ピクシブ百科事典

ローグライクゲーム

ろーぐらいくげーむ

ローグライクゲームとは、ゲームの種類のひとつ。
目次[非表示]

概要

直訳すると「ローグみたいなゲーム」。
ダンジョン探索型のRPGrogue』の特徴を踏襲したゲームの事。
日本ではチュンソフトが製作している不思議のダンジョンシリーズが有名。

主な特徴

ランダム生成ダンジョン
毎回もぐるたびに違うダンジョンが生成される。基本的に前の階には戻れず、目的階層までは一方通行である。

ターン制の戦闘システム
PCと交互に行動し、行動しない限りは時間経過は無い。

死亡等によるリセット
死亡等により持ち物やレベル等がリセットされる。
ただし不思議のダンジョン系だと倉庫に預けた持ち物はリセットされない。

空腹度の採用
移動、アイテムの使用等の行動により空腹度が減っていく為、なんらかの食料を必要とする。
ただしモンスターゲートでは食料の概念は無い。

不確定なアイテム
ダンジョン内に落ちている「使ってみるまで効果がわからない」「装備しないとわからない」ものが多く、回復アイテムなら問題ないが毒等のバッドステータスを与えるアイテムだと途端に罠になる。
名称も曖昧なものが仮のアイテム名で表示されている上に、次に拾った時に効果が一致するとは限らない。

罠の数々
当然ダンジョン故に罠も仕掛けられている。ダメージを受けるだけではなく、装備に呪いがかかる・装備やアイテムが使い物にならなくなる…といった罠も多い。罠に引っかかるまで表示されないが、武器を一見何もない場所で振るとそこに罠があると事前に目視できるシステムもある。

該当作品

不思議のダンジョンシリーズ


不思議のダンジョンシリーズではないが不思議のダンジョンタイプ


その他



関連タグ

ローグ ゲーム用語

関連記事

親記事

ゲーム用語 げーむようご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ローグライクゲーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7813

コメント