ピクシブ百科事典

マルチエンディング

まるちえんでぃんぐ

マルチエンディング(Multi Ending)とはゲーム用語で複数のエンディングを持つゲームのことである。
目次[非表示]

概要

マルチエンドと呼ばれることもある。基本的にはゲームオーバーバッドエンドを除いたエンディングが複数存在するゲームのことを指す。恋愛シミュレーションゲームなどでは昔から複数のヒロインが存在する=マルチエンディングと考えられるため、80年代には既に登場していたが、RPGなどでマルチエンディングが登場したのは90年代に入ってからであると言って良いだろう。

変化のパターン

また、マルチエンディングのパターンも様々であり、

  • 主人公と仲間などの友好関係によって、エンディング後の人間関係が変化
  • 主人公達の行動によって物語の顛末そのものが変化
の2つに大きく分類する事が出来る。

前者の場合、大まかなストーリーその物はどのエンディングであっても変わらないことが多く、主としては主人公とヒロインなどの後日談に影響を及ぼす程度である事が多い。一方の後者の場合は、ストーリーその物が変化し、場合によってはトゥルーエンド(トゥルーエンディング)やグッドエンド(グッドエンディング)、バッドエンド(バッドエンディング)などに分岐する場合もある。この場合は、比較的普通のエンディングはノーマルエンド(ノーマルエンディング)と呼ばれる場合が多い。が、中にはマルチバッドエンディングとなっている罠も稀に存在する。

恋愛シミュレーションで多いのは前者のパターンであり、ノベルゲームなどで多いのは後者のパターンである。RPG等では前者のパターンも後者のパターンも存在する。

マルチエンディングの踏破

元々、マルチエンディングが存在するゲームでは、複数のエンディングが存在するという性質上、周回プレイが前提となることが多い。恋愛シミュレーションであれば最低でもヒロインの人数だけはプレイ回数を想定するだろうし、ノベルゲームなどであれば、選択肢によって運命を複数用意するというのは常套手段であると言える。

しかしながら、RPGなどのように一回のプレイに相当時間が要求されるゲームの場合、マルチエンディングというのは必ずしも喜ばれるとは限らない。抑も、一回ゲームクリアするのに数十時間かかるゲームも多いジャンルであるため、もう一回クリアしようと思うと相当量の労力が必要となり、マルチエンディングの条件次第では途中のセーブデータからやり直してエンディングを見る方が楽と言われる場合も少なくない。

その一方で、マルチエンディングを採用するRPGなどの場合には強くてニューゲーム等が採用されており、周回プレイが快適になっている場合もある。

また、作品によっては周回プレイをしなければトゥルーエンドに辿り着けない、周回プレイでないとほぼ倒せない敵を用意する等のようにして周回プレイのモチベーションを高める工夫が為されているものもある。

関連タグ

エンディング グッドエンド ハッピーエンド トゥルーエンド バッドエンド
ゲームブック 選択肢 パラレルワールド

人生

pixivに投稿された作品 pixivで「マルチエンディング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 387497

コメント