやかな復讐(後編)」
第11鏡層「覗き込む鏡の深淵」


第12〜20鏡層

話数登場キャラクター実装日
第12鏡層「いろは、再び」環いろは・八雲みたま・由比鶴乃木崎衣美里都ひなの綾野梨花五十鈴れん2017年9月15日
第13鏡層「賑やかな会議」
第14鏡層「先輩と後輩」
第15鏡層「衣美里は知っている」
第16鏡層「鏡の奥からの伝言」
第17鏡層「さよならなんて言わない!」2018年8月27日
第18鏡層「また今度と言った」
第19鏡層「声は響いて」
第20鏡層「真偽を分かつ記憶」


第21〜28鏡層

話数登場キャラクター実装日
第21鏡層「消えた調整屋」環いろは・八雲みたま・七海やちよ・静海このは遊佐葉月三栗あやめ相野みと伊吹れいら桑水せいか眞尾ひみか2018年10月29日
第22鏡層「揃わない足並み」
第23鏡層「糸はほつれて」12月25日
第24鏡層「私たちの罪に罰を」
第25鏡層「三者三様」2019年2月22日
第26鏡層「後悔に手招かれて」
第27鏡層「直感の約定」4月26日
第28鏡層「追う背中」


第29〜30鏡層

話数登場キャラクター実装日
第29鏡層「幻は偶然と共に」常盤ななか純美雨志伸あきら夏目かこ2019年8月29日
第30鏡層「彼女の痕跡」

関連記事

親記事

鏡の魔女 かがみのまじょ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「果てなしのミラーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9092

コメント