ピクシブ百科事典

Let_It_Die

れっといっとだい

Let It Dieとはガンホーとghmから発売されたPS4専用アクションゲームである。
目次[非表示]

西暦2026年
世界で同時多発した大地殻変動“アースレイジ”により
世界は四つに分断された

四つの大地では
“支配” “戦争” “天災” “飢餓”が勃発し
人類は混乱に陥った

しかし そんな中 世界の中心に
一つの巨大な塔がそびえた

天に向かって伸びるその塔は
世界を見下ろすがごとく勇壮で
人々はそれが“未来を暗示する礎”だと信じた

そしてそれは 神に一番近づける場所として
“バルブの塔”と呼ばれた・・・

ナレーション:遠藤憲一

LET IT DIE


もう やることは単純明快です 
バルブの塔のてっぺんを目指すだけ! 
センパイ ゲーマーじゃないスか~ 
なら大丈夫っス 


概要

ガンホーグラスホッパー・マニファクチュアによるPlayStation4用サバイバルアクションゲーム。
CEROレーティングはZ(18歳以上対象)。
日本では、2017年2月2日にDL版が配信開始した。108円(ゲーム内課金有)。
同年3月9日にパッケージ版が発売。こちらはゲーム内の課金アイテムや役立ちアイテムなどが付いている。6900円(税別)。

目の前に現れた死神「アンクル・デス」に、大地殻変動後に出現した「バルブの塔」の頂点を目指すよう促された主人公(プレイヤー)は、ハード機“DEATH DRIVE 128(デスドライブイチニッパー)”に没入し、塔の頂点を目指すべく下着姿1枚(パンイチ)で挑んでいく。

登場人物

アンクル・デス
CV:浜野謙太(日本版)
この世とあの世の狭間の住人。プレイヤーのことをゲーマーとして尊敬しているので「センパイ」と呼んでくる。
その素性や目的は謎に包まれている。

瀬戸 際子
CV:神田沙也加(日本版)
保険会社ダイレクト・ヘルの営業レディ。真っ赤なユニフォームとスクーターがトレードマーク。
プレイヤーが死亡するとコンティニュー保険の営業にやってくる。日本語版と英語版で性格がかなり違う。

ジャッカルズ
CV:武内駿輔 内田雄馬 沖佳苗(日本版)
バルブの塔を出入りする死体回収業者。業務中に邪魔をするモノは容赦無く抹殺する。破格の強さを誇るが倒すことができれば装備を落としてくれる(かも)。

鍋奉行
CV:キノコホテルマリアンヌ東雲(日本版)
キノコの粉末から生成したデカールを扱う「木野子會館」の店主。

ナオミ・デトックス
CV:たんこぶちんMADOKA(日本版)
ゲームセンター「HATED ARCADE」のアルバイト店員。
彼女のPCから様々なクエストを受けることができる。

MEIJIN
CV:高橋名人(日本版)
ゲームセンター「HATED ARCADE」にいるプロゲーマー。
普段は格闘ゲームに熱中しているが時々プレイヤーにヒントをくれる

コモドール・スズキ
CV:近藤浩徳(日本版)
武器や防具を取り扱う「直噴射」の店長。
プレイヤーが獲得した装備品の設計図や素材を渡すと開発してくれる。コマンド川崎という名の弟がおり、塔内で「逆噴射」を経営している。

虎井凛
CV:七瀬亜深(日本版)
塔にあるロイヤルエレベーターのエレバーターガール。
指定した階に安全、迅速に届けてくれる。利用していくうちに親密になる搭乗者もいるらしい。

バルブの塔

世界同時地殻変動アースレイジによって南東京(サウストーキョー)に生成した巨大な塔。東京の建造物を巻き込んで常に成長している。

様々なキノコの生育地

塔の内部には様々なキノコが生育し胞子を発している、その濃度は生きた人間は防護マスクを着用しないと即死してしまうレベル。生物が死ぬとその死体の養分を吸収して即座にキノコが生えてくる。キノコの効用は体力回復や防御力、攻撃力の向上のほか爆発する、範囲内の敵を即座に眠らせるなどなど。鍋奉行に渡すとデカールと交換できるキノコもある。
収穫したキノコの使用方法も自分で食べる、敵に投げつけるの二択がある。(例:爆発するキノコは食べると自爆するため敵に投げつけて使う)

構造

塔内は41階の階層に分かれていて10階ごとに異なった性質の階層になっている。毎日AM9:00に各階の出現エリアとつながり方が変化する。道中の特定のフロアでエレベーターを起動すればそのフロアと待合室を行き来できるようになる。(いわば中継地点)

階層ごとの特徴

1F~10F(マックス層)
後述の大ボス、マックスシャープが管理する、地下鉄や下水道といった地下施設で構成されるエリア。日用品、工具を改造した武装DODアームズを装備したスクリーマーが出現する。

11F~20F(ジャクソン層)
後述の大ボス、カーネルジャクソンが管理する、住宅地や商店街などで構成されるエリア。この階層の後半から敵の強さの上がり方が急激になるため生半可な装備で行くと返り討ちにされる。ミリタリー系の武装ウォーアンサンブルを装備したスクリーマーが出現する。

21F~30F(クロウリー層)
後述の大ボス、ミスタークロウリーが管理する、遊園地「カマテック」で構成されるエリア。敵の強さが格段に上がり到達したてのうちは雑魚の攻撃で即死も当たり前、とくに23Fに出現する中ボスGOTO-9はあまりの強さに数多のセンパイ達が絶望を味わっている。また炎上地形、トラップが多く防具の耐久値が削り取られやすくなっている。古典、ファンタジー系の武装キャンドルウルフを装備したスクリーマーが出現する。

31F~40F(軍艦山層)
後述の大ボス、軍艦山太郎が管理する、高層ビル群で構成されるエリア。この階層では炎が一切ないためフィールドでの生き物、キノコの調理が不可能となり、さらに落ちると即死のポイントも多数存在する危険な階層である。スポーツ用品を改造した武装M.I.L.K.を装備したスクリーマーが出現する。

41F~50F(ハイウェイトゥヘル)
2017年6月28日に追加された頂上到達後に解放される超高難度階層。持ち込めるアイテム数が5個(パス会員は7個)に制限され、出現する敵は全てヘイター/ハンター。さらにエスカレーターは一方通行になり前のエリアに戻ることは不可能で道中に一切エレベーターが設置されていない。(特定のエリアに設置された帰還専用のサーバーから待合室に戻れる)

塔内の敵

スクリーマー
塔を登ろうとして途中で力尽きた者がゾンビのように復活したもの。階層に応じて装備品が変わる。知能は低いため攻撃パターンは単純。

チューバー
人間の死体を改造して作られた兵器。スクラッチ、バレット、ボーン、トレジャーの4種類がいる。

ヘイター/ハンター
ヘイターは自身もしくは他のプレイヤーの死亡した操作キャラが敵化したもの。ハンターは他のプレイヤーから送られてくる刺客である。スクリーマーと外見は同じだがそれ以上の知能を有しガード、回避などを的確に行ってくる為非常に厄介な相手。しかし上記の敵とも敵対するのであえて手を出さずに放置しておけば敵を一掃してくれる。

中ボス

COEN(コーエン)
人間の死体を結合して作られた兵器。名前の由来は「高円寺」。攻撃力が高く、殴打や地ならし、突進を使う。最終階層では死体を両手に持って攻撃してくる。視力が皆無なのが弱点で敵の位置を音で把握している。

JIN-DIE(ジンダイ)
人間の死体を結合して作られた兵器。名前の由来は「深大寺」。腹部に内蔵された超電磁砲から人間の頭部を射出する。視覚が発達していてワープ移動を駆使しプレイヤーを翻弄する。

GOTO-9(ゴートク)
人間の死体を結合して作られた兵器。名前の由来は「豪徳寺」。巨大な口を有し、あらゆるものを捕食する。ボディプレスやスリップ効果のある嘔吐物に加え、中盤以降はザコ敵を生み出してくる。

U-10(ユーテン)
上記の三体から突如誕生した謎の生命体。名前の由来は「祐天寺」。長い尾を持ち、非常に攻撃力が高いうえに攻撃範囲も広い強敵。

首領(大ボス)

10Fごとに出現する強敵(生首)。塔内の随所に落ちている「Tales From The Barbs」というマンガを集めることで首領達が首領になるまでの生い立ちを知ることができる。

マックス・シャープ
CV:真壁刀義(日本版)
10Fオオメノソトのボス。側頭部に腕、顔面には髭を模した釘という異様な外見を持つ。生前はDIY用品店の店主を務める一方、DIY用品を改造した兵器「DODアームズ」を売りさばく武器商人だった。性格は非常に激昂しやすく、特に自身を侮辱するものに対しては容赦ない報復を行う。コーエンをベースにした攻撃を行う。

カーネル・ジャクソン
CV:武藤敬司(日本版)
20Fマカツツミのボス。元アメリカ軍の大佐兼兵器製造会社ウォーアンサンブルの社長。ナルシストでゲイでありジョニーという恋人がいたがとある出来事で死亡させてしまう。ジンダイをベースにした攻撃を行う。

ミスター・クロウリー
CV:橋本大地(日本版)
30Fサイゲツのボス。魔法使いの風貌をした老人....の外見をした17歳の天才科学者である。生まれついての天才で「ミスター」は周囲がつけた彼への敬称である。才能とは裏腹に精神年齢は子供そのもので、それが原因でとある凶悪な事件を引き起こしてしまう。ゴートクをベースにした攻撃を行う。

軍艦山太郎
CV:天龍源一郎(日本版)
40Fフタギのボス。左目がむき出しになっており、頭部の”まげ”にあたる部分に軍艦の模型が埋め込まれている。幼少期からスポーツ万能な少年で将来を有望視されていた。力士を志した際に身長が制限を下回っていたため頭部に軍艦のプラモデルを埋め込んんでこれをパスし、それが四股名の由来となっている。しかし力士となった彼は実力と同時に内に秘めていたおぞましい狂気も開花させていた。ユーテンをベースにした攻撃を行う。

???
とある人物によって差し向けられた最後のボス。頂上にてプレイヤーを待ち受けているが.......

その他の敵

ジャッカルズ
エリアにいる敵を全滅させた後そのエリアに留まり続けるとサイレンとともに出現する3体の敵。道中に出現する敵の中で最強であり、その強さはラスボスを余裕で上回る。一応倒すことができるが頂上に到達していないセンパイにはほぼ不可能なのでサイレンが聞こえたら全力でそのエリアから逃げるのが得策である。

4FORCEMEN
アップデートで順次追加される4体のイベントボス。上述のジャッカルズを更に上回る強さを持つ。現状このゲームで最強の敵で、最大の特徴は今まで攻略の手助けになってきた一部のキノコの効果を打ち消してくること。このためキノコを用いたごり押しが通用しない。また装備品の耐久性が凄まじく高い。特定のエリアに行って対戦料金を支払えば挑むことができる。

ホワイトスティール
マックス層に出現する44CEMENの一人。衝撃波を発生させるこん棒「スパイキークラッシャー」と広範囲に電撃を放射する「感電マッサージャー」が武器。

レッドナパーム
ジャクソン層に出現する44CEMENの一人。
様々な重火器の機能を兼ね備えた両手武器「M2G-B7」を装備。バンド「MY FIRST STORY」とのコラボとしてボーカル、HIROがCVを担当している。

ブラックサンダー
クロウリー層に出現する44CEMENの一人。某人気チョコバーとは一切無関係である。
ラ○トセイバーに酷似した剣「ライトバチュラ」と追尾と爆発性をもつ射撃武器「メデューサの首」を装備。

???
順次追加予定。

外部リンク


関連タグ

ガンホー グラスホッパー・マニファクチュア ローグライクゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「Let_It_Die」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45742

コメント