ピクシブ百科事典

香山誠一

かやませいいち

香山誠一は、ゲーム「かまいたちの夜」シリーズの登場人物
目次[非表示]

概要


ペンション「シュプール」のオーナーである小林二郎がサラリーマン時代にお世話になったと言う、大阪で会社経営をしている中年男性。

がめつい、無遠慮、無神経、大法螺吹きと、大阪人の悪いイメージをデフォルメしたような人物。
一人だけテーマ曲(カラオケ)も作られた。

一作目では春子と言う妻を連れていたが、2の時点で離婚し、夏美と言う年の離れた妻を連れていた。

彼の誘いに乗ると終(=バッドエンド)になるのは恒例である。

かまいたちの夜×3 三日月島の真相では主人公の一人となり、物語の導入役を担う。

作品毎の経歴

※ネタバレを含みます。

初代

ミステリー編

シュプールの客の一人として春子と共に泊まりに来た。事件が解決しない場合は犯人と疑われ、地下室に閉じ込められる。その後、真犯人によって殺害される。
なお、彼の誘いに乗って迎えるバッドエンドは(初期設定なら)最速でたどり着くことができる。初回エンディングがこれになった人も多く、大阪エンドなどと呼ばれている。

スパイ編

妻と同じく、モサドのスパイとして登場する。作中では地下室(真理と調査に向かった場合)と田中の部屋で交戦する。地下室では隙を突かれてワインボトルで殴られて気絶。田中の部屋では乱入してきた亜希と啓子により武器を奪われてしまい、最終的には部屋に閉じ込められた。

Oの喜劇編

テーマ曲の歌詞を確認できる。なお、曲名は「わしが香山や!~男の大往生~」。内容はミステリー編のネタバレである。

2

招待客の一人。夏美と共に三日月島へ来た。
底蟲村篇では「我孫子武丸」本人という設定。様々な怪物相手に勇敢に立ち回るその姿はである。
一方、惨殺篇では殺人の衝動に襲われ、凶悪な殺人鬼となってしまった。

3

前述の通り、主人公の一人で最初から選択可能。2で亡くなった人の供養をするために三日月島に当時の関係者達を集めた。
物語の途中事件に巻き込まれ、死亡してしまう。なお、死んだ場所は畳の上である。
しかし、魂は滅んでおらず全ての元凶である伊右衛門の怨霊を滅ぼすために行動する(ただし、事件の真犯人を当てないとこのパートを読むことができない)。
伊右衛門討伐後に生き返り、エピローグでは自身のお好み焼きのチェーン店が10,000件に達した。
ちなみに今回でもテーマ曲の歌詞を見られるが、初代とは内容が違う。また、彼の誘いに乗るエンドにたどり着くための手順はやや複雑になった。

pixivに投稿された作品 pixivで「香山誠一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 384

コメント