ピクシブ百科事典

かまいたちの夜

かまいたちのよる

チュンソフトから発売された弟切草に次ぐサウンドノベルシリーズ第2作目。
目次[非表示]

こんや、12じ、だれかがしぬ

概要

1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売され、多くの機種に移植された。
サウンドノベルというジャンルを切り開いた前作、「弟切草」に続く第二弾。脚本はミステリー作家の我孫子武丸。

舞台はスキー場と雪山のペンションであり、そこで起きる不可解な殺人事件を解決することが目的となる。物語の序盤においては主人公(透)達が殺人事件を解決すべく行動するが、未解決のまま進むと殺人事件が繰り返され、サスペンスホラーへと変化していく。

グロテスクな表現も多く、エンディングによってはみんなのトラウマと言っても良いものも少なくない。→リンク先ネタバレ注意
また、ミスリードもたくさん存在し、ストーリーを漠然と読むだけで事件を解決させるのは難しい。複雑なフラグ管理やシナリオ分岐など、サウンドノベルというジャンルを確立し、多数の派生作を生むなど、このゲームがなした功績は非常に大きいと言えよう。

最初のシナリオである「ミステリー編」をクリアすることで、「スパイ編」「悪霊編」等設定がガラッと変わったパラレルシナリオへのルートが解放され、追加されていく選択肢のシナリオ分岐によって入ることができる(後述)。


ストーリー

大学生の主人公(透)はヒロイン(真理)に誘われ、彼女の叔父が経営するペンション「シュプール」に期待を胸に秘めながら宿泊。
他にシュプールに宿泊しているのは、叔父夫妻、アルバイト、OL3人組、ヤクザ風の男、社長夫妻、カメラマン。
ヤクザ風の男がバラバラ死体になって発見されたのをきっかけに、悪夢の一夜が始まる。

登場人物

  1. CVはドラマCD / 輪廻彩声
  2. 主人公とヒロインの名前は『輪廻彩声』では変更不可


(CV:緑川光 / 逢坂良太
本編の主人公。選択肢により冴えた推理力を発揮したり、優柔不断になったりと変化が激しい。
CDドラマで「矢島」姓が付けられ、GBA版以降から「矢島透」となる。

真理(CV:冬馬由美 / 明坂聡美
本編のヒロイン。主人公と同じ大学に通う。友達以上恋人未満な関係。
衝撃なEDトラウマを植え付けられた人は少なくないだろう。
CDドラマで「小林」姓が付けられ、GBA版以降から「小林真理」となる。

小林二郎(CV:岸野幸正 / 松田健一郎
真理の叔父、ペンション「シュプール」のオーナー。料理が得意で、脱サラしてペンション経営を始めた。香山の元部下。

小林今日子(CV:大塚瑞恵 / 力丸乃りこ
小林二郎の妻。温和な性格をしており争いが苦手。夫とは違い、料理が壊滅的に下手。

久保田俊夫(CV:置鮎龍太郎 / 伊藤健太郎
自称大学六年生、「シュプール」で住み込みのアルバイトをしている。
うなじで括った長髪と長身が特徴。みどりとは恋人で、「2」で結婚する。

篠崎みどり(CV:豊嶋真千子 / 仙台エリ
俊夫と同じく「シュプール」で住み込みのバイトをしている。
高校生に見えたりおばさんに見えたりして年齢不詳だが20代らしい。俊夫とは恋人。

香山誠一(CV:今西正男 / 上田燿司
大阪で会社を経営している社長。小林の元上司。
中年小太り、豪放な関西弁と、関西人のおっさんキャラのステレオタイプ。

香山春子(CV:関根明子 / 浅川悠
香山誠一の妻、物静かで線が細く、薄幸そうな美人。
主人公曰く、哀しい目をしている。

渡瀬可奈子(CV:永島由子 / 高橋未奈美
シュプールの宿泊客でOL3人組の1人。
ウェーブのかかったロングヘアが特徴。勝気な性格。

河村亜希(CV:新山志保 / 山本彩乃
シュプールの宿泊客でOL3人組の1人。
ソバージュのかかったショートヘアで眼鏡をかけている。スキーが好き。

北野啓子(CV:笠原留美 / 本多真梨子
シュプールの宿泊客でOL3人組の1人。
ふくよかな体格で、食べ物が美味しいと言う理由で「シュプール」を選んだ。

美樹本洋介(CV:林延年 / 白熊寛嗣
最後にやってきた客でフリーカメラマン。
髭を蓄えた山男の様な外見に反し、紳士的な人物。

田中一郎(CV:幸野善之 / ???)
食事中にも拘らず、帽子やコートを脱がずにいた怪しい人物。第一印象はヤクザ。
物語の最初の犠牲者となる。

ジェニー
「シュプール」で飼われている黒猫。
透たちが訪れた当初は行方不明になっていた。

シナリオ

ミステリー編
「こんや、12じ、だれかがしぬ」
夕食後に殺人予告ともとれるメモが発見され、不安に駆られるOL3人組。その後談話室で一同が談笑していると、12時になって突如ガラスが割れる音が響く。駆けつけた田中一郎の部屋ではバラバラ死体が見つかり、ここから長い悪夢が始まるのだった。
きちんと推理して分岐を選択すれば、事件直後に犯人を指摘し、以後の事件を未然に防ぐ事も可能。しかし犯人を見つける事が出来ないままシナリオが進むと、登場人物たちは次第に疑心暗鬼に陥り、「シュプール」は陰惨な地獄と化していく。
本編のメインシナリオで、「かまいたちの夜」と聞くとこのシナリオを思い浮かべる人が多い。

スパイ編
宿泊者も、従業員も、全員が国家直属のスパイ?
なし崩し的に透が伝説のスパイ「かまいたち」を巡る熾烈な争いに巻き込まれてしまう。
アクション&サスペンス色の強いシナリオ。

悪霊編(『輪廻彩声』ではオカルト編)
窓に映る怪しい影を皮切りに、ペンション宿泊客に不気味な現象が襲いかかる。原因がはっきりしない中で美樹本が現れ、彼と小林が言い争っている最中に殺人事件が起きてしまう。
ある人物の凄惨な過去に主観を置いたオカルトホラー。

鎌井達の夜編
「シュプール」で「かまいたちの夜」というゲームを始めた透と真理。
ところが、ゲーム開始時に自分たちを同じ名前を付けたキャラクターも、奇妙なことにゲーム内でその日の2人と同じ行動を取り始め……。
シナリオ自体は短いが、非常にシュールな展開を見せる。

雪の迷路編
透と真理は、スキー場からペンションへの帰路の途中で事故を起こし、孤立してしまう。
吹きすさぶ吹雪の中をさまよい、ようやくペンションにたどり着くが、そこでは……。
2人が迷っている間にミステリー編が進んでいた、という構成。

O(オー)の喜劇編
夕食の席についた透たちは、見るからに奇妙な……特徴的な出で立ちをした人物を目にする。ヤクザではなくあれは……オカマ?
食後に皆が談話室でくつろいでいると、突如奇妙な叫び声が響き渡る。慌てて駆けつけたその先には……
「ピンクのしおり」出現後に読むことができる、ギャグ・セルフパロディシナリオ。

暗号編
ガラスが割れる音で、田中一郎の客室に駆けつけた一同。
しかしその中には誰もおらず、代わりに「シュプールの何処かに宝が隠されている」という内容の手紙が置かれていた。
さっそく宝探しを始める一同、そして見つけたお宝とは……。

チュンソフ党の陰謀編
特定のシナリオに隠された暗号を解き明かし、ある行為をすると現れるシナリオ(と言うよりは隠しメッセージ)。
通常の手段ではこのシナリオに入ることはできず、意外な手段が必要(仕掛けは機種によって様々)。

不思議のペンション編(『輪廻彩声』では迷宮編)
入るたびにマップが変わる、不思議のペンションにたどり着いた透と真理。地下奥深くに眠ると伝わる伝説の宝を求めて2人は地下室へ潜入する。
ゲームオーバー(バッドエンド)も非常に多いため、最多数のエンディングが搭載されている。

追加シナリオ

真理の探偵物語編
PlayStation版以降に追加されたミニシナリオ。
事件解決後、推理力を生かして探偵事務所を開いた真理。そこに某ゲーム会社の殺人事件の話が持ち込まれる。容疑者として挙がった4人の証言を閲覧した真理は「もう犯人が分かった」と断言するが?

ちょっとエッチなかまいたちの夜
元々はスーパーファミコン版のキャンペーンプレゼントだったものの内容を、PlayStation版移植の際に追加したもの。
タイトル通りの内容で、画面真っ暗でテキスト無し・音声のみ、キャストはCDドラマと同じ。
『輪廻彩声』では同作のキャストによって再録されている。

我孫子氏からの挑戦状
ゲームボーイアドバンス版のみ収録。
追加シナリオというよりは挑戦状で、続編『かまいたちの夜2』の宣伝告知にあたる。

A Novel
モバイルアプリおよび『輪廻彩声』限定のシナリオ。
元々は書籍『かまいたちの夜 公式ファンブック』に収録された、我孫子武丸の書き下ろし短編小説をサウンドノベル化したもの。途中の選択肢はなく一本道で、前半が出題編、後半が解答編となっている。
「シュプール」で主人公たちが楽しい夜を過ごした翌日、宿泊客の1人が死体で発見された。外部からの侵入の痕跡はなく、犯行は内部犯によるものと推測された。人々はお互い疑心暗鬼に陥るが……

当時ファンブックではこのシナリオに分岐を付け加えて新たなストーリーを作る企画があり、書籍『あなただけのかまいたちの夜』で、選択肢が追加された本作と共に、優秀作品が収録されている。

辺獄の真理編
『輪廻彩声』にて追加された、透と真理にスポットを当てた新たなシナリオ。
「シュプール」の客室で目覚めた透。しかし全ての記憶を失くしており、真理や「シュプール」の人々と交流する中で、周囲の状況に対し違和感を覚えていく。

続編・リメイク

かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄

大ヒットゲーム『かまいたちの夜』のモデルになった透たちに「三日月島の三日月館」への招待状が届く。
一行は招待主である「我孫子武丸」の正体を気にしつつも、1年半ぶりの再会を喜んだ。実在しないはずの「河村亜希」の遺影が食卓に現れ、殺人事件は起きるまでは。
新たな登場人物たちを加えて、8年ぶりの『かまいたちの夜』が、再び。

かまいたちの夜×3 三日月島の真相

『2』の本編の続編。今作は主役の名前変更は出来ない。
愛妻を喪った香山誠一は三日月館を修復し、事件の当事者を呼んで供養を計画する。
相変わらず真理とは恋人未満の関係が続く透は、お互いの関係の進展を目論む。
みどりと離れ、荒んだ生活を送っていた俊夫は、真相を探る為に三日月島へ向かう。
そして啓子は「想い人」への気持ちに踏ん切りをつけることを決意する。
シリーズ初で最後の、4人の主人公視点のストーリー。

『×3』のタイトル通り前2作のプレイが前提となっている。
そのため未プレイ者向けに『1』のメインシナリオ「ミステリー編」を「ペンション“シュプール”編」、『2』のメインシナリオ「わらべ唄篇」を「監獄島のわらべ唄編」として、それぞれオマケとして再録。ただし、他シナリオへの分岐はばっさりカットされている。

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)

かまいたちの夜シリーズ第4弾。
登場人物やシナリオが一新され、シリーズで初めてゲーム内にボイスが付けられた。
ただしフルボイスではなく、キャラクターが喋るのは重要なシーンでのみ。
原点回帰をテーマとしており、「吹雪で閉ざされたペンション」「主人公とヒロインの関係(友達以上恋人未満)」など、第1作目の『かまいたちの夜』に雰囲気を似せている。

小説家志望の青年・坂巻快人は小説の題材を求め、岩手県遠野市のペンション「ブラウニー」を訪れる。そこでは驚くべき事件が待っていた。

かまいたちの夜 輪廻彩声

初代を大胆リメイクした作品。
対応機種はPSVita。2017年2月16日発売。
キャラ像がシルエットではなく、有葉氏がキャラデザインを担当し、新規シナリオに『ひぐらしのなく頃に』などでおなじみの竜騎士07氏、主人公の透のCVに逢坂良太、ヒロインの小林真理のCVに明坂聡美を起用するなど大胆に変更している。
ファミ通.comによる情報
イラストがつくことに批判的な意見も多々あったらしく、キャラデザ担当の有葉氏がTwitterにて謝罪している
仕様変更について絵師さんを責めるのは筋違いなので、やめようね!

pixivでは

上記のかまいたちの夜に関する内容の絵やキャプションに使用されるほか、青い影絵にもこのタグが使用される。
これは、かまいたちの夜のキャラクターが青いシルエットで表示されることに由来する。

かまいたち



LINEスタンプ

かまいたちの夜が誕生して20周年を記念し、まさかのLINEスタンプが発売される事になった。さまざまなアニメやゲーム作品のスタンプ化が続く中、衝撃を受けた人も多いのではないだろうか?

その理由は、登場人物が全員シルエットのスタンプだからである。原作通りと言われれば、確かのその通りではあるが……。
気になった方は、検索をしてその詳細を確かめてみてはどうだろうか。

全員シルエットだけのキャラスタンプって斬新だな! 名作サウンドノベル「かまいたちの夜」のLINEスタンプ登場(ねとらぼ)


余談

  • 第一作の舞台となったペンション「シュプール」は長野県白馬村にあるペンション「クヌルプ」がモデル。ファンによる聖地巡礼が今も続いている。
  • ゲーム中の「シュプール」の各所は、地下室を除いて「クヌルプ」のものを実写取り込みしている。「シュプール」との違いは各客室にはユニットバスが無いこと、ゲームでのオーナー夫妻の居室にあたる場所に共同浴室があること。→「かまいたちの夜」のペンションに行ってきました
  • 「シュプール」名物の「ミシシッピ・マッドケーキ」は「クヌルプ」の人気メニュー。真冬の夜に屋外での撮影作業を行ったスタッフを慰労しようとオーナーから供され、感謝の意味を込めて作中に登場することとなった。
  • ドラマCD、舞台、テレビドラマが制作された。テレビドラマ版は『かまいたちの夜2』初回限定版の付属DVDに特典収録されている。
  • インターネットで『ちょっとおかしな かまいたちの夜』が公式サイト、Youtube、ニコニコ動画などで毎週配信された。短編動画で全13回。


関連イラスト

れいむたちの夜
かOOたちの夜


かまいたち
【告知】かまいたちの夜20周年記念アンソロジー



関連タグ

コンピュータゲーム ホラーゲーム サウンドノベル チュンソフト シルエット
かまいたちの夜2 かまいたちの夜×3 真かまいたちの夜

関連記事

親記事

チュンソフト ちゅんそふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かまいたちの夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1115200

コメント